2017/03/10

Windows Vista SP2 のフレッシュインストールから更新できない件 (解決)

Windows Server 2016 (Windows 10 でもいいけど) の Hyper-V の仮想
マシンに Windows Vista の最新状態の環境を作ろうと思い、以下の手順を実施したものの、Windows Update 終わらない病に突入。

何時間も待てば進むという話もありますが、そんなに待てられない。


未解決ですが、ここまでの手順をメモ。インストール開始から最新にするまでの手順をメモ。


- - - - -
Hyper-V 仮想マシンに Windows Vista SP2 x86 を新規インストール。
※できるだけ早く終わらせたいので、メモリ 4GB、CPU 2 個を無駄に割り当て。
- - - - -
Hyper-V ゲスト コンポーネントのインストール (Windows Server 2012 R2 の C:\Windows\System32\vmguest.iso を拝借)。
- - - - -
PC (仮想マシン) を再起動。
- - - - -

Windows6.0-KB971512-x86.msu (IE 9 の前提)の手動インストール。
Windows6.0-KB2117917-x86.msu (IE 9 の前提)の手動インストール。
- - - - -
PC を再起動
- - - - -
IE9-WindowsVista-x86-jpn.exe (IE 9)の手動インストール。
- - - - -
PC を再起動。
- - - - -
Windows6.0-KB960568-x86.msu (BITS 4.0) のインストール。
Windows6.0-KB968930-x86.msu (PowerShell 2.0 と WinRM 2.0) のインストール。
Windows6.0-KB947821-v35-x86.msu (システム更新準備ツール) のインストール。
- - - - -
PC を再起動
- - - - -
wuapp から Windows Update の確認を実行して、 「新しい Windows Update ソフトウェアをインストール」。
Windows Update アプレットが再起動して、確認が始まるけど、「設定の変更」で「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」に変更。
- - - - -
PC を再起動 (Windows Update の初回確認途中だけど)
- - - - -
Windows Update を手動で実行(初回)。4 時間以上たっても進まず断念。- - - - -

昨年の 4 月とか 5 月に話題になった、KB3145739 や KB3153199 で進む説も、もう効果なし。
- - - - -
試行錯誤&Web検索していて、ようやく、以下のすてきな情報にたどり着きました。

パソコンりかばり堂本舗|解決!7とVista更新プログラムの確認が終わらない対策まとめ
[URL] https://www.ikt-s.com/howto-check-for-update-rollup/

こちらのページを参考に、Microsoft Update Catalog (https://catalog.update.microsoft.com/) で「Vista 319203」みたいに検索して、以下の更新プログラムをダウンロードし、インストール。

  • KB3191203 
  • KB3197655 (IE 9 用)
  • KB3203621 (IE 9 用)
  • KB3203859
  • KB3204723 (ここでまとめて再起動)
3/15 追記) Windows Update 進まない病が再発症。以下の更新を手動インストールで解消。
  • KB4012497 (ここで再起動)
  • KB4012204 (ここでも再起動)
4/12 追記) Windows Update 進まない病が再発症(たぶんこれが最後)。 以下の更新を手動インストールで解消。
  • KB4015195 (KB3204723とKB4012497の内容を含むので上記の2つはスキップできると思います。ただし未確認!)(ここで再起動)
  • KB4014661 (IE 9 用、 KB3197655とKB3203621の内容を含むので上記の2つはスキップできると思います。ただし未確認!)(ここで再起動)
Windows Vista、最後の更新(たぶん)と猶予なしで無効になる MSE

- - - - -
PC を再起動
- - - - -
[14:06] Windows Update を手動実行。
[14:18] 211 個の更新 (633.0 MB - 646.1 MB、実際には643.7 MB)をわずか 12 分で検出完了。 ありがたや“パソコンりかばり堂本舗”さん。

[14:56] ダウンロード完了(631.6 MB、複数台同時に Update していたので時間がかかっちゃいました)&インストール開始。

[16:49] インストール完了(成功:210、失敗:1)& PC の再起動。
- - - - -
その後、重要な更新プログラムが検出されなくなるまで Windows Update & PC 再起動。

2 回目: 4 個(84.5 MB)、要再起動。
3 回目: 7 個(12.3 MB)、再起動不要。
4 回目: 0 個
ここまで、更新の確認に何時間もかかるということはありませんでした。
 - - - - -
Microsoft Security Essentials のインストール&更新&初回スキャン。

※ Windows Update の時間を余計に長くすると思い、最後にインストールしました。来月になると、Microsoft Security Essentials は Vista にダウンロードできても新規にインストールできなくなるかもしれないので (Windows XP のときみたいに)、必要ならお早めに。ただし、数か月後にWindows Vista のサポート終了と同時にサービス停止されて無効化される (Windows XP のときみたいに)と思いますが...

→ 参考:Windows Vista に終了のお知らせ(MSE から)
- - - - -
Windows Updateの設定を「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」に変更。
- - - - -
脆弱性問題があるサイドバーガジェットを無効にする。


Windowsサイドバーガジェットの悪用からWindows VistaおよびWindows 7コンピューターを保護する方法
[URL] https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/dn261332.aspx

Fix It はもう提供されていないっぽいので、手動で。次のコマンドラインを管理者として実行するでも OK。
REG ADD HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Windows\Sidebar /v TurnOffSidebar /t REG_DWORD /d 1 /f

- - - - -
最後に、Hyper-V 統合サービスは最初に vmguest.iso でインストールした 6.3.9600.18398 のまま。やっぱり、Windows Server 2008 SP2 と Windows Vista SP2 には、Windows Server 2016/Windows 10 Hyper-V の統合サービス(KB3063109 が最新だと思う)は提供されませんね。

今回は Vista SP2 のフレッシュインストール+IE 9 からでしたが、Windows Update がスタックしちゃって数か月更新されていなかった別の仮想マシンも 5 つの更新プログラムの手動インストールで更新できました。

0 件のコメント: