2018/10/25

本日の Windows Update - 2018 年 10 月 25 日 (October D Patch for RS4 only)

11/9 追記) Windows 10 ver 1809 と 9 月の累積更新 17134.320 以降の Windows 10 ver 1803 に既定のアプリの関連付け設定がおかしい問題あり。修正は"will be available in late November 2018" 

ちょっと出遅れましたが、Windows 10 ver 1803 (RS4) 向けに累積更新プログラム(プレビュー的な)が出ています。「更新プログラムのチェック」をクリックしない限り、検出されないはず。

Windows 10 ver 1803/Windows Server, ver 1803 (RS4)
October 24, 2018-KB4462933 (OS Build 17134.376)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4462933
※上記ページ内の 2 つめの Microsoft Update Catalog のリンク先が修正一覧の csv になってる(そのうち修正されると思うけど、このドキュメント品質いやだ)。

2018/10/24

最新の RSAT for Windows 10 は Windows 10 ver 1809 の中に (追記あり)

(※11/18 追記: 記事タイトルの ”1809 の中に”は語弊があるかも。"1809 の FoDに”が適切かもです)

Windows 10 用のリモート サーバー管理ツール (RSAT) のダウンロード サイトをたまにチェックして、Windows Server 2019 や Windows Server, version 1809 用のやつまだ出ないのかなぁと思っていたら...

Windows 10 用のリモート サーバー管理ツール
https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=45520

英語のダウンロード サイト (ダウンロードできるものは同じで 2016 用、1709 用、1803 用)のほうに書いてました。

Remote Server Administration tools for Windows 10
https://www.microsoft.com/en-US/download/details.aspx?id=45520

Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809) からは、Windows 10 Pro 以上のオンデマンド機能(Features on Demand、FoD) になったそうで。

2018/10/23

『Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集』のスクリプト

最近(これまでも)トラブルやドタバタが目に付く Windows ですが、Windows のトラブルを解決できるかもしれない本、あります!

ITプロフェッショナル向け
Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集

価格  2,700円(税込)
ISBN  978-4-8222-5381-3
発行日 2018年10月16日
著者名 山内 和朗(山市 良) 著
発行社 日経BP社
判型等 B5変/264ページ

日経BPブックナビ
https://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/18/P53810/
オンラインストア
amazon.co.jpRakutenブックス


第7章ではいくつか PowerShell スクリプトや Windows Script Host(WSH)スクリプトを掲載していますが、「7.4 WindowsクライアントのOSバージョンの識別」で紹介している GetClientSku.vbs の最新(で配布停止中)の Windows 10 October 2018 Update 対応について...

2018/10/19

移動ユーザープロファイルの一括設定 by dsコマンド+PowerShell

Windows 10 ver 1809 (RS5) の問題として、以下の問題が話題になっているみたいですが...

Windows 10 RS5 (1809) における移動ユーザー プロファイルの問題について
https://blogs.technet.microsoft.com/jpntsblog/2018/10/17/rs5_rup_problem/

この問題が再現するケースってレアなんじゃないか説と回避策のコマンドラインがアレなんじゃないか説。

本日の Windows Update - 2018 年 10 月 19 日 (October C Patch)

10 月の C リリース(第二火曜日(日本はその翌水)が B リリース)がリリースされてます。翌月の B リリースの品質更新(累積更新)のためのプレビュー(新しいセキュリティ修正は含まない)リリースですので、無理して適用する必要はなし。Windows 10 以降は分かり難いけど、あくまでも Preview of Monthly Rollup です。今回の更新で修正される問題からすぐにでも逃れたいのなら、適用すればいいし。定例外のパッチと言う人もいるかもしれませんが、C リリースとも呼ばれる予測不能な定例パッチです(B とか C とか D とかの説明はこちら

##################################################
11/9 追記) ver 1607 と 1709 の C パッチに以下のような不具合があるそうです。
有効化したタスクが実行されない (Ask CORE)
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/11/09/task_is_not_executed/
##################################################

2018/10/17

Windows Sysinternals 更新情報 (2018 年 10 月 16 日) - BGInfo v4.26、SigCheck v2.70、VMMap v3.22

Sysinternals のサイト (https://docs.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/downloads/) にはまだ反映されていませんが、October 16, 2018 付(日本時間では今日 10/17)で BGInfo、SigCheck、VMMap の更新バージョンがリリースされています。公式アナウンスがないので、どこがどう変わったのかはわかりません。

BGInfo v4.25 -> v4.26
SigCheck v2.60 -> v2.70
VMMap v3.21 -> v3.22 
SysinternalsSuite.zip October 16, 2018

公式アナウンスやっと出ました。なんか説明が微妙に間違っているような気がしますが。(← 訂正されました)Bginfo の新機能は、AppLocker でスクリプトが許可されていないときの [Scripting is blocked by Applocker] の表示(→)だと思う。

SigCheck 2.70、BInfo v4.26, and VMMap v3.22
https://blogs.technet.microsoft.com/sysinternals/2018/10/21/sigcheck-2-70-bginfo-v4-26-and-vmmap-v3-22/

私は SysinternalsSuite をローカルにインストールして使っているのですが、個別の更新版を入れ替えるのは面倒。なので、ごっそり入れ替えるスクリプトを作ってみた(要管理者権限&無保証)。C:\Program Files\SysinternalsSuite が存在しない場合、新規に SysinternalsSuite.zip をダウンロードして展開し、システム環境変数 PATH を設定します。ある場合は、入れ替えるかどうかを問い合わせます。

Install and update SysinternalsSuite by PowerShell
https://gallery.technet.microsoft.com/scriptcenter/Install-and-update-d8ffffdb


10/22 追記) Windows 10 ver 1809 のエクスプローラーの ZIP 展開機能に問題があるそうです(→ www.reddit.com)。 やってみたら簡単に再現できました。上のスクリプトで使っている Expand-Archive には影響しません。エクスプローラー (explorer.exe)の問題のようです。この問題を回避するためだけに使ったことないフリーソフト入れて使うなんて馬鹿げてますよ。別の場所に展開すればいいだけ。

11/06 追記) 「invoke-webrequest : 接続が切断されました: 送信時に、予期しないエラーが発生しました。」のエラーを回避するため、以下の行を追加しました。live.sysinternals.com が TLS 1.2 を強制するようになったみたい。

[Net.ServicePointManager]::SecurityProtocol = [Net.SecurityProtocolType]::Tls12


2018/10/16

RS5 の再リリースをできるだけ早く知る方法

11/20 追記: MSDN に Windows 10 ver 1809、Windows 10 Enterprise LTSC 2019、Windows Server 2019、Windows Server, ver 1809 が復活しました。
11/14 追記: 11/13 10:00 AM PT に Windows 10 のロールアウトは再開。最初は Windows Server 2019、Server, ver 1809 は VLSC だけみたい。評価版、Azure、MSDN には見当たらないです。
11/27 追記: また Marketplace を検索しないと出てこないけど、27 日 PM に Azure Marketplace に Windows Server 2019 と Server, ver 1809 イメージが登場。

以下の速報でお伝えしたように、Windows 10 October 2018 Update と Windows Server 2019 は、正式リリース後(米国時間 10/2)、数日で引っ込められました 。評価版も WSUS 向け Upgrade パッケージも何もかも。Windows 10 Enterprise LTSC 2019、Hyper-V Server 2019、Windows Server, version 1809、1809 のコンテナー イメージとか RS5 はすべて。Azure Marketplace では、Windows Server 2019 イメージはデビューすることなく、お預け中。

速報:Windows 10 October 2018 Update に重大問題? RS5 ぜんぶ提供停止(評価版も Server も)[2018/10/06]

