2019/06/20

Windows 10 ver 1903 は延期設定にしたがって粛々と

May 21, 2019-KB4497934 (OS Build OS 17763.529) 以降の Windows 10 バージョン 1809 は、Windows Update が「今すぐダウンロードしてインストール」対応(→)になって、「更新プログラムのチェック」をクリックしても、ロールアウトが開始された Windows 10 バージョン 1903 の機能更新プログラムのインストールが始まっちゃうことはないのですが、ある条件下(想像していたとおり)では「更新プログラムのチェック」のクリック、あるいは自動更新で来ちゃうことがあります。

ほら。
お知らせには「まだ準備が完了していません」ってなっているのに、インストールが始まっちゃった。

これはバグなんかじゃなく、私が想像していた通りの挙動。種明かしをすると...


機能更新プログラムの受け取りを延期していたから。この挙動を確かめるために、「半期チャネル(対象指定)」の「21日」で罠をしかけておきました。

Windows Update for Business(WUfB) のポリシー設定で延期している場合も同様。延期設定に従って粛々と対応してくれたというわけ。「今すぐダウンロードしてインストール」とは関係ない、従来通りの WUfB の仕様です。機械学習(ML)に基づいたロールアウトとかとは関係なし(たぶん)。

すぐに勝手にインストール始まっちゃったら困るからといって、この延期設定で微妙な期間(30日とか)を指定していると、意図せずインストール始まっちゃいますよ。困る人は長ーく延期しましょう。

リリース日は 5/21 PT、ブロード展開始まったというアナウンスは 6/6 PT だったけど、今日(6/20 JST )になって来た(昨日はこなかった)ということは、 21日前の 5/30 JST が「半期チャネル(対象指定)」の基準日なのかな? となると、「半期チャネル」の基準日(「半期チャネル」+「0日」延期設定への配布開始)はその 90 60 日後 8 月 28 日になるのかな? 7/23  らしいっす(↓)。

"Customers on Windows 10, version 1809 using Windows Update for Business set to Semi-Annual Channel and a 0-day deferral: your 60-day one-time deferral period will end on Tuesday, July 23, and your devices will begin updating to Windows 10, version 1903."

(https://twitter.com/windowsupdate)

基準日はあくまでも私の想像です。

どうでもいいことかもしれませんが、

Windows 10 Version 1903 の機能更新プログラム
まもなく、Windows 10 May 2019 Update がリリースされます。・・・

多くの一般ユーザーの方にとって、”どっちやねん”(同じだけど) なメッセージだと思いませんこと?。

追記)機能更新プログラムのインストールはどうなったかというと、お知らせにあった「まだ準備が完了していません」が暗示していたように失敗(Windows Update の UI はエラー:0xc1900222、更新の履歴はエラー:0x80240034)。

延期設定「0 日」に戻してまたお知らせがくるのを待つことにします。にするか、メディアからやっちまうか...

7/18 追記) 実はこの PC、Windows 10 Pro in S mode。他の S mode PC でも同じメッセージで続行できず、その後、お知らせも消えてしまた。文字通り、S mode (このバージョンのWindows 10)ではアップグレードはまだサポートされていないのかもしれない。
7/22 追記) その後、「まだ準備が完了していません」通知が消えちゃったのですが、本日、「今すぐダウンロードしてインストールする」に表示が... 何度かエラー(履歴だと 90x80240034 だけど、失敗したときのコードは別だった、そして忘れた)で失敗したけど進んでいるらしい(現在、インストール中 - 85%)完了した。


0 件のコメント: