2019/01/17

Docker Desktop 2.0.0.2(Engine 18.09.1)、Windows Server コンテナー(process isolation)対応!

以下のリリース ノートにはまだ出てませんが、Docker for Windows(Docker Community Edition(CE))に更新バージョン Desktop 2.0.0.2 (build: 30215、Engine: 18.09.1) が来ました(→)。

Docker Desktop for Windows Stable Release
https://docs.docker.com/docker-for-windows/release-notes/
"Docker Community Edition 2.0.0.2 2019-01-16"(1/18 に再確認したら追加されてました)
これで Docker Enterprise Edition(EE) for Windows Server とエンジンのバージョンが共通に。Windows 10 ver 1607 (OS Build 14393)のサポートは 2.0.x.x で終わりだそうです。2.1.0.0 以降ではサポートされなくなると。

Docker Engine EE/CE 18.09.1 のリリース ノートはこちら。
https://docs.docker.com/engine/release-notes/


気になる Improvement は、
"Windows: allow process isolation on Windows 10 docker/engine#81"
ってところ。早速試してみた。できた。

2019/01/16

1 月のセキュリティ パッチで RDP 認証エラー(7/2008/2008R2、修正パッチあり、説明なし)

Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008 向けの 1 月のセキュリティ パッチにローカル Administrators グループに属するローカル アカウントがネットワーク共有(フォルダーやプリンター)にリモートから接続できないという問題があり、1/11(日本では1/12) に修正パッチのダウンロード提供が行われましたが...

どうやらこの問題、リモート デスクトップ接続にも影響するようです。

RDP 接続しかできない Azure VM だと泣いちゃうかも(PowerShell Remoting とか別の接続方法を用意しとかないと)。

次のような環境において、リモート デスクトップ接続すると、上のような認証エラー「ローカル セキュリティ機関にアクセスできません...パスワードの有効期限が切れていることが原因である可能性があります...」で接続不能に(↑は Windows 7)。

HTTP(S) の応答をチェックする PowerShell スクリプト(checkurl.ps1)v3

PowerShell で HTTP/HTTPS の応答を確認する方法はネットを検索するといろいろ出てきますが(System.Net.ほにゃらら...を利用したものなど)、自分用に Invoke-WebRequest コマンドレット(PowerShell 3.0 以降)を利用したもの(checkurl.ps1)を適当に書いてみた。(影のお題は、プロ棋士 プロキシ越しの HTTP(S) 応答チェック)

(追記:スクリプトをまた修正したのでタイトルに v3 に変更)

本日の Windows Update - 2019 年 1 月 16 日(C リリース、プレビュー パッチ)

2019 年 1 月 15 日付け (日本では 16 日)で Windows 10 ver 1703/1709/1803、ver 1709、ver 1703、Windows Server SAC ver 1709/1803、Windows 8.1/Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012 向けに C リリースの更新プログラム(第三週に提供されるプレビュー パッチ、翌月の B リリースに向けたプレビュー、新たなセキュリティ修正を含まない、自動更新の対象外)が出てます。今月の B リリースの既知の問題で修正されたのは、ホットスポット問題くらい?


同日付で .NET Framework のプレビュー パッチも出てます。

(1/18追記)また、同日より Windows 10 ver 1809 の機械学習に基づいた自動更新によるロールアウトが始まったそうです(対象は SAC-T)Windows 10, Version 1809 Rollout Status as of January 16, 2019

2019/01/12

Windows 7 のマンスリー パッチ(KB448970)の問題の修正手順(KB4487266) とパッチ(KB4487345)(追記あり)

Widnows 7/Server 2008 R2 のマンスリーパッチ(KB4480970)の既知の問題(1/9 の配布時点では未知)、KMS ライセンス認証問題とネットワーク共有に接続できない問題を修正する、手順(KB4487266) とパッチ (KB4487345)が出てます。どちらもマニュアル操作が必要。

KMS ライセンス認証問題は実は KB4480970 が原因ではなかったことが後で判明。ネットワーク共有の問題は、Widnows 7/Server 2008 R2 のセキュリティのみ(KB448960)でも、Server 2008 SP2 のマンスリーパッチ(KB480968)とセキュリティのみ(KB4480957)でも発生。Server 2008 SP2 用のパッチは別(KB4487354)。

2019/01/09

本日の Windows Update - 2019 年 1 月 9 日(実況なし、追記あり)


本日は、毎月恒例、第二火曜日(の翌日)のセキュリティ修正を含む更新日(B リリース)。12 月はホリデーシーズンのためプレビュー パッチ(第三週の C または第四週の D リリース)が提供されなかった関係で、セキュリティ以外の修正内容は現場でのプレビューなしで現場に正式投入!(追記:昨年末までの既知の問題のほとんどは、未解決っぽい)

※ B、C、D リリースについては、→ Windows 10のWindows Updateでやってくる「更新プログラム」をまとめてみよう @IT (http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1810/30/news015.html) をご覧ください。

先月は...
本日の Windows Update - 2018 年 12 月 12 日(B パッチ、実況終了)(2018/12/12)
本日の Windows Update - not C パッチ but 定例外の緊急パッチ(for IE) (2018/12/20)
本日の Windows Update - 2018 年 12 月 6 日(Adobe Flash 更新と 12 月に流れた RS5 D パッチ) (2018/12/06)

今月は...
先月に予告しましたが、2019 年は昨年のような実況中継はいたしませんのであしからず(誰となく)。更新情報の入手元のリンクだけ張っておきますので、慎重に更新したい方はチェックしてからどうぞ。何か重大な問題があれば追記するかも。というか、年初 (1/2、日本では 1/3) の Office 2010/Excel 2010 向けの更新プログラムで既にやってしまいましたが。Excel 2010 の問題の影響に今日以降に気付くとややこしい。→ 新年早々、Excel 2010 散々 (2019/01/04)

既知の問題(リリース時には未知だった問題)が続々追加中...[最終更新:2019/01/17 16:00]

更新情報の入手元...

2019/01/07

定例のウィンドウズ更新は第二火曜日の翌日

新元号の公表日の発表を Windows の更新とからめた記事が出てますが(その真偽は知りませんし興味もありませんけど)、記事を書いた記者さんや記事に出てくる“ある政府関係者”さんの思い込みが満載の微妙な仕上がり。定例の更新日は毎月 1 日だとか、第二水曜日(5 月は 8 日)だとか...

「4月1日」決定打はウィンドウズ更新 新元号公表日
https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/190104/plt19010421490020-n1.html
新元号めぐり保守派と“バトル” 「4月1日公表」舞台裏
https://www.fnn.jp/posts/00409041CX

Windows の定例の更新日 (B リリース)は、毎月第二火曜日、時差の関係で日本は第二火曜日の翌日。4月は10日(第二水曜日)と5月は15日(第三水曜日)。

Windows の更新に配慮しての公表日決定なら、3 月第三週または第四週に提供される予定のプレビュー パッチ(それぞれ C リリース、D リリース) の開発に間に合うようにもっと早くしてほしいと思っていると思う。

更新プログラムによって Windows や Office が OS レベルやアプリ レベルで新元号対応になったとしても、 その上で動くアプリが新元号対応するかというと、そうではないということをお忘れなく。例えば、Excel で動く、誰が作ったかワカラナイ VBA アプリがあったとして、Excel が新元号対応になったあと、和暦入力のためのドロップダウンリストの「平成」の次に「<新元号>」が勝手に追加されるなんてことはない。シート保護かかってるとパスワード知ってる人がいなくて直せない...

っていうか、更新プログラムで Excel 使えなくなる事件が新年早々発生したばかり。

新年早々、Excel 2010 散々

ちうなみに今月の Windows Update は 1 日が火曜日だったので、明後日 1 月 9 日。12 月はホリデー シーズンのためプレビュー パッチ(C、D リリース)が出なかったので、プレビューなしのぶっつけ本番? 要警戒?

参考:
2019 年 5 月の新元号への変更に関する更新
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4470918/