2010/06/23

社内 SharePoint サイトを使って PowerPoint 2010 のブロードキャストスライドショー

今日は、PowerPoint 2010 の新機能「ブロードキャスト スライド ショー」についてのメモ。

ブロードキャスト スライド ショーは、PowerPoint Broadcast Service というマイクロソフトが提供するパブリックなサービスを利用して、インターネットを介して1人以上の人にスライドショーをブロードキャストする機能です。詳しくは、こちら (マイクロソフトのサイト) を参照のこと。

プレゼンテーションを開始する側は PowerPoint 2010 のリボン UI からブロードキャストを開始することができます。このとき、PowerPoint Broadcast Service に接続するために、Windows Live ID によるサインイン認証が必要です。

ブロードキャストの準備が整うと、専用の URL が生成されるので、この URL を電子メールなどでプレゼンテーション対象者に配布し、Web ブラウザーでアクセスしてもらいます。この機能は、Office Web Apps の PowerPoint Web App を利用しているため、プレゼンテーションを受ける側は、Web ブラウザーだけが必須です。Web ブラウザーとしては、Internet Explorer 7 以降 (Windows)、Safari 4 以降 (Mac OS X)、Firefox 3.5 以降 (Windows/Mac OS X/Linux) が使用できます。また、受信側には Windows Live ID は必要ありません。

ブロードキャスト スライドショーは、生成された URL を知っていれば誰でも見ることができます。認証も不要なので、セキュリティは一時的な URL の複雑さだけです。コンテンツにはプレゼンテーション側のスライドショーの開始から終了までの間しかアクセスできませんが、それでも機密情報を含むプレゼンテーションには向いていません。

企業でブロードキャスト スライド ショーを利用したい場合は、Microsoft Office 2010 のボリュームライセンスに含まれる SharePoint Server 2010/SharePoint Foundation 2010 用の Office Web Apps を利用することをお勧めします。 このバージョンの Office Web Apps は、SharePoint サイトに Office Web Apps の機能を追加するものですが、PowerPoint Broadcast Service のプライベート版サービスであるPowerPoint ブロードキャスト サイトも提供します (スタンドアロン サーバーに Office Web Apps をセットアップすれば自動的に構成されます) 。

PowerPoint Broadcast Service 以外のブロードキャスト サービスは、ブロードキャスト開始時に指定することができます。開始側、受信側ともに SharePoint サイトへの認証が必要で、ユーザーやグループによるアクセス制御が可能です。Office 2010 の管理者テンプレートを利用すれば、ブロードキャスト サービスの指定や PowerPoint Broadcast Service の無効化などを集中管理できます。

さて、ブロードキャスト スライド ショーは、シンプルで、手軽で、特別なものを準備する必要がないので便利そうです。しかし、以下のような制約があります。

  • オーディオ再生できない
  • ビデオ再生できない
  • スライド切り替えはフェード インだけ
  • スライドショー実行中にインクツールを使えない
  • スライド上の ActiveX コントロールは動かない
  • スライド上のハイパーリンクをクリックしてもリンク先に飛ばない
オーディオ再生ができないということは、遠隔地の人にプレゼンテーションする場合、電話や電話会議などと組み合わせなければプレゼンテーションにならないでしょう。プレゼンテーション中の発表者の声をどう伝えるかというだけではありません。スライドショーの開始のタイミングを合わせて、それまでに Web ブラウザーで URL を開いていてもらわないとプレゼンテーションは成立しません。プレゼンテーションに参加(受信) しているかどうか確認する方法もありません。会議ソフトとの組み合わせも考えられますが、そもそも会議ソフトには、プレゼンテーションのような機能が含まれているはずです。

というわけで、この機能をぜひ活用したいという場面はあまりないかもしれません。思いつくとしたら、パソコン教室のような場所で、PC の画面にプレゼンテーションを表示するといった使い方でしょうか。あるいは、プロジェクターにつながっている端末が PowerPoint なしの Mac (一度経験あります) だったというときに、Web ブラウザーに表示させて、急場をしのぐとか...

以下、SharePoint 用の Office Web Apps のインストール方法と管理者テンプレートへのリンクです。

0 件のコメント: