2018/03/10

祝、Windows 10 Update Assistant 日本語化、今度は ver 1703 で発動することも!

※ 2 月に Show or hide updates で KB4023057 を非表示したり、タスクを無効化していたとしても、別ものとしてまたインストールされて、実行されちゃうと思います。WSUS なら来ないものですが、設定がまずいと来ちゃうことも(WSUS では無意味な遅延ポリシーを設定しているとか、Microsoft Update を明示的にユーザーが検索したとか)。

英語が怖い!っていうフィードバックでもあったんでしょうか。あの Windows 10 Update Assistant が日本語化されました(KB4023057 の 2月版は 2.12.0.0
、3月版は 2.13.0.0)。

Update to Windows 10 Versions 1507, 1511, 1607, and 1703 for update reliability: March 8, 2018
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/help/4023057/


バージョン 1703 でも発動することもあるみたいです。Windows 10 Update Assistant に関しては...

Windows 10 Update Assistant については、@IT さんに書いた記事を参照。

削除してもゾンビのようによみがえる、手ごわいWindows 10 Update Assistant(@IT)
[URL] http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1803/06/news009.html


Azure 上の MSDN Windows 10 Enterprise N ver 1703 (Current Branch for Business を選択+365 日延期設定)では発動しなかったので、無理やり C:\Windows\UpdateAssistant\Windows10Upgrade.exe を実行してみました。例のやつではなく、キャンセルできる更新アシスタントが起動しました(自動発動のやつはどんどん進む“お使いのデバイスには最新のセキュリティ更新プログラムが必要です”のやつらしい)。もしかしたら、何かしら忖度する機能が追加されて進化したのかも。(※ ver 1607 以前はもうサポート終了または終了間近なので、忖度なしで発動するはず。)

というわけで、Windows 10 バージョン 1703 を 2 つのシナリオで確認。

シナリオ1:Current Branch for Business+365日延期で機能更新 ver 1709 を延期中な ver 1703 の場合 (つまり、Windows 10 Pro/Enterprise ver 1703 の正式な方法で機能更新 ver 1709 をブロック中を想定)

→ KB4023057 がインストールされ、rempl\shell と UpdateOrchestrator\UpdateAssistant タスクが実行されても、C:\Windows\UpdateAssistant が準備されるまででストップしました。Windows Update for Business の延期ポリシーに対してちゃんと忖度が働いているようです。しかし、いつか発動するかもしれないスリーパー状態とも言えるかも。
※ KB4023057 は WSUS には配信されませんが、不適切な WSUS 環境だと、WSUS クライアントが意図せず、Microsoft Update に接続した場合、取り込んでしまうことがあるので要注意!(@IT さんの記事を参照)


シナリオ2:Current Branch+wushowhide.daiagcab で機能更新 ver 1709 ブロックな ver 1703 の場合(つまり、Windows 10 Home ver 1703 で理由があって機能更新 ver 1709 をブロック中を想定)

→ きたー! ver 1709 にいってらっしゃーい。(行きたくないなら、行きたくないけど更新アシスタントによるアップグレードが成功しないなら、@IT さんの記事を参考に滅してください)


おまけ:
Windows 10 ver 1703 には、2/22 に続いて 3/8 にも累積更新がリリースされ、どちらも同じビルド番号という珍しいことが!


Febrary 22, 2018-KB4077528(OS Build 15063.936)
March 8, 2018-KB4092077(OS Build 15063.936)

KB4077528 には「設定」アプリの UI がおかしくなるというバグ(↓「トラブルシューティング」って表示が正常)があって、 KB4092077 はそれを直すだけらしい(それだけなのに再起動求められた。)









1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

別に KB4023814 もありますね。