2019/01/23

本日の Windows Update - 2019 年 1 月 23 日(D リリース、プレビュー パッチ)(RS5 のみ)

※ .NET Framework のプレビュー パッチ(KB4481031)は「更新プログラムのチェック」ボタンを押さなくても、自動インストールされちゃう(そして再起動を要求される)自動配布対象。自動更新な PC は要注意(最後の追記を参照)。
KB4481031 の自動配布はされないようにしたと発表あり(1/24 18:30 JST に確認)。

Windows 10 ver 1809、Windows Server 2019、Windows Server, version 1809 (RS5)向けに Windows と .NET Framework のプレビュー パッチ(D リリース)が出ました。

January 22, 2019-KB4476976 (OS Build 17763.292)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4476976/
January 22, 2019-KB4481031 Preview of Cumulative Update for .NET Framework 3.5 and 4.7.2 for Windows 10, version 1809 and Windows Server 2019
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4481031/
(更新プログラムの実際の名称からは Preview of がカットされているのは、プレビューであることを隠したいの?)

2019/01/18

[速報]Windows Server 2019 評価版、ようやく公開(あの WinRE 問題は?)

Windows Server 2019 の 180 日評価版(ISO または VHD)がやっと出ました。Hyper-V Server はまだ。11/13 の製品版メディアはビルド 17763.107 ベースのイメージでしたが、評価版メディアはビルド 17763.253 (1/8 KB4480116)ベース。

https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-server-2019

2 か月以上ダンマリしていたこちらのブログでアナウンスされてました。Evaluation Center のリンク先が Essentials 評価版(1/18 15 JST 時点で)になってるのは焦ってたから?

Update on Windows Server 2019 availability (November 13,2018)
https://cloudblogs.microsoft.com/windowsserver/2018/11/13/update-on-windows-server-2019-availability/
"Updated on January 17, 2019: The Windows Server 2019 evaluation media is now available at the Evaluation Center."
(1/22 追記: 2018 年 10 月初めの幻版のときは Server Core FoD の ISO イメージ 17763.1.180914-1434.rs5_release_amd64fre_SERVER-FOD-PACKAGES_OEM_amd64fre_MULTI.iso もダウンロードできたけど、再開されたダウンロード サイトには見当たらない。17763.1 ベースの FoD ISO イメージを入手済みならそれを使えるし、直リンク知ってればまだダウンロードできる。ちなみに、Visual Studio サブスクリプションや MVLC にあるのは 17763.1 ベースの FoD ISO。)

(1/23 追記: フィードバックしたからか、FOD ISO のダウンロード リンクが追加。"Lean more about FOD"のリンク先が FOD ISO イメージのダウンロード リンク。分かり難いし、英語だし。
↑左が 1/23 早朝、右がそのちょっと後、もしかして追加された瞬間に立ち会えた? 評価版サイトのデザインも少し変わって、個人情報入力する手前でも FOD ISO イメージはダウンロードできるように)

更新された評価版メディアの新規インストールでは、既定のパーティション構成の WinRE 問題(WinRE が C:\Recovery\windowsre にセットアップされる問題)は解消されたかというと ...

2019/01/17

Docker Desktop 2.0.0.2(Engine 18.09.1)、Windows Server コンテナー(process isolation)対応!

以下のリリース ノートにはまだ出てませんが、Docker for Windows(Docker Community Edition(CE))に更新バージョン Desktop 2.0.0.2 (build: 30215、Engine: 18.09.1) が来ました(→)。

Docker Desktop for Windows Stable Release
https://docs.docker.com/docker-for-windows/release-notes/
"Docker Community Edition 2.0.0.2 2019-01-16"(1/18 に再確認したら追加されてました)
これで Docker Enterprise Edition(EE) for Windows Server とエンジンのバージョンが共通に。Windows 10 ver 1607 (OS Build 14393)のサポートは 2.0.x.x で終わりだそうです。2.1.0.0 以降ではサポートされなくなると。

Docker Engine EE/CE 18.09.1 のリリース ノートはこちら。
https://docs.docker.com/engine/release-notes/


気になる Improvement は、
"Windows: allow process isolation on Windows 10 docker/engine#81"
ってところ。早速試してみた。できた。

2019/01/16

1 月のセキュリティ パッチで RDP 認証エラー(7/2008/2008R2、修正パッチあり、説明なし)

Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008 向けの 1 月のセキュリティ パッチにローカル Administrators グループに属するローカル アカウントがネットワーク共有(フォルダーやプリンター)にリモートから接続できないという問題があり、1/11(日本では1/12) に修正パッチのダウンロード提供が行われましたが...

どうやらこの問題、リモート デスクトップ接続にも影響するようです。

RDP 接続しかできない Azure VM だと泣いちゃうかも(PowerShell Remoting とか別の接続方法を用意しとかないと)。

次のような環境において、リモート デスクトップ接続すると、上のような認証エラー「ローカル セキュリティ機関にアクセスできません...パスワードの有効期限が切れていることが原因である可能性があります...」で接続不能に(↑は Windows 7)。

HTTP(S) の応答をチェックする PowerShell スクリプト(checkurl.ps1)v3

PowerShell で HTTP/HTTPS の応答を確認する方法はネットを検索するといろいろ出てきますが(System.Net.ほにゃらら...を利用したものなど)、自分用に Invoke-WebRequest コマンドレット(PowerShell 3.0 以降)を利用したもの(checkurl.ps1)を適当に書いてみた。(影のお題は、プロ棋士 プロキシ越しの HTTP(S) 応答チェック)

(追記:スクリプトをまた修正したのでタイトルに v3 に変更)

本日の Windows Update - 2019 年 1 月 16 日と 18 日(C リリース、プレビュー パッチ)

2019 年 1 月 15 日付け (日本では 16 日)で Windows 10 ver 1703/1709/1803、ver 1709、ver 1703、Windows Server SAC ver 1709/1803、Windows 8.1/Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012 向けに C リリースの更新プログラム(第三週に提供されるプレビュー パッチ、翌月の B リリースに向けたプレビュー、新たなセキュリティ修正を含まない、自動更新の対象外)が出てます。今月の B リリースの既知の問題で修正されたのは、ホットスポット問題くらい?


同日付で .NET Framework のプレビュー パッチも出てます。

(1/18追記)また、同日より Windows 10 ver 1809 の機械学習に基づいた自動更新によるロールアウトが始まったそうです(対象は SAC-T)Windows 10, Version 1809 Rollout Status as of January 16, 2019

2019/01/12

Windows 7 のマンスリー パッチ(KB448970)の問題の修正手順(KB4487266) とパッチ(KB4487345)(追記あり)

Widnows 7/Server 2008 R2 のマンスリーパッチ(KB4480970)の既知の問題(1/9 の配布時点では未知)、KMS ライセンス認証問題とネットワーク共有に接続できない問題を修正する、手順(KB4487266) とパッチ (KB4487345)が出てます。どちらもマニュアル操作が必要。

KMS ライセンス認証問題は実は KB4480970 が原因ではなかったことが後で判明。ネットワーク共有の問題は、Widnows 7/Server 2008 R2 のセキュリティのみ(KB448960)でも、Server 2008 SP2 のマンスリーパッチ(KB480968)とセキュリティのみ(KB4480957)でも発生。Server 2008 SP2 用のパッチは別(KB4487354)。