2019/03/20

[System Center 2019]Data Protection Manager ための SQL Server 他

System Center 2019 ネタ。続いて、Data Protection Manager (DPM)。基本的に System Center 2016 のときと同様。SQL Server の準備だけ万端にしておけばすんなりいくと思います。

・Database Engine と Reporting Services が必須。SQL Server 2017 の場合、Reporting Services は別途ダウンロード提供なので、インストールして構成マネージャーで構成しておくことを忘れずに(少なくとも、サービスアカウント、Web サービス URL、データベース、Web ポータル URL を構成し、暗号化キーのバックアップを実施)。
・SQL Browser を自動開始にしておくのを忘れずに。
・SQL Port 1433/TCP と SQL Browser Port 1434/UDP をファイアウォールで空けること。

あとは...

2019/03/19

[System Center 2019]Windows ADK から Windows PE が分離された件(ver 1809 から)

System Center 2019 ネタ。続いて Virtual Machine Manager 2019 の前提コンポーネントに関して。

これまでと同様に Deployment Tools と Windows PE が必要なんですが、セットアップ ウィザードのリンク先(developer.microsoft.com...)が日本語版だと存在せず。ja-jp を en-us にしてあげれば、最終的に以下の Windows ADK のダウンロード ページ(docs.microsoft.com...)にリダイレクトしてくれます。

Download and install the Windows ADK
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/get-started/adk-install

セットアップ ウィザードが言う「Windows Server 2019 用の Windows (R) アセスメント&デプロイメント キットの展開ツール機能」というのは、「Windows ADK for Windows 10, version 1809」の「Deployment Tools」のこと(分かり難い)。で、Windows ADK for Windows 10, version 1803 以前は Deployment Tools と Windows PE のどちらも Windows ADK の中に入っていたんですが、version 1809 からは Windows PE が別のダウンロード(Windows PE add-on for the ADK)に分けれちゃいました。Windows ADK をインストールしたことある人なら、Windows PE どこ?って一瞬焦ると思う。






Windows PE add-on for the ADK はダウンロード サイズが巨大(2.8 GB くらい)なので、事前にダウンロードしておいたほうが早いかも。adkwinpesetup.exe をダウンロード&実行して、ローカルにダウンロードすると Installers フォルダーにダウンロードされるので、もう一度、adkwinpesetup.exe を実行すると Installers からインストールしてくれる。

Windows ADK と Windows PE さえ事前にセットアップしておけば、あとはすんなりいくと思います。サービス アカウントとしてドメイン アカウントを使用する場合は、ローカルの Administrators のメンバーにしておくこと。

関連:
[System Center 2019]SQL Server の SQL照合順序を再インストールせずに変更

2019/03/18

[System Center 2019]SQL Server の SQL照合順序を再インストールせずに変更

2019/3/14 (PST)に System Center 2019がリリースされました(ただし、Configuration Manager の LTSC 版はリリースされていない、Endpoint Protection は Current Branch のみ)。

Now available: Microsoft System Center 2019!
https://cloudblogs.microsoft.com/windowsserver/2019/03/07/coming-soon-microsoft-system-center-2019/
System Center 2019評価版ソフトウェア(180日)
https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-system-center-2019

Operations Manager 2019 評価版をインストールしてみようかと思い、データベースの重要な前提条件であるSQL照合順序を「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS」にしたつもりが、手がすべったらしく「SQL_Latin1_General_CP1_CI_AI」になってました(泪)。

通常、SQL照合順序はインストール後変更できず、再インストールが必要ということになってますが、実はできます(ただし、SQL Server インストール直後で、データベースをまだ作成してなければの話&自己責任で)。

SQL Server 2017(Windows 版)の場合は...

2019/03/14

『Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集』のスクリプト #3 - PowerShell で更新の履歴を

拙著『ITプロフェッショナル向け Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集』に掲載のスクリプトに関するフォローアップ、3 回目。


「WindowsUpdateHistory.vbs」 の PowerShell 版「WindowsUpdateHistory.ps1」。詳細表示オプション(.vbs の /D オプション)の機能は省略。過去1か月については失敗およびエラーコード表示付きで。

2019/03/11

Windows 10 の Sysprep 済みイメージの自動セットアップ用応答ファイル

Windows 10 の新バージョンが出るたびに Sysprep してみて確認しているんですが、そういえば Windows 10 で応答ファイル(Unattend.xml)を使用した Mini-Setup の自動化はやってなかったことに今さら気付く。

Windows System Image Manager(SIM、Windows ADK に収録)で作成するのは分かり難いし、面倒なので、Windows 8.1 や Windows 7 のときはいつも使っているのをメモ帳で書き換えて使ってました。でも、Windows 10 には 2 つ目のキーボードだとか、秘密の質問だとか、Cortana だとか、デバイスの履歴だとか、Windows 8.1 以前にはないセットアップ項目があって、Windows 8.1 以前と同じようにできるのか気になる。

さてどうしたものか(Windows SIM でゼロから書くのは面倒)。

試しに...

2019/03/07

Windows Server 2016/2019 Hyper-V and CentOS 7 1810 (7.6.1810)

昨日は久々の Linux on Hyper-V ネタで Ubuntu Desktop 18.10 を取り上げましたが、ついでに CentOS 7 1810 (7.6.1810)を Windows Server 2019 の 第 2 世代仮想マシン(Microsoft UEFI 証明機関でセキュアブート有効)にインストールしてみました。たぶん、Windows Server 2016 Hyper-V や Windows 10 Hyper-V でも同じ。