問題を修正した新しい機能更新プログラム(現在、Insider Preview で配布された 17763.17 の機能更新プログラム)と修正版のインストール メディアが準備できてから、再リリースとなるんだと思いますが、その日がいつになるかは、たぶん、その日になってはじめて分かるはず。

で、その日にできるだけ早く気付きたいという人は、次の場所をこまめにチェックすればよいかと。(別の問題がないとも限らないので、修正版が出ても様子を見た方がいいと思う。企業は特に。)

・・・ (10/22 10/25 10/31 11/9 追記) ・・・
11/9 追記 確認されている RS5 の問題:
● Windows Server 2019 のちょっと重大そうな問題。未パッチ。Windows 10 ver 1809 や Server, version 1809 はどうなのか不明。

ディスクのクリーンアップタスク (SilentCleanup) にて環境変数 %TEMP% や %TMP% に設定されているフォルダーが削除されてしまう問題について
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/11/09/temporary-folder-is-removed-by-silentcleanup-task/


10/22 追記 確認されている RS5 の問題:
● 17763.1 の機能更新プログラムとインストールメディアによるアップグレード時のユーザー ファイル消失問題 (→ MS ブログ)
● Windows 10 RS5 (1809) における移動ユーザー プロファイルの問題について (→ MS ブログ)
でもこの問題とやら、いまいち発生条件がわからない。「Active Directory ユーザーとコンピューター」で%USERNAME%指定してもちゃんと適用時に変換されたし(→このブログ
● 10/10 配布のHP キーボード ドライバーの問題 (→ MS サポート)
● エクスプローラーで ZIP ファイルを同じ場所に上書き展開すると、上書きされない問題(→ Raddit
→ 11 月に修正されるらしい。→ MS answer
"Important: Do not attempt to Cut and Paste items from a compressed (.zip) folder. This may result in unintentionally deleting items that may not be recoverable.
Microsoft is working on a resolution and estimates a solution will be available in early November for this issue.
"
● その他にフォントが化ける問題もあるようで...

(10 月(October)に数日だけど出した実績を作ったんだから、もう 10 月にこだわらずに品質優先で取り組んでもらいたいです)
10/31 (日本) に新しい累積更新 17763.104 (ZIPファイル問題と移動ユーザープロファイル問題のFix)が Insider Preview に出たということは... https://blogs.windows.com/windowsexperience/2018/09/18/announcing-windows-10-insider-preview-build-17763/

 ・・・ (10/22 10/25 10/31 追記) ・・・

2018/10/15

Windows Server 2019 RDVH の RemoteFX vGPU

Windows Server 2019 の RemoteFX 3D ビデオ アダプター (RemoteFX vGPU) についてメモ。

このブログ:
Windows Server 2019 から削除される役割と機能 (予定)
@IT 記事:
こんにちはWindows 10 October 2018 Update、さようならRemoteFX 3Dビデオアダプター
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1810/09/news009.html

これらの記事のフォローアップを簡単に(より詳しくは @IT で書くつもり)。

2018/10/12

本日発売、新刊『ITプロフェッショナル向け Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集』(PR)

本日発売です。一部書店では昨日から並んでたみたいですが(→ twitter)。

ITプロフェッショナル向け
Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集

価格  2,700円(税込)
ISBN  978-4-8222-5381-3
発行日 2018年10月16日
著者名 山内 和朗(山市 良) 著
発行社 日経BP社
判型等 B5変/264ページ

日経BPブックナビ
https://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/18/P53810/
オンラインストア
amazon.co.jpRakutenブックス

本書のこだわり...

2018/10/10

本日の Windows Update - 2018 年 10 月 10 日(実況終了)

今日は 10 月の Patch Tuesday (日本は第二火曜日の翌水曜日)。片手間になりますが、Windows、Office、Docker の各バージョン/チャネルについて、何かあればレポートしようかなと思う。(最終更新 10/10 15:45 10/11 13:42 10/15 11:50 11/2 17:00)

怒涛の9月は...
今週も Windows Update (ver 1709 & ver 1803 only)
週末(連休前)の Windows Update (ver 1607 ~ ver 1803)、だけど....
連休明けの Windows Update(ver 1803 & 1709 bug fix)
Intel マイクロコード アップデートが再配布?(自動的な再起動にご注意)
本日の Windows Update - 2018 年 9 月 12 日(実況終了)


今月の特記事項:
・Adobe Flash Player の最新バージョンは 31,0,0,122
・Adobe Acrobat Reader DC 2019.008.20074 (2018/10/09) ・・・ Windows Update とは無関係。
・Windows Server 2016 バージョンの Nano Server のサポートは今回が最後のはず。コンテナー(microsoft/nanoserver:sac2016 は今回の 10.0.14393.2551 の提供で最後か?

・Windows 10 Creators Update (バージョン1703)のサポートは、一部を除き今回で終了。Enterprise と Education はあと 12 か月サポートされます(2019 年 10 月 8 日まで)。→ Windows ライフサイクルのファクト シート (https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13853/windows-lifecycle-fact-sheet)
・速報:Windows 10 ver 1809、Windows Server 2019、Windows Server, ver 1809 は配布停止中だけど、17763.1 が展開済みの環境には KB4464330 (17763.55) が配布されました。これはユーザー ファイル消失問題の修正版ではありません。
・ セキュリティ情報
2018 年 10 月のセキュリティ更新プログラム (月例)(日本のセキュリティ チーム)
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2018/10/10/201810-security-updates/
・Windows Server 2016 の慢性的更新失敗病は今回は発症せず。ただし、時間はかかる(長いやつは5時間くらいかかった)。
・10/15 追記)ダメダメなドライバーが配布されて被害にあっている人がいるらしい。
HP devices may experience blue screen error WDF_VIOLATION after installing HP keyboard driver (version 11.0.3.1)
(Applies to: Windows 10, version 1803Windows 10, version 1809)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4468372/
Audio stops working after installing Intel audio driver from Windows Update
(Applies to: Windows 10, version 1809, Windows 10, version 1803, Windows 10, version 1709 )
https://support.microsoft.com/en-us/help/4468550/

・11/2 追記) なかなか出会いそうにないけど、出会うと理由に悩みそうな問題が Windows Server 2016 の累積更新に追加されてます。
After installing this update, Windows Server 2016 promotions that create non-root domains fail in forests in which optional features like the Active Directory recycle been have been enabled. The error is, "The replication operation encountered a database error".   → Use servers running Windows Server 2012 R2 or earlier to promote the first domain controller in a non-root domain until a resolution is available. Microsoft is working on a resolution and will provide an update in an upcoming release.

2018/10/06

速報:Windows 10 October 2018 Update に重大問題? RS5 ぜんぶ提供停止(評価版も Server も)

最新情報(10/10 追記):Updated version of Windows 10 October 2018 Update released to Windows Insiders
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2018/10/09/updated-version-of-windows-10-october-2018-update-released-to-windows-insiders/

"We are committed to learning from this experience and improving our processes and notification systems to help ensure our customers have a positive experience with our update process." (この経験から学んで改善するってさ)
・・・
Windows 10 ver 1809 は、なにやら問題があったようで、提供停止されました。インストールメディアを作成してまだインストールしてないって人は、ストップしましょう。


理由は...

2018/10/05

新刊のお知らせ(再)『ITプロフェッショナル向け Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集』(PR)

今月、日経 BP 社より、以下の書籍が発行されます(発行日は2018年10月16日ですが、そ10月11日12日から発売開始だそうです)。見本誌も到着。いつも厚くて重たい本ばっかりですが、今回は薄くてすっきりしてます。

ITプロフェッショナル向け
Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集

価格  2,700円(税込)
ISBN  978-4-8222-5381-3
発行日 2018年10月16日
著者名 山内 和朗(山市 良) 著
発行社 日経BP社
判型等 B5変/264ページ

日経BPブックナビ
https://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/18/P53810/
オンラインストア
amazon.co.jpRakutenブックス

目次とおまけはこちら...
新刊のお知らせ『ITプロフェッショナル向け Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集』(PR)
正誤表と最新情報のフォローアップ(Windows 10 ver 1803 x86 のシステムイメージの作成問題は ver 1809 x86 で解消とか)はこちら...
書籍の正誤表&最新情報 (2018~)

聞かれる前から FAQ:

2018/10/02

2018年10月1日版「製品条項(PT)」をざっと見てみた(+ GA しちゃったのでいろいろ追記)

2018年10月版の「製品条項(PT)」(ボリュームライセンスで購入できるマイクロソフト製品と使用条件)が公開されました(毎月頭に更新版が出ています)。

製品条項 (PT)
https://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/product-licensing/products.aspx

2018 年 10 月にリリースされることになっている Windows Server 2019 (→ Windows Server 2019 – Announcing general availability in October! https://cloudblogs.microsoft.com/windowsserver/2018/09/24/windows-server-2019-announcing-general-availability-in-october/) が、いつリリースされるのかまだ公表されていないみたいですが、Windows Server 2019 や Windows 10 Enterprise LTSC 2019  のライセンスは 10 月 1 日版 PT に入ってました。

MultiPoint Premium Server は、やっぱり 2016 バージョンが最後みたい。Essentials は 2019 バージョンあるけど、既報のとおり Essentials エクスペリエンス(Essentials ダッシュボードとか)は入っていないお得なライセンスオプションのはず。

Windows Server 2019 から削除される役割と機能 (予定) (2018/09/06)

おまけ(この数字は日付?謎の暗号)...

2018/10/01

新刊のお知らせ『ITプロフェッショナル向け Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集』(PR)

今月、日経 BP 社より、以下の書籍が発行されます(発行日は2018年10月16日ですが、それ以前に発売されると思います)。

ITプロフェッショナル向け
Windowsトラブル解決コマンド&テクニック集

価格  2,700円(税込)
ISBN  978-4-8222-5381-3
発行日 2018年10月16日
著者名 山内 和朗(山市 良) 著
発行社 日経BP社
判型等 B5変/264ページ

日経BPブックナビ
https://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/18/P53810/
オンラインストア
amazon.co.jpRakutenブックス


目次
第 1 章 トラブルシューティングを始める前に
第 2 章 ターゲットのシステムを知る
第 3 章 システム設定の変更
第 4 章 Windows 回復環境(WinRE)
第 5 章 Windows Updateのトラブルシューティング
第 6 章 ディスクイメージのバックアップと回復
第 7 章 便利なスクリプト
第 8 章 トラブルシューティング事例

第 8 章では @IT (アイティメディア株式会社) さんで書いている連載を再編集し、さらに新規書き起こしを含めて、トラブルシューティング事例として紹介しています。”ITプロフェッショナル向け”と自らターゲットを狭めてしまったことを少し後悔していますが、一般の方にとってはコマンドプロンプトやWindows PowerShellのウィンドウにキーを入力していく作業はやっぱり難しいと思います。そのあたりが苦にならない方なら、トラブル解決を頼まれたときに、カチャカチャって操作すると、きっと格好良く見えるはず。

なお、他社様のサイトの電子媒体の記事と重複する内容を含みますが、アイティメディア株式会社様のご厚意により日経BP社からの書籍として出版することができました。そんなこんなで、この書籍は紙のみで販売されます。電子書籍は出ません(もし電子書籍的なものを見かけたら、自炊とか違法な品なので、出版社だとか私とかに通報していただけるとありがたいです)。

あっ! 発行前ですが、ミスを発見してしまいました。お詫びして訂正します。
書籍の正誤表&最新情報 (2018~)

おまけ...