2012/03/23

System Center 2012 RC > 仮想環境だけで Exchange ActiveSync

いまどき、スマート フォンを持っていないと、IT プロっぽい評価に制約があることも。私は、スマート フォンを持っていません。そんな私でも、System Center 2012 Configuration Manager RC1 のExchange ActiveSync 連携機能を試すことはできます。

Hyper-V の仮想環境に、System Center 2012 Configuration Manager RC2 と Exchange Server 2010 SP1 の環境を構築し、さらにモバイル デバイスも仮想環境に準備して、Exchange ActiveSync 経由によるモバイル デバイスの管理環境を作ったのです。疲れましたが、できました。以下にヒントなど...


Windows Phone 環境は、Windows Phone SDK 7.1 の Windows Phone Emulator です。電子メール (Email) アプリを動かす方法は、ネットで検索するとわかるかも。



Android 環境は、Android-x86-2.2-generic.iso を使いました。Virtual PC Guy's Blog さんのブログを参考に、Windows Virtual PC 内に作成しました。Windows Virtual PC で動かす場合、GUI が乱れるので、grub/menu.lst のエントリを DPI から vga=788 に変更しました (この変更のために、/system as read-write? は Yes に)。Hyper-V 仮想マシンの場合は、この対応は不要です。

0 件のコメント: