2018/01/23

復活の数式エディターv3(消されてしまった Microsoft 数式 3.0 を緊急にどうにかしたい人向け)

1月のWindows Update(注)で数式エディターがぁと一部で騒ぎになっているようですね。編集するために、サードパーティ製の製品(の評価版)が紹介されていたりします。


Office 内の数式を編集するときのエラー
[URL] https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4057882/

日本マイクロソフト Office サポート チームのブログの以下のブログ記事には、“更新プログラムをアンインストールしても、数式エディター 3.0 は再追加されません。”と書いてありますが、クイック実行(Click-To-Run:C2R)版のOffice 2013/2016なら ...

数式エディター 3.0 の機能削除について
[URL] https://blogs.technet.microsoft.com/officesupportjp/2018/01/15/equationeditor3-0_removed_from_office/


(注:Windows の更新で削除されたわけではなく、Office の更新で削除されました。Windows Update による Office の更新で更新されたのはMSI版 Office。現在主流のC2R版はOffice自身の更新機能で更新されます。MSI 版の Office を利用している人、利用中の Office がどちらか区別できない人は、この記事を読まないで!)


クイック実行(Click-To-Run:C2R)版のOffice 2013/2016なら、影響を受けない以前のビルド(Office のビルドのこと、Windows のビルドは関係ない)にロールバックすれば復活できます(できました)。数式エディター 3.0(Microsoft 数式 3.0/Microsoft Equation 3.0オブジェクト)の削除は、セキュリティを理由としたものですし、他のセキュリティ修正にも影響するのでお勧めするものではありませんが、例えば、論文がぁ、卒論がぁと急いでいるなら、一時的にビルドを少し前にロールバックして編集&印刷してから、最新ビルドに戻すというのもありかと。ロールバックの方法は、次のブログ記事を参考に。

クイック実行版 (C2R/Click-to-Run) Outlook 2013/2016 の修正プログラムをアンインストールする手順について(Outlook Support Team Blog JAPAN)
[URL] https://blogs.technet.microsoft.com/outlooksupportjp/2016/03/20/c2rclick-to-run-outlook-20132016/

ロールバックしているところ(利用中の Office のバージョンやチャネルと違っていたり、誤ったビルド番号を指定しないように、ビルド番号はぼやかしてます)。

どのビルドに戻せばよいのかは、自分で調べてね。これに関係しているらしい CVE-2017-11882 対策は 2017 年 10 月のビルドから入ってますが、数式エディター 3.0 そのものが削除されたのはこの 1 月みたいです。どこまで戻せば完全復活なのかは知りませんのであしからず。

Office 365 client update channel releases
[URL] https://technet.microsoft.com/en-us/office/mt465751




復活の数式エディター3.0


とはいえ、数式エディター 3.0 が削除されてもオブジェクトの表示はできるんですから、影響が少数なら、目で見ながら標準の数式ツールに書き直したらどうでしょう。(無責任な発言でしたらごめんなさい。数式エディター 3.0 使ったことないもんで。)

・・・

この話題に関連して、Word には Latex 対応機能があるぞって話を聞いたと思いますが、Word の LaTeX syntax は、サブスクリプション製品の Office 365 アプリの月次チャネル(Monthly Channel)では July 27, 2017, Version 1707 (Build 8326.2058) (当時は Current Channel) から利用可能ですが、2018 年 1 月時点では半期チャネル(対象限定)(Semi-Annual Channel (Targeted)、旧称、First Release for Deferred Channel) と半期チャネル(Semi-Annual Channel、旧称、Deferred Channel)のどちらでも、まだ利用可能になってません。

Office 2016の新機能が見当たらない、再び――「LaTeX」のメニューはどこにある? @IT
[URL] http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1708/04/news018.html

0 件のコメント: