2020/05/31

Windows 10 ver 2004 から消えた更新の延期設定(今度は仕様変更)

Windows 10 May 2019 Update(ver 1903)のときは、Home 以外のエディションで Windows Update の「詳細オプション」で機能更新や品質更新の延期を設定すると、「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」(Choose when updates are installedが消えてしまうという問題がありました(その後、問題は修正されました)。

Windows 10 ver 1903 で更新の延期設定すると、設定項目が消えてしまう件(不具合?仕様?)[2019/06/28]
Windows 10 ver 1903 で更新の延期設定すると、設定項目が消えてしまう件(解消)[2019/11/11]

1 年後、Windows 10 May 2020 Update(ver 2004)は、最初から「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」がないようです(6 月の投稿へのタレコミより)。今回は仕様変更のような気がします。なので、ver 2004 の場合は↑で書いた HKLM\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings のレジストリには触れないほうがいいと思います。

2020/05/30

VMware Player と WSL 2 の共存できた

昨日こちら(Windows 10 May 2020 Update(ver 2004、build 19041)の一般提供開始)に追記したように、15.5.5 からは VMware Workstation/Player と Hyper-V の共存ができるようになったようで。v2004 や CPU 要件ありますけど。

VMware Workstation 15.5 Now Supports Host Hyper-V Mode(vmware|BLOGS)
https://blogs.vmware.com/workstation/2020/05/vmware-workstation-now-supports-hyper-v-mode.html
VMware Workstation and Hyper-V
https://techcommunity.microsoft.com/t5/virtualization/vmware-workstation-and-hyper-v/ba-p/1419928

VMware Workstation/Player と Hyper-V が共存できるってことは、WSL 2 要件の「仮想マシン プラットフォーム」との共存もできるはずで・・・

2020/05/28

Windows 10 May 2020 Update(ver 2004、build 19041)の一般提供開始

Windows 10 May 2020 Update (バージョン 2004、OS ビルド 19041(.264))の一般提供が開始されました。

How to get the Windows 10 May 2020 Update
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2020/05/27/how-to-get-the-windows-10-may-2020-update/
What’s new for IT pros in Windows 10, version 2004
https://techcommunity.microsoft.com/t5/windows-it-pro-blog/what-s-new-for-it-pros-in-windows-10-version-2004/ba-p/1419764

「更新プログラムのチェック」をクリックすると、下のようなダウンロード オプションがいつかは出ると思います。いつものように段階的に拡大されると思いますので、誰にもすぐには出るというわけではないと思う。うちのはまだ。また、Windows Update for Business(WUfB)で延期設定(または「詳細オプション」で機能更新プログラムを延期)してない限り、勝手に自動配布されることはないと思います。ただし、ver 1809 以前を利用している場合は段階的な自動配布対象かも(COVID-19 関係で v1809 の EOS は延びたけど、WUfB で延期可能な最大日数は既に過ぎてます)。

"Windows 10、バージョン 2004 の機能更新プログラム
次のバージョンの Windows が利用可能になりました・・・
ダウンロードしてインストール"

すぐに手に入れたいという場合は、

2020/05/27

It's time to get a full backup ! (明日?に備えて)

Windows 10 May 2020 Update、またの名を Windows 10 バージョン 2020 がいつ正式リリースになるのか分かりませんが、出たらすぐにアップグレードしたい人、「以前のバージョンの Windows 10 に戻す」を信じていない人は、今日or明日がフル バックアップを取るのによいタイミングかと。Windows 標準の「システム イメージの作成」またはサード パーティのバックアップ ツールで。

我が家のバージョン 1909 実行中のすべての物理 PC 4 台は、2 台の外付け USB ハードディスクを使ってバックアップ! 前回取得したのが 3 月末だから失敗しても無問題。

ローカルアカウントを使っていると突然出現する「ようこそ」?

Windows 10 ver 1903 や 1909 だと思うのですが、Microsoft アカウントではなく、ローカルアカウントを使っていると、Windows Update で品質更新プログラムのインストール後の再起動から帰ってきたとき、こんな画面を何度か目にするようになった(気がする)。

「今はスキップ」でそのまま利用を続行できるのですが、「続行」すると Microsoft アカウント サインインへ強力にお勧めされたり、下手すると Microsoft 365(旧、Office 365)の Office アプリを購入する場面まで行っちゃうかもしれないので、理由があってローカルアカウントでご利用の方はご用心。

「今はスキップ」という選択肢なので、またいつか近いうちに出てきそうな予感。

6/26 追記)「設定\システム\通知とアクション」にある「新機能とおすすめを確認するために、更新の後と、サインイン時にときどき、[Windws へようこそ]の情報を表示する」をオフにすれば黙らせることができるかも。ローカル アカウントだから出てたわけではないらしい。出ない奴はここがオフになってた(自分で昔オフにしてたんだと思う)。

2020/05/22

Microsoft Edge (Chromium-based) 83 has been released.

Windows 版 Chromium 最新のバージョン 83(83.0.4103.61)が 5/19 PDT にリリースされましたが、これに対応した Microsoft Edge (Chromium-based)のバージョン 81 の次のバージョン 83(83.0.478.37)が出ました。82 はコロナ禍の影響でスキップ。


Chromium Releases Windows
https://chromiumdash.appspot.com/releases?platform=Windows
ビジネス向け Microsoft Edge のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/edge/business/download

がしかし、うちの環境だと・・・

Windows 10 Home のローカルアカウントのパスワード期限切れ対応

Windows 10 Home にテスト用に昔作成したローカル アカウント、パスワードの有効期限が切れてた。

「設定」アプリの「アカウント」から作成したローカル アカウントのパスワードの有効期限は「無期限」なんだけど、NET USER コマンドで追加したローカル ユーザーの既定は 42 日。

Windows 10 Home だから「コンピューターの管理」スナップインには「ローカル ユーザーとグループ」(lusrmgr.msc) は存在しないし、lusrmgr.msc もエディションを理由に使えない。Q. どうすれば「無期限」にできるか?

2020/05/20

WSL の開発ロードマップに Linux GUI アプリのサポートが、Windows Terminal 1.0 も GA

Windows Subsystem for Linux(WSL) で Linux GUI アプリのサポートが予定されているみたいです。

The Windows Subsystem for Linux BUILD 2020 Summary
https://devblogs.microsoft.com/commandline/the-windows-subsystem-for-linux-build-2020-summary/
"Adding Linux GUI app support to WSL is on our roadmap"
← これは Windows 側に Windows 版 xserver 入れて、Ubuntu(WSL 2)にubuntu-desktop 入れて接続したなんちゃって Linux GUI アプリ対応(ディスクとメモリを大量に食らう) 。

これとは違って Windows デスクトップ上で Linux アプリをシームレスに実行できるようにしたいようです。

Build 2020 での早期デモでは Linux (WSL) 側に Wayland 入れて RDP 経由でつないでるみたいなので(将来的にはサード パーティもの使わないらしい)、Hyper-V の Linux 仮想マシンに対する拡張セッション モード接続↓に近い感じになるのかな?(・・・想像・・・)

Windows 10 ver 1803 Hyper-V and Ubuntu 18.04 LTS with Enhanced Session Mode (2018/05/30)
Windows Server 2016/2019 Hyper-V and Ubuntu 18.10 (追記あり) (2019/03/06)

追記)Windows Terminal の正式版が出た(https://aka.ms/terminal)。Azure Cloud Shell にも標準対応。

Windows Terminal 1.0(Windows Command Line)
https://devblogs.microsoft.com/commandline/windows-terminal-1-0/

早速 Cloud Shell に接続を開始。すると、”保存しますか?[年/n]”だそうです。"Y"も "y" も受け付けない。

英語環境だと"[y/n]”。

待ちに待った正式版で早速笑かしてくれる。これは Azure Cloud Shell 側の問題だと思うけど・・・


2020/05/19

Officeアプリの更新チャネル名、4代目スタート

先月、Office 365 ProPlus が Microsoft 365 Apps for Enterprise(大企業向け Microsoft 365)に月次チャネル(Monthly Channel)から変わりましたが(→ アプリも Office 365 改め Microsoft 365)、今月から順次、更新チャネルの名称変更だそうです。

現在の「月次チャネル(Monthly)」 だけ追いかけても、Current Branch(現在の分岐、2015秋~)→ Current Channel(最新機能提供チャネル、2016春~)→ Monthly Channel(2017秋~)→ Current Channel(まもなく?)で 4 代目。

すべての更新チャネルに新しい製品名と更新チャネル名の両方が行き届くにはまた半年くらいかかりそう(旧称の半期チャネルが Microsoft 365 になるのは 2021 年 1 月のバージョン 2008 くらいだと思う)。各方面の方々、ご苦労様です。

2020/05/13

本日 5/13 JST の Windows Update(2020-05 B)

今日は毎月恒例の Windows Update の日(毎月 PDT 第2火曜日)。Windows、.NET Framework、Microsoft Office/Microsoft 365(Office 365 ProPlus)にセキュリティ更新あります。Adobe Acrobat/Reader DC にも。リモートワークやリモート教育な方はご注意。会議や授業中、再起動で邪魔されないように「更新の一時停止」とかを活用してください。

Windows message Center
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/windows-message-center#414
Windows 10 release information
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-information/
.NET Framework May 2020 Security and Quality Rollup Updates
https://devblogs.microsoft.com/dotnet/net-framework-may-2020-security-and-quality-rollup-updates/
Release notes for Microsoft 365 Apps Security Updates(SAC や SAC-T は旧称の Office 365 ProPlus とかです)
https://docs.microsoft.com/en-us/officeupdates/office365-proplus-security-updates
Windows Server containers for May 2020(New)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4561769
 →(PR『Windows版Docker&Windowsコンテナーテクノロジ入門』(日経BP))
Windows Server Images for April 2020(5月の更新はまだ)
https://support.microsoft.com/en-us/help/4555936/
リリースノート | Acrobat、Reader(5/13 2020.009.20063)
https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/release-note/release-notes-acrobat-reader.html

何か重大な問題とかあれば追記するかもです。先月は Excel VBA 使えなくなる問題あったので(解決したのはつい先日)。

2020/05/12

Docker Desktop 2.3.0.2 - WLS 2 backend で Home 対応

Docker Desktop for Windows に最新の Stable バージョン来ました。このバージョンで Windows 10 ver 2004 Home エディション用のインストーラー(WSL 2 backend の Docker Desktop 用)が用意されるようです。

Docker Desktop Community 2.3.0.2
https://docs.docker.com/docker-for-windows/release-notes/#docker-desktop-community-2302
"New
Windows 10 Home users can now use Docker Desktop through WSL 2. This requires Windows 10 Insider Preview build 19041 or higher. For more information, see Install Docker Desktop on Windows Home."
5/12 5:30 時点で Home 用の Download サイトの URL は存在せず(Add%20URL というダミーになってる)。インストーラーは共通でした。


Windows 10 Home x64 ver 2004 への Docker Desktop のインストールはこんな感じ...

2020/05/09

Microsoft Office/Microsoft 365 アプリに定例外の更新(VBA 利用者は要注意)

Microsoft Office、Microsoft 365(旧称 Office 365) の 4 月の更新に重大な問題あり。5 月 4 日(PDT)に月次/半期チャネルに更新が来たのはこれらしい。利用中のバージョンによっては更新プログラム準備中や自分でダウンロードのものもあるので要注意。

2020 年 4 月の更新適用後、日本語を含む外部参照を行う VBA が読み込まれない問題(5/11 修正プログラムの追加情報あり)
https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/6c3fa724-25c9-408e-bdde-245c9ea1ad8a/2020-24180-4?forum=officesupportteamja
2020 年 4 月のセキュリティ更新による VBA からのネットワーク上の参照への影響(5/11 追記)
https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/4aa11619-73e8-41fa-b220-608d8b9355af/2020-24180-4

Update history からはことの重大さが分かり難い。。

Update history for Microsoft 365 Apps (listed by date)
https://docs.microsoft.com/en-us/officeupdates/update-history-microsoft365-apps-by-date

”・・・: May 04
Version 2004 (Build 12730.20250)
Version 1908 (Build 11929.20752)
Version 1902 (Build 11328.20572)

Resolved issues
Office Suite

This update fixes an issue in Visual Basic for Applications in Microsoft Office where certain VBA projects that contain references to code libraries with DBCS characters in the library name or library path would be viewed by the Office application as corrupt on load.” (DBCS characters =
日本語などの 2 バイト文字セット)
使ってる青色申告アプリ(Excel)に影響してるらしい(メールが来て気付いた)。うちのメインは「半期チャネル(対象指定)」だから影響なかった(助かった)。4/29 PDT の Version 2004 初期リリース (Build 12730.20236) でもその Excel シートは影響を受けなかった。


2020/05/08

Windows 10 ver 2004 (20H1) で netplwiz の自動ログオン用オプションが行方不明?(解決)

Windows Insider の Release Preview リングで May 2020 Update(バージョン 2004)の評価やテストをしている方向け。

クリーン インストール(19041.x から .208 へ更新)した人から「ユーザー アカウント」ダイアログボックス(netplwiz または control userpasswords2)から「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」(Users must enter a username and password to use this computer.)オプションが消えてるというコメントをいただきました。アップグレードしたものにはあるのにと。

「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」オプションをオフにすると自動ログオンにできるので無いと困るという人もいるかもしれないので、その原因と思われる新仕様と復活方法など(速報版)。

2020/05/07

バックアップが原因不明の 「0x81000036」「0x80070057」エラー

Windows 10(20H1、ver 2004)で USB ディスクにフルバックアップを取ろうと「システムイメージの作成」を実行したら、原因不明の 「0x81000036」エラー。ネットワークに取ろうとしたら、「パラメーターが間違っています。(0x80070057)」エラー。

(※20H1 でもできるやつもあるのでビルド固有のバグではないと思う)

2020/05/01

インサイド Windows 第 7 版[上]から丸 2 年、[下]は?

『Windows Internalsm, Part 1, 7th Edition』(Published 5/5/2017)から丸 3 年、Part 1 の訳書『インサイド Windows 第 7 版[上]』(2018/5/1 発行)から丸 2年たちました。

本日、原書 Part 2 の発行が、また、また、また、... 、延期されました。

Windows Internals, Part 2, 7th Edition
https://www.microsoftpressstore.com/store/windows-internals-part-2-9780135462409

"Est. release: 6/23/19""Published 11/22/2019""Published 12/23/2019""Published 4/23/2020""Published 5/8/2020""Published 7/6/2020" "Published 7/30/2020" "Published 8/31/2020"
Part 1 の日本語訳
インサイド Windows 第 7 版 上 (日経 BP 書店 / amazon.co.jp