2017/10/18

Windows Server 1709 と Windows 10 ver 1709 と Hyper-V

MSDN サブスクライバー(やボリュームライセンス) で、Windows 10 Fall Creators Update バージョン 1709 と Windows Server 1709 (Current Channel) のメディアが利用可能になりました。いずれも新規インストールで 10.0.16299.15、その後のWindows Update のKB4043961で16299.19になります。

Windows Server Current Channel は Server Core だけなので、とりあえず Windows Server 2016 Hyper-V 環境の 2 台の仮想マシンに Windows Server 1709 と Windows 10 Enterprise 評価版とセットアップして、Windows Server 1709 の Hyper-V および Hyper-V 管理環境を作ってみました。仮想マシンの構成バージョンは 8.2。



スタンドアロンだと Hyepr-V の認証まわりのセットアップが面倒そうなので(Server Core だとなお面倒)、どちらも Active Directory ドメインに参加させて、ドメインの Administrator で接続すれば、Hyper-V のリモート管理については何も設定不要。

Docker 環境をセットアップすれば、1709 バージョンの microsoft/windowsservercore(タグ:1709)と microsoft/nanoserver (タグ:1709)も利用できるようですが、公式ドキュメントがまだ Insider Preview ベースなので、もう少し様子を見ますです。Linux コンテナーのサポートは、やっぱりまだプレビューのようです。

Windows 10 バージョン 1709、ビルド 16299.19 の Sysprep イメージの作成

Windows 10 Enterprise Fall Creators Update バージョン 1709 の新規インストールで、何も考えずにインストール後に Windows Update をかけ、Sysprep すると、毎度のエラーが発生。

バージョン 1703 と同じおまじないで、Sysprep を成功させることができました。タスク無効化とポリシー設定のどちらが効いているのかわかりません。ポリシー設定のほうは、Education と Enterprise だけが適用対象になっています。

Windows 10 バージョン 1703、ビルド 15063.13 の Sysprep イメージの作成(2017/04/06)
Windows 10 バージョン 1607、ビルド 14393.105 の Sysprep イメージの作成に失敗と成功(2016/09/01)

2017/10/11

定期: Patch Tuesday-本日の Windows Update & Office Update (注! Server 2016 はフルダウンロードですぞ)

10/18 追記) Express インストールの問題を修正した ver 1607 向けの KB4041688 が Microsoft Update Catalog からのダウンロード提供のみで行われましたが、別の Known issues (UWP アプリのストップ、Office の DB 接続、テキストサイズを大きくすると IE が NG  ) がたくさんあるみたいなのでご注意。同じ問題はKB4041691にも追加されていますけど。

October 17, 2017—KB4041688 (OS Build 14393.1794)
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/help/4041688


10/11 は恒例の、そして恐怖の Windows Update の日。何かイレギュラーなことがあったらこのページ更新します。

Windows 10 ver 1703
October 10, 2017—KB4041676 (OS Build 15063.674)
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/help/4041676
Windows 10 ver 1607 & Windows Server 2016

October 10, 2017—KB4041691 (OS Build 14393.1770)
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/help/4041691


どちらも既に気になる Known issues in this update があるので、先に確認することをお勧めします。Windows 10 ver 1607 & Windows Server 2016 は Windows Update 関連の問題あり??? 

"After installing this update, downloading updates using express installation files may fail. ""Note: KB4041691 is not available with express installation files for Windows Server 2016."って書いてあるけど、Windows Server 2016 は Express インストールではなく、フルダウンロード&インストールになるのかな?だとしたらダウンロードサイズ1.15GB。

2017/10/04

Office 2016 VBA 問題の続報(修正版リリース)

10/12 追記) ※この VBA 問題は最新バージョンで修正されましたが、10 月の"Windows 向け"の累積更新が原因で、何やら VBA 関連の問題(ODBC 接続?) が発生しているようです(詳しくは知りません、噂を目にしたので)。が、そちらはこちらの ↓ の問題とは無関係です

Excel 2016 ver 1708 の重大な問題...に遭遇(追記あり)」(2017/09/28) で書いた 2017 年 9 月の Office 2016 Monthly Channel と Semi-Annual Channel (Taregeted) バージョン1708 で発生する VBA の問題ですが、影響を受けるところはことごとく受ける(受けないところは全く関係なし)ので