2018/05/28

最新の vmguest.iso について(Windows Server 2012 R2 Hyper-V の)

こちらに関連して...

Windows Server 2016 の Hyper-V 上の Windows Server 2008 SP2 のゲスト OS の統合サービスについて(2018年5月28日)
[URL] https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/05/28/windows-server-2016hyper-vicswindows-server-2008/


利用可能な最新の vmguest.iso(Windows Server 2012 R2 Hyper-V の)に含まれる Hyper-V 統合サービスのバージョンが気になったので確認してみたところ、現時点(5/28 現在)では 6.3.9600.18692 の統合サービスが入っていました。おそらく 2017 年 7 月頃の更新ロールアップで(Hyper-V ホストが)更新されたときのものだと思います(この投稿の最後にある Hyper-V Integration Services: List of Build Numbers から想像する限り)。


Windows Server 2012 R2 Hyper-V 環境から移行してきた Windows Vista 仮想マシンが残っていたので確認したら、Hyper-V 統合サービスが少し古いバージョンでしたので更新してみた。

Windows 8.1 以前および Windows Server 2012 R2 以前の仮想マシンにインストールされている Hyper-V 統合サービスのバージョンをホスト側から確認する方法については、こちらのスクリプト(getisver.vbs)を参考に。KVP データ交換サービスが利用できれば、Linux ゲストからも取得できます。

Windows Server 2016/Windows 10 Hyper-V でゲストの統合サービスのバージョンを取得する (2016/09/29)

なお、このスクリプトは Windows 10 以降は統合サービスの詳細バージョンではなく、ビルド番号を返すだけなのであまり役に立ちません(OS ビルド番号=Hyper-V 統合サービスのバージョンという扱い)。以下、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2008 R2、Windows 8.1、Windows 7、Windows Vista の Hyper-V 統合サービスのおそらく最新バージョン(5/28 現在)。

C:\Work> cscript getisver.vbs
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5.812
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

VM Name, Status, OS Name, OS Version, IntegrationServicesVersion
----------------------------------------------------------------
WS16EVAL, Running, Windows Server 2016 Datacenter Evaluation, 10.0.14393, 10.0.14393
WIN10EVAL, Running, Windows 10 Enterprise Evaluation, 10.0.17134, 10.0.17134
WS12R2, Running, Windows Server 2012 R2 Datacenter, 6.3.9600, 6.3.9600.18907
WS08R2, Running, Windows Server 2008 R2 Enterprise, 6.1.7601, 6.3.9600.18907
WIN81x64, Running, Windows 8.1 Enterprise, 6.3.9600, 6.3.9600.18080
WIN7x86, Running, Windows 7 Professional, 6.1.7601, 6.3.9600.18080
WINVISTAx86, Running, Windows Vista (TM) Ultimate, 6.0.6002, 6.3.9600.18692
UBUNTU1604LTS, Running, Ubuntu, 4.4.0, 3.1

ゲスト側から確認するには...

C:\> REG QUERY "HKLM\Software\Microsoft\Virtual Machine\Auto" /v IntegrationServicesVersion

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Virtual Machine\Auto
    IntegrationServicesVersion    REG_SZ    6.3.9600.18907

Manage Hyper-V Integration Services > Checking the guest's integration services version
[URL] https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/virtualization/hyper-v/manage/manage-hyper-v-integration-services#checking-the-guests-integration-services-version


ビルトインの Hyper-V 統合サービスの更新情報はこちらにまとめあります(Windows Server 2008 にもビルトインされていますが、最新の vmguest.iso で 6.3.9600.18692 に更新されるはず)。

Hyper-V Integration Services: List of Build Numbers
[URL] https://social.technet.microsoft.com/wiki/contents/articles/33796.hyper-v-integration-services-list-of-build-numbers.aspx



追記)  Windows 10/Server 2016 Hyper-V の Get-VMIntegrationService の以前のバージョンの Windows の「時刻の同期」のSecondaryStatusDescription で以下のエラーが出るのは、仕様だそうです。Linux ゲストの場合は KVP と VSS にも同じエラーが出ることあるけど仕様でしようがない(のかな)。

PS C:\> (Get-VMIntegrationService -VMName "WS12R2" -Name "時刻の同期").SecondaryStatusDescription
仮想マシンにインストールされているコンポーネントのプロトコル バージョンが、ホスト システムが必要としているバージョンと一致していません

VM Integration Services status reports protocol version mismatch on pre-Windows 10 Version 1607 or Windows Server 2016 VM guests
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/help/4014894
"This is expected behavior that can be safely ignored."
さらに追記)
久しぶりに Ubuntu の Hyerp-V 仮想マシンを動かしてみたら(16.04 LTS)、KVP デーモンが落ちることがあるのを見つけた。ゲストの再起動だと落ちるみたい。systemctl start hv-kvp-daemon.service で開始すると status は active になるけどホストとの通信は断絶のまま。停止状態の仮想マシンの起動の場合は大丈夫っぽい(↑上のスクリプトの出力を参照)。→ 同様の報告発見。https://askubuntu.com/questions/996171/hv-kvp-daemon-fails-in-ubuntu-16-04-on-hyper-v

0 件のコメント: