2011/10/03

Windows 8 Developer Preview > Windows To Go > USB 2.0 メモリは遅し

Windows 8 の企業向け新機能、Windows To Go をお試し中。COMPUTERWORLD のブログにも今日投稿しました。

COMPUTERWORLD BLOG > Windows Developer Preview、Windows To Go とゴー

上のブログは、USB 外付けハードディスク (USB 2.0/1.1) で作ったもの。サクサク動いています。2回目以降の起動は、すんごく早いです。昨日、PCDEPO で安売りしてた USB 3.0 対応の 32 GB メモリ (→) を手に入れて試してみましたが、PC の方が USB 3.0 非対応 (つまり、USB 2.0 で動作) のためか、超~スローです。Install.win を元に、Windows To Go の USB メモリが完成するまで、休日返上、半日かかってしまいました。起動してからの動作も、あまりにもスローすぎて、とても使用に耐えられるものではありません。

この機能、企業向けの機能だそうで、おそらく Windows 8 Enterprise (Software Assuarance) の機能として提供されると思います (正式版では、ボリューム ライセンス認証で管理されるらしい)。Windows To Go メモリを、ビジネスアプリや Direct Access による接続設定込みで作って、在宅勤務者に配布するとか、そういうシナリオで利用されることを想定しているらしいです。個人ユーザーが、Windows 8 の環境を USB メモリで持ち歩けるというものでは決して無さそう。

0 件のコメント: