2016/12/07

Windows 10: Windows Update に検出されてしまった機能更新をブロックするのが厄介

Windows 10 Home バージョン 1511 (ビルド 10586) を検証用に残しておこうと、新規インストールして構成していたら、Windows 10 の自動更新機能ですぐにバージョン 1607 (ビルド 14393) が検出されて、ダウンロードを始めてしまいました。

Windows 10 Home は Windows Update が自動更新しかないので (*1)、Windows 10 Home の場合、ダウンロードが始まってしまった機能更新をキャンセルして、以後、インストールされないようにするのはちょっと厄介かもしれません。成功した方法をメモ。

---
*1 Windows 10 Home の場合、Windows Update サービスのスタートアップを「無効」にする方法はありますが、レジストリ設定とかで自動更新を手動に切り替えることはできません。ポリシー設定と同じレジストリ設定を行う GUI ツールを出している方がいるみたいですが、Windows 10 Home には効き目が無いと思います。

2016/12/06

新刊のお知らせ『Windows Server 2016テクノロジ入門 - 完全版』

新刊『Windows Server 2016テクノロジ入門 - 完全版』のご案内です。2015年に出版され『Windows Server 2016テクノロジ入門 - Technical Previewエディション』とお間違え無く。


マイクロソフト関連書「Windows Server 2016テクノロジ入門 - 完全版」
著者: 山内和朗
価格 : 5,400円(本体5,000円+税)
ISBN : 978-4-8222-9856-2
発行元 : 日経BP社
発行日 : 2016/12/27 (2016/12/23 頃に発売)
日経 BP 書店Amazon.co.jp


Technical  Preview エディションをご購入された方、先月の某イベントで配布されたプレビュー的な冊子をお持ちの方には、こちらのアカウント (https://twitter.com/NikkeiBP_MSbook ) をチェックしていただけると、何かお得情報があるそうです。
(PR)

追記) 日経 BP 書店に購入ページができました。http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P98560.html (特典もこちらから)

(PR)

2016/11/30

Compare Windows 10 Enterprise and Education

Windows 10 Education (および Pro Education) は教育機関向けなので、教育機関にいない身としては触れる機会が得られないのですが、以下のドキュメントによると、Windows 10 Education は Cortana が搭載されていない以外は Windows 10 Enterprise と同じになっています。

Compare Windows 10 Editions
[URL] https://www.microsoft.com/en-us/WindowsForBusiness/Compare

Windows 10 editions for education customers
[URL] https://technet.microsoft.com/ja-jp/edu/windows/windows-editions-for-education-customers

Windows 10 Education にちょっとだけ触れる機会があったので、気になっていた点を確かめてみました。まずは、Cortana の件。確かに Cortana は Education の中にはいませんでした。↓ の Enterprise の Cortana さんがおかしなこと言っているのは、たぶん ネットに接続していないから。


[Windows の機能の有効化または無効化]の機能のリストを比較してみると、1 つだけ異なる点を発見。Education にはコンテナー (Containers) の機能がありません。


以下のドキュメントを見ると、確かに、コンテナーのシステム要件には Education は入ってませんね。ずっと記載忘れだと思っていましたが、本当に Education はコンテナーの対象外でした。

Windows Containers on Windows 10
[URL] https://msdn.microsoft.com/en-us/virtualization/windowscontainers/quick_start/quick_start_windows_10

Prerequisites:
・ One physical computer system running Windows 10 Anniversary Edition (Professional or Enterprise).

2016/11/25

Windows 10 のオンライン ヘルプがコレじゃないの件

Windows 10 でエクスプローラーのヘルプ (?) をクリックすると、Bing に検索するだけで、意味ないじゃんと思っていましたが...








英語言語パックを入れて、表示言語を英語にすると、あら不思議...

2016/11/16

NETDOM TRUST がなんかおかしい (日本語環境だと SID 履歴を有効化できない?)

Windows Server 2016 の Active Directory で、外部の信頼に対して SID 履歴や SID フィルターを構成しようとすると、日本語環境だと思い通りにいかないような気がします。/quarantine:yes or no、/enablesidhistory:yes or no が何もしてくれていないような。どちらも、yes or no を指定しないと現在の値を表示します。

以下の画面は、SID 履歴を有効化しようとしているのに、「SID 履歴はこの信頼に対して無効になっています」と現在の値を表示しているだけのよう。本当は、「この信頼に対して SID 履歴を有効にしています」となってくれるはずなんですが...

何度試しても期待どおりにいかないので、なんとなく CHCP 65001 (コード ページを UTF-8 に変更) を実行してからやってみると、期待どおりに設定されます。

現在の設定の表示に関しては、CHCP 932 (日本語) でも正しいようです。


Windows Server 2012 R2 のときにも同じ問題に遭遇したような気がします。数年越しの解決。ただし、正しい解決策かどうかはわかりません。また、NETDOM TRUST がおかしいのは、うちの環境だけの問題または気のせいかもしれません。

この設定、Microsoft Identity Manager 2016 の Privileged Access Management (PAM) に必須のものなんですが、ここで数日間足踏み。ようやく次に進めます。

手順 5 - PRIV フォレストと CORP フォレスト間に信頼関係を確立する
[URL] https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoft-identity-manager/pam/step-5-establish-trust-between-priv-corp-forests


ところで、このページにある netdom のコマンドラインが間違ってますね。この間違いに気づいても、例の問題で先に進めず、何が正しいのか訳が分からなくるのでした。(追記: 英語のページ /en-us のほうには間違いの指摘コメントがありました)

2016/11/09

Windows Container Base OS Image 10.0.14393.447

本日は恒例、定例の Windows Update の日でした。Windows 10 Anniversary Update と Windows Server 2016 は、累積的な更新 KB3200970 でビルド 14393.447 (10.0.14393.447) になりました。C2R の Office 2013/2016 にも更新がありますのでお忘れなく。また、Windows 10 Anniversary Update と Windows Server 2016 で Windows コンテナーを試してみてるって人は、ベース OS イメージの latest が 10.0.14393.447 になっています。

docker pull microsoft/nanoserver
docker pull microsoft/windowsservercore


で latest バージョンを取得できます。

2016/11/08

SharePoint Foundation 2013 SP1 and Windows Server 2016 combo is NG or OK ?


(公式サポートは無いかもしれませんが、Windows Server 2016 に SharePoint Foundation 2013 SP1 をインストールできたという話です)

SharePoint Server 2016 は既にリリースされていますが、その無料版である SharePoint Foundation のバージョン 2016 版は出ないみたいです。SharePoint Foundation 2013 SP1 が最後に?

SharePoint Server 2016 で使用されなくなった機能と削除された機能
[URL] https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt346112%28v=office.16%29.aspx

Windows Server 2012 が出たときもいろいろありましたが(↓)、Windows Server 2016 でさらに厄介に。