2022/06/14

明日は恒例の Windows Update(サポート上、IE 最後の日、ただし例外あり)

Internet Explorer(IE)のサポート終了が 6月16日(日本時間)というニュースを昨日見かけましたが、サポート終了は明日 6 月 15 日(米国時間、日本時間関係なく)だと思います。Microsoft のサイトで 16 日という情報は見当たらないですし、数年前からサポート期限にローカル時間は考慮されなくなったと思う(16日のソースは IPA? Win 7の EoS のときは終了日の訂正入った)。

明日は 6 月 のセキュリティ更新日(Bリリース)。タイミングがあれですけど、明日の B リリースで IE の無効化が行われるわけではないみたい。6月16日(日本時間)に無効化パッチが降ってくるなんてことももちろんない(と思う)。7 月以降の Bリリース(その前月の C リリース)で無効化されるらしいです。7 B(6 C)と決まっているわけでもなく、段階的なリダイレクト措置の後なので数か月先かもしれない。IE のサポートは明日終了なので、さよなら IE なことには変わりなし(Windows/Windows Server LTSC を除く)。

https://blogs.windows.com/japan/2022/02/21/internet-explorer-11-desktop-app-retirement-faq/

"2022 年 6 月 15 日以降、サポート対象外になった IE11 デスクトップ アプリケーションのユーザーを Microsoft Edge に段階的に移行します。IE11 デスクトップ アプリケーションは、数か月のうちに順次 Microsoft Edge にリダイレクトされます。また、その後の Windows 累積更新プログラムにより、IE11 デスクトップ アプリケーションは無効化され、完全に使用できなくなります。ユーザーをリダイレクトして Windows 更新プログラムをロールアウトする適切なタイミングについては、複数の要因に基づいて評価します。注: この対応は、2022 年 6 月 15 日以降、いつでも適用される可能性があります。"

 

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

管理者のサポート終了のイメージだと「このままではセキュリティ上明らかに問題がある状態」の感じなので
今回の、すぐに停止しないで今しばらく起動できる。しかもIEモードのコンポーネントなので来月以降も引き続きセキュリティパッチは受信する。
ということを考えると、いつリダイレクトされるか分からなくなっただけで終了という感じはしませんね。
起動を保証しないことをサポート終了というんだよと言われればそうですが。