2017/08/29

Office 365 トラブル解決: 君のバージョンは?

Office 365 ProPlus や Office 2016 のインストールのカスタマイズやポリシー管理のためのツールは、最新のものを使うことをお勧めします。現時点では、2017 年 6 月に出たのが最新だと思います。

Office 2016 Deployment Tool(Date Published: 6/19/2017、File Name: officedeploymenttool_8311.3600.exe)
[URL] https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

Office 2016 Administrative Template files (ADMX/ADML) and Office Customization Tool(Date Published: 6/14/2017、FileName: admintemplates_x86_4549-1000_en-us.exe/admintemplates_x64_4549-1000_en-us.exe)
[URL] https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49030


例えば、管理用テンプレートは、以前は「分岐の更新」(Update Branch)でしたが、今は「チャネルの更新」(Update Channel)になっています。また、以前は、Current とか Validation とか入力しなければいけなかった設定が、ドロップダウン リストから選択する形に変わっています。

ところで、Office Deployment Tool の利用例として、全部入りの Office 365 ProPlus から、特定のアプリケーションだけを選択的にインストールできるというものがあります。


こちらは、Office 2016 バージョンが出たときに書いた古い古い投稿ですが、この時からは状況がいろいろ変わってますので、あくまでも参考程度にしてください。

Office 2016 のアプリケーションを選択的にインストールしたい(2015/09/25) 

実は、この時、この方法で Office 365 ProPlus の一部だけをインストールし、更新してきた PC で、ちょっとした問題に遭遇しています。その問題とは、「ファイル」の「アカウント」からバージョンを確認できなくなってしまったということ。


この現象は、Current Channel なら 2017 年 4 月バージョン 1703 から、First Release は 2017 年 6 月のバージョン 1705 から発生すると思います。現在 1701 の Deffered Channel では現時点で発生しませんが、そのうち発症するはず。

発症しているバージョンでは、バージョン情報の表示場所が変わりました。たぶん、これが影響しているんだと思います。

Office 365 ProPlus の「最新機能提供チャネル」と「段階的提供チャネルの初回リリース」??? (2017/04/05)

バージョンを確認するには、「プログラムと機能」(Appwiz.cpl)の一覧にあるバージョン情報を見てください。







0 件のコメント: