2018/04/16

Windows 10 バージョン1709/1803 と Linux コンテナー (LCOW)

4/11 の投稿「本日の Windows Update - 2018 年 4 月 11 日(と 12 日、NIC 問題再び?)」で少し触れましたが、Docker for Windows 18.03-0-ce-win59 の experimental 機能として、Windows コンテナー環境(Hyper-V コンテナー)で Linux コンテナーの実行を試せるようになりました。というわけで、こちらも Windows 10 バージョン 1803(Insider ビルド 17133.73)で試してみました。


18.03-0-ce-win59(build 16762)(2018-03-26)
[URL] https://docs.docker.com/docker-for-windows/release-notes/#stable-releases-of-2018


Windows 10 バージョン 1709、バージョン 1803 の Hyper-V コンテナー環境で試すことができます。experimental 機能なので、既定では無効になっています。いったん Windows コンテナー モードで動いている Docker for Windows を Quit Docker して、Docker for Windows を管理者として起動し、「settings」の「Daemon」を開いて「Exerimental」にチェックを入れて「Apply」します。デーモンが再起動されて、使えるようになります。docker pull、docker run 実行時には --platform=linux をつければ OK。


注:上の Ubuntu 環境は、Windows Subsystem for Linux (WSL)ではありません。

ややこしいですけど、次の画面の一番手前のウィンドウが WSL の Ubuntu です。


なお、Docker Enterprise Edition(EE)の最新バージョンには、この experimental は含まれていないようです。なので、Windows Server 1709/2019 Preview ではまだお預け(昔の方法がまだ使えるかどうか知りません)。

17.06-2-ee-8 (2018-04-17)
17.06.2-ee-7 (2018-03-19)
[URL]
https://docs.docker.com/enterprise/17.06/ 

関連:
速報:Hyper-V コンテナーで Linux コンテナーが動いた!(追記あり) (2017/09/14)

(PR)2018年4月27日発売開始の『インサイド Windows 第 7 版 上』(日経 BP 社)では、Windows コンテナー(仮想化ベースの Hyper-V コンテナーではなく、プロセス ベースの Windows Server コンテナーのほう)の要素技術であるサーバー サイロ(Server Silo)、WSL の要素技術である Pico プロセスについて説明されています。LCOW についての説明は残念ながらありません(時期的にも無理だったでしょうし、Windows 側ではなく、主に Docker と LinuxKit 側の対応の話なので本書の範囲を超えるものですし)。
本書の情報と購入(予約):BP書店amazon (PR)

0 件のコメント: