2018/07/27

July 2018 .NET Framework Updates 問題からの更新エラー(Windows 8.1、解決)

※ 7/31 追記:この件の修正プログラム(Windows 10 ver 1607/Server 2016 はOSビルドの累積更新)が Microsoft Update カタログに出たようです。Windows 10 ver 1703 以降は未提供。この件とは Access Denied"エラーの方。私の 0x80092004 エラーは状況に進展なし。

→ .NET Framework July 2018 Update (https://blogs.msdn.microsoft.com/dotnet/2018/07/30/net-framework-july-2018-update/


・・・

2018年7月の.NET Frameworkの更新プログラムにいろいろ問題がある以下の件について。

"Access Denied" errors and applications with COM activation fail after installing July 2018 Security and Quality Rollup updates for .NET Framework
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345913/

Advisory on July 2018 .NET Framework Updates(.NET Blog)
https://blogs.msdn.microsoft.com/dotnet/2018/07/20/advisory-on-july-2018-net-framework-updates/



2018/07/25

本日の Windows Update - 2018 年 7 月 25 日(もう 1 つの定例)

Windows 10 の品質更新出てます(以下のページの 7/24/2018 リリースのやつ)。今月3 回目。7/16 のが定例外の緊急リリースで、7/24 のが新しいセキュリティ問題を含まない定例のやつ。

https://www.microsoft.com/en-us/itpro/windows-10/release-information

7 月以降の累積更新プログラム(Windows 10 は Windows の CU に、Windows 8.1 以前は .NET の CU)に累積されちまっている July 2018 .NET Framework Security Updates の KB434591 問題は未修正。Windows 8.1 以前は .NET の CU は Windows Update による自動配布がストップ(→ .NET Blog)されたみたいですが(その後、この問題とは別の問題を修正して再リリース?)、Windows 10 の CU は問題の July 2018 .NET Framework Security Updates が累積された状態で絶賛提供中。

面倒なので、メインで使っている Windows 10 バージョン 1803 の 2台を除いて更新しないつもり(1803は KB4340917 で 17134.191)。Outlook と 1803 の組み合わせで発生するらしい日本語入力問題が3か月近くかかってようやく修正されてました。日本語環境の優先度低い(Addresses an issue in IME that causes unexpected finalization of strings during Japanese input in applications such as Microsoft Outlook.)。

Windows Update for Business ポリシーで延期設定(詳細オプションで更新チャネルの選択や延期日数の設定を含む)していれば、1709 以降には検出されないと思う。

関連:
本日の Windows Update - 2018 年 7 月 17 日 (10 日の更新の修正、対象は全バージョン)
本日の Windows Update - 2018 年 7 月 11 日(実況終了)

Windows 10 の機能更新プログラムや品質更新プログラムの”品質”に疑問を感じる今日この頃。その理由を図にしてみた。(半分冗談です)

2018/07/24

Windows 10 累積更新の高速(Express)と差分(Delta)の違い

こちらの差分(Delta)更新プログラムの提供終了(予定)の話題に関連して、「一本化」だとか、「管理者の負担軽減」とか不思議なタイトルの記事を見かけたので...

Windows 10 quality updates explained & the end of delta updates
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Windows-IT-Pro-Blog/Windows-10-quality-updates-explained-amp-the-end-of-delta/ba-p/214426

高速(Express)インストールと差分(Delta)インストールをごっちゃにしている人が多い気がするので、ちょっとまとめてみた。

先に行っておくと、Microsoft Update カタログを使用していない人には、差分更新プログラムの提供終了の影響はまったくなし。気にするひつようもない。

2018/07/23

Windows 10 ver 1803 管理用テンプレート v2 について

Windows 10バージョン1803用の管理用テンプレートのバージョン2.0が7月に出たから Pro ユーザーは最新版に更新しておこうみたいな不思議な記事を見かけました。

けど、これってActive Directoryのグループポリシーで、最新バージョンの Windows 10 のポリシーを編集できるように中央ストア(Central Store)にコピーする用の最新版だと思うので(半期チャネル向けリリースに合わせて)、誤解のないように。詳しくは以下。

How to create and manage the Central Store for Group Policy Administrative Templates in Windows
https://support.microsoft.com/en-us/help/3087759/


つまり、Windows 10 バージョン 1803 Pro ユーザーへのインストールは全く不要(間違ってたらごめんなさい)。

(19:00 追記:問題の記事は既に取り下げられた模様、なんかごめんなさい、ホントにごめんなさい)

2018/07/18

MSDN サブスクリプションへのアクセスで迷子になった

MSDN サブスクリプションにアクセスしようとして、迷子になった話。最近、何度も繰り返しているなのでメモ。

例えば、https://msdn.microsoft.com/ja-jp/ のページには、上部に「MSDN サブスクリプション」リンク(リンク先は msdn.microsoft.com/subscriptions/...)がありますが...

2018/07/17

本日の Windows Update - 2018 年 7 月 17 日 (10 日の更新の修正、対象は全バージョン)

Windows 10/Server 2016以降の 7/11 の累積更新のいろいろな既知の問題(さらにSQL ServerとW3SVCの既知の問題が追加されてます)を修正した will be available mid-July な累積更新が出ました。もちろん要再起動。Windows 7/8.1/Server 2012 R2以前向けのwill be available mid-July な更新ロールアップはまだ。

※Windows 10 バージョン 1709 (ビルド 16299.x)以降で Windows Update for Business(WUfB)ポリシーが有効(半期チャネルを選択、または機能更新または品質更新を1日以上延期)の場合、Windows Updateで「更新プログラムのチェック」をクリックしても検出されないと思う。第二火曜日(の翌日)の品質更新ではないから。Microsoft Update カタログから入手できるけど、差分(Delta)パッケージの提供なし。たった4つの問題を修正するのに、数百MBのダウンロード(Windows Update経由ならExpressパッケージあり)。Windows Update経由でも Express パッケージなしの Windows Server 2016は1.27GB。回線の無駄なので、影響が出ていない場合はスキップしたほうがいい。同じ問題を修正する 8.1/2012 R2以前の更新は数十MB。

July 16, 2018-KB4345421 (OS Build 17134.167) ←(7/18: 17134.166 から訂正)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345421
July 16, 2018-KB4345420 (OS Build 16299.550) → ほんとは 16299.551
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345420
July 16, 2018-KB4345419 (OS Build 15063.1208) → ほんとは 15063.1209
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345419
July 16, 2018-KB4345418 (OS Build 14393.2368) ←(7/19: 14393.2367 から訂正)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345418
July 16, 2018-KB4345455 (OS Build 10240.17918)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345455


サポート情報の OS ビルド番号がことごとく間違ってるし。品質更新プログラムの品質問題を修正する品質更新プログラムですが、それを説明するサポート情報の品質が...

7/18 追加:一日遅れでリリース。こちらは累積更新(ロールアップ)ではない。7/18 8:00 現在、7/10 Monthly Rollup KB4338815(8.1/2012 R2)、KB4338830(2012)、KB4338818(7/2008 R2)、KB4295656(2008)の Known issues in this update はまだ a solution will be available mid-July. になってて見つけにくい。(7/19追記: マンスリーロールアップの問題の修正は、以下ではなくマンスリーロールアップのプレビューに誘導されています。でも、以下の個別パッチで修正しても大丈夫。個別パッチだとたぶん1分くらい+再起動で完了。)

Improvements and fixes - Windows 8.1 and Server 2012 R2  (Microsoft Update Catalog から提供と書いてある)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345424/
Improvements and fixes - Windows Server 2012   (Microsoft Update Catalog から提供と書いてある)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345425/
Improvements and fixes - Windows 7 Service Pack 1 and Windows Server 2008 R2 Service Pack 1  (Microsoft Update Catalog から提供と書いてある)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345459/
Improvements and fixes for Windows Server 2008 Service Pack 2 (Microsoft Update Catalog から提供と書いてあるけど、オプションの更新として検出された
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345397/

"と書いてある"としたのは、サポート情報を信じていいのかわからんから。(手元の Windows 8.1 と Windows 7 では、Windows Update では確かに検出されんかったけど、2008 SP2 向けはオプションの更新として検出された)

2008 SP2 で影響を受けるコンポーネント(KB4295656 の tcpip.sys と tcpipreg.sys)のファイル情報は...
KB4295656    →    KB4345397
6.0.6002.24408    →    6.0.6002.24445

サポート情報の間違いはそのうち修正されると思いますけど、こっちの OS ビルドのほうは正しい。& 7/10 のビルドでバージョン 1803 が半期チャネル向けにリリースされた模様。7/10 の累積更新の問題(今日の更新で修正)を見ればわかるように、半期チャネル向けリリース=安定版ではない。

Windows 10 release information
https://www.microsoft.com/en-us/itpro/windows-10/release-information






関連:
本日の Windows Update - 2018 年 7 月 11 日(実況終了) 

Windows 10 のサービス オプションと SAC-T の終了について
https://blogs.windows.com/japan/2018/06/15/windows-10-and-the-disappearing-sac-t/

7/19 追記:
Microsoft Update カタログで提供されていた差分(Delta)パッケージは、2019 年 2 月に廃止されるそうです。ちなみに、これが書かれたのは 7/11。Express 配信の例にあげている tcpip.sys は、STOP エラー 0x1D の犯人だと思います。そんなことより、Windows Server 2016 の Express 配信復活を望む。

Windows 10 quality updates explained & the end of delta updates
https://techcommunity.microsoft.com/t5/Windows-IT-Pro-Blog/Windows-10-quality-updates-explained-amp-the-end-of-delta/ba-p/214426

7/19 さらに追記:
日本語情報出た。けど、サポート情報のビルド番号のミスに気付いていない?
7 月の更新プログラムを適用すると Stop エラーなどの問題が発生する(Ask the Network & AD Support Team)
https://blogs.technet.microsoft.com/jpntsblog/2018/07/19/stoperror_after_julyupdate/ 

7/22 さらにさらに追記:
"Access Denied" errors and applications with COM activation fail after installing July 2018 Security and Quality Rollup updates for .NET Framework
https://support.microsoft.com/en-us/help/4345913/

この問題は Windows 10 の場合 7 月の累積更新に累積されてしまってますが、Windows 8.1 以前は .NET Framework の 7 月のロールアップ更新なので問題が影響する場合は、アンインストールすればいい(けど.NET Framework のバージョンによりけりで更新プログラムの特定が面倒、アンインストール時はセキュリティおよび品質ロールアップの KB 番号とは違う)。そして、以下の Windows Update による配布はストップしている模様(その後、別の問題を修正して再リリース?)。

●Windows 8.1/Windows Server 2012 R2 向け KB4340558
●Windows Server 2012 向け KB4338830
●Windows 7 SP1/Windows Server 2008 R2 SP1 向け KB4340566

7/25 さらにさらにさらに追記:
7月3回目の累積更新リリースされました。こちらは第二火曜日と第二火曜日の間にリリースされる定例更新。→ https://yamanxworld.blogspot.com/2018/07/7-3-windows-10.html

7/27 さらにさらにさらに追記:
SQL Server への影響を説明したブログ出た。
July 10, 2018 Windows updates cause SQL startup issues due to “TCP port is already in use” errors
https://blogs.msdn.microsoft.com/psssql/2018/07/26/july-10-2018-windows-updates-cause-sql-startup-issues-due-to-tcp-port-is-already-in-use-errors/ 

2018/07/10

本日の Windows Update - 2018 年 7 月 11 日(実況終了)

今日(7/11)はは 7 月の Patch Tuesday (日本は第二火曜日の翌水曜日)。何かあればレポートするかもしれないし、しないかもしれない。はっきりしているのは、明日が憂鬱だってこと。(最終更新 7/14 6:30 7/30 12:00)

6月は...
本日の Windows Update - 2018 年 6 月 13 日(実況終了)


7月の特記事項:
今月は特に大きな問題はなさそう(Windows Server 2016でいつものように0x800705b4 エラーが出るやつが1台あったけど)。Windows の累積更新プログラムは、どれも修正少なめ(リリース情報の項目を見る限り)。個人的にちょっと戸惑ったのは、Docker EE for Windows Server の 18.03.1-ee-2 へのアップグレードかな。Windows Server 2016 には入らなかった(入れられないのかも)。
(7/11 21:00 追記)Windows Server 2016以降のDHCPサーバーのDHCPフェールオーバー構成に問題報告あり。
(7/14 06:30 追記)"After installing this update, some devices running network monitoring workloads may receive the 0xD1 Stop error because of a race condition. " → "Currently, there is no workaround for this issue. Microsoft is working on a resolution and estimates a solution will be available mid-July."がほぼすべてのWindowsバージョンの既知の問題に追加された。network monitoring workloads が何を指すのかはよくわからない。→ 修正版出た

2018/07/06

Windows Sysinternals 最新情報(Sysmon v8.0, Autoruns v13.90)

Windows Sysinternals の 2 つのツールが更新されています。Sysmon はメジャー バージョンアップで、新機能が追加されているはずです(ルールにタグ付けできる? 詳細は未確認)。

Sysmon v7.03(2018/05/14)-> v8.00 (2018/07/05)
Autoruns(とAutorunsC) v13.82(2018/2/13) -> v13.90 (2018/07/05)

Sysmon v8.0, Autoruns v13.90
[URL] https://blogs.technet.microsoft.com/sysinternals/2018/07/05/sysmon-v8-0-autoruns-v13-90/


2018/07/02

Windows 10 ver 1803 でシステムの復元に失敗(x86 のみ?)

以下で触れたように Windows 10 April 2018 Update(バージョン 1803)は、32 ビット(x86)でバックアップと復元(システムイメージの作成とイメージでシステムを回復) に問題ありなのですが...

Windows 10 ver 1803 で ver 1709 以前のリストア失敗(x86 のみ)(2018/05/18)
Windows 10 ver 1803 のシステム イメージの作成失敗(x86 のみ)(2018/05/11)



「システムの復元」(System Restore)による復元ポイントの適用も失敗するかもしれません。(7/18 追記:17134.165 でもバックアップと復元の問題の状況は変わらず。7/24 追記:OSビルド 17134.112 に更新されたインストールメディアでクリーンインストールしても、システムの復元はエラーでした。)