2019/04/26

本日の Windows Update - 2019 年 4 月 26 日(D リリース、令和付き、ver 1809 向けは 5/2)

(8/30 追記:8/29 の 大手 ISP ネット重事件関連でなぜかこのページを訪れている人がいるみたいですが、このページに関係あることは何も書いてません、あしからず。2019 年 4 月の記事ですし内容も古いです。)


このパッチには Excel のフォント幅問題があります。詳細は 5/11 追記分

注:急いで更新する前に落ち着きましょうね。特に ver 1803 以前の人は「更新プログラムのチェック」をいまクリックしてよいかよく考えて。

本日、4 月の D リリースとして Windows の累積更新プログラム(CU)の提供が始まりました。Windows 10 ver 1809、Windows Server 2019、Windows Server, ver 1809 向けはまだ 5/1 PT(5/2 JST) に出ました。→ 本日の Windows Update - 2019 年 5 月 2 日 ・・・

D リリースは、自動更新の対象外のオプションの CU です。今回の CU に新元号対応の修正(レジストリ、合字、その他の問題の修正)が多数含まれているけど、定例のオプションの CU です。本来は翌月の B リリースの前に修正をテストできるように提供される CU という位置付けのもの。

Windows 10 release information
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/windows-10/release-information

Windows 8.1 以前を含めた一覧はこっちがわかりやすい。Windows 10 ver 1809 向けは Coming soon ってなってます。

Summary of new Japanese era Windows updates - KB4469068
https://support.microsoft.com/en-us/help/4469068/
※日本語(/ja-jp/)のページは古い(4/4)ので最新情報は英語(/en-us/)で。

C(Bの翌週の月~金 PT)D(Bの翌々週の月~金 PT)リリースは翌月の B リリース(第2火 PT)に向けた CU のプレビューです。つまり、今日のやつは Preview of May CU。自動配布の対象外のオプションの更新であり、Windows 7 や8.1 では「マンスリー品質ロールアップのプレビュー」を手動で選択すれば、Windows 10 (ver 17MM 以降)だと「更新プログラムのチェック」のクリックすればインストールされます(※ 5/2 の ver 1809 向けは除く)。または、Microsoft Update Catalog からダウンロード&インストール。

今回の CU には、新元号(令和)のレジストリと Unicode 合字、その他の和暦関連の多数の修正を含んでいますが、あくまでも定例(D リリース)のプレビュー パッチ。他の修正(セキュリティ以外)もたくさん含まれます。新元号のためだけのパッチではありません(私は警告しましたよ)あたかも「新元号対応アップデート」専門のようなニュースも出てますが、MS さんの毎月の更新サイクル(世界共通)の一部。最新の ver 1809 だけ週回遅れなのも最近では恒例のこと。日本の GW 前日なんて気にしていない(と思う)。けど、US さんの Firiday じゃなかった点は配慮があったかも(もしそうなら日本は GW 初日だったから、知らんけど)。それとは別に、.NET の CU が、2 月の Preview of .NET CU 以降、出ていないのが気になります。和暦対応の修正にバグがあって、他言語さんに迷惑にならないかも心配。

このパッチをスキップして 5/1 は平成のまま迎えた方が、問題に遭遇するリスクが減るかもしれません(私は警告しましたよ)

例えば、4/30 から 5/1 にかけて元号が切り替わるときに発生するかもしれない未知の不具合があったとしても、5/1 以降もしばらくは平成表示ならその問題の影響をスルー出来るかもしれないです。

例えば、ver 1803 以前の人が「更新プログラムのチェック」を今クリックすると、令和対応の品質更新ではなく、令和にまだ対応できていない(パッチが遅れている)ver 1809 の機能更新がきちゃうかもしれないです。

自動更新が有効なら、放っておけば 5/15 (5/14 PST) の B リリースの CU で新元号に対応するようになります。一般のユーザーは来月の定例更新を待った方がいいと思います。


今回は新元号対応パッチだから、みんな入れちゃうんでしょうか。「更新プログラムのチェック」をクリックする人は、いつの頃からか Advanced User(上級者)Seeker(探究者、探し求める人)と呼ばれていることをお忘れなく(私は警告しましたよ)

新元号対応作業をしている IT 関連の方は、このオプションの CU を使ってようやく最終的なテストができるようになったということですね。よーいどん。あぁ、ver 1809 がまだだった。Coming soon がどれくらいになるのかは不明(本日中とはいかないと思う。過去 2 か月の実績は翌月第1週の 3/1 PST と 4/2 PST でした)。5/1 PT(5/2 JST) に出ました。ただし、ver 1809 向けは Microsoft Update Catalog or WSUS のみ。

4 月の更新:
謎の品質更新プログラムの謎ビルド 14393.2908(追記あり)
本日の Windows Update - 2019 年 4 月 10 日(B リリース、中継なし、令和なし) 

お勧め記事:
令和7981年12月31日、それはWindows最後の日(@IT、2019年04月23日)
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1904/23/news007.html


追記)WSUS と今回の新元号パッチについて

今回のパッチは、Windows Server Update Services(WSUS)には同期されません。今日(9:00 と 18:00)手動で同期を実行しても、「更新」に分類されるリリース日 2019/04/26 の更新プログラムは 0。オプションの CU は WSUS に対して提供されない(同期してもやってこない)ことがあるようです
(↑訂正しました:WSUS を常時動かしていないのでよく存じ上げません。これまで B パッチと定義の更新、機能更新しか配布したことがなかったから。もしかしたら同期するのが早すぎたのかも。18:00 に再同期してもこなかった。っていうかいろいろ混乱してきた)

※ 5/1 PT(5/2 JST) に出た ver 1809 向けは WSUS に同期されるらしいです。他のバージョンは GW 中につき未確認。


Microsoft Update Catalog からインポートすれば配布できるようになります。



以上、いちはやく新元号に対応したい企業さん向け情報でした。面倒な作業ですが、実施するかしないか、5 月の B リリース(5/14 PT、5/15 JST)まで待つか、その企業さんの判断です(私は繰り返し警告しましたよ)。本日中にパッチを全社に適用、すっきりした気持ちで GW 突入のはずが、休日出勤中の社員からクレーム(PC 起動しないんだけど)なんて...

(そういえば WSUS へのインポート初体験。昨年?は Windows Server 2016 の WSUS にインポートしようとしても互換性うんぬんでできないっていう、Microsoft Update Catalog サイト側の不具合あったようですが、現在は解消しているようです。→ WSUS Catalog import failures March 2, 2018

参考:
WSUS とカタログサイト
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/administration/windows-server-update-services/manage/wsus-and-the-catalog-site

企業ではない私はどうするかというと、このブログ用のスクリーンショットのためだけに Windows 8.1 のテスト用仮想マシンを 1 台だけ更新して終了。楽しい GW 活動へ(運動会、畑に苗や種を植え付け、草取り、草刈り、お花見&BBQ・・・)。

5/11 追記)Excel のフォント問題が Windows 7 ~ 10 のすべての D パッチの既知の問題に追加。5 月中頃の解決に向けやってるそうです。それまでの回避策の 1 つは、平成に戻れ(令和対応含むパッチのアンインストール)。
"When using the MS UI Gothic or MS PGothic fonts, the text, layout, or cell size may become narrower or wider than expected in Microsoft Excel. For example, the layout and cell size of Microsoft Excel sheets may change when using MS UI Gothic. " → "Microsoft is working on a resolution and estimates a solution will be available in mid-May.
Until a resolution is released, we recommend switching to a different Japanese font, such as Yu Gothic or MS Mincho. Alternatively, you can uninstall the optional update.  "
次の投稿 > 改訂版のお知らせ『Windows Server 2016テクノロジ入門 - 改訂新版』

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...


2019-04 x86ベースシステム用Windows 7向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー
(KB4493453)について、
Windows 7およびWindows Server 2008 R2向けJIS90互換MSゴシック・明朝フォント
パッケージ
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7/jp_font/fontpackage.aspx
がインストールされていると、MSゴシック・明朝フォントが令和対応版に更新されません
ので、注意が必要です。