2020/10/28

お先に Windows 10 の Flash にバイバイしようと思ったけれど...(追記あり)

※ 適切に Windows Update してれば、来年初めには勝手に削除されるはずですので、このパッチに飛びつく必要性はまったくありません。心配な人は削除じゃなく、無効化しておけばいい話。また、この削除パッチはアンインストールできない(=IEや旧EdgeのFlash復活できない)ことにも注意。

現在、Microsoft Update Catalog からのダウンロード提供のみ。お先にバイバイしようかなと思ってダウンロードしようとしたら、公開されたのは Windows 8.1/10 ver 1909 以前と Windows Server 2012/2012 R2/2016/2019 向け。10/28 JST 時点で ver 2004/20H2 向けは見当たらない。(出てました。Update Catalog の 2 ページ目にあった。以下の KB の Applies to から抜けてるけど)

Update for the removal of Adobe Flash Player: October 27, 2020
https://support.microsoft.com/en-us/help/4577586/update-for-removal-of-adobe-flash-player

Window 10 ver 1909 の場合、「Windows 10, version 1903 and later」向けの KB4577586 で OK。「1903 and later」だけど、ver 2004/20H2 にはインストールできない(”この更新プログラムはお使いのコンピューターには適用できません”って言われておしまい)。ver 2004/20H2 の場合は、「Windows 10, version 2004 and later」。

ver 1909 before update(IE の Flash は既に自分で無効化してあります)(Chromium 版 新 Edge は edge://settings/content/flash で無効になっていること確認)

update now

after update

あでぃおす Flash。

Chromium な新しい Edge にインストールされちゃった(Flash ブロック/非ブロックに関係なく)Flash は削除してくれないみたい。edge://components で Adobe Flash が入っちゃってるとしても、Edge 任せておけば(ただし、Flash はブロックの設定で) 2020 年末過ぎたら五日のタイミングで削除されると思う。

更新プログラムの名称が「x64ベースのシステム(KB4577586)の Windows 10 Version 1903 用 Adobe Flash Player の削除に関する更新」となんか変ですが、英語だと「Update for Removal of Adobe Flash Player for Windows 10 Version 1903 for x64-based systems (KB4577586)」だから「x64ベース システム用 Windows 10 Version 1903 の Adobe Flash Player の削除に関する更新プログラム(KB4577586)」でしょうね。

あと、WSUS 向けは 2021 年初頭に利用可能になるらしい(現時点ではインポートで対応可能)。 2021-01 B くらいで自動更新で配布されることになると思うから、WSUS はその時と同時なのかな?

関連:
Adobe Flash 年末で EoS な件と、Windows Server 2019 と Adobe Flash [2020/09/14]
 

0 件のコメント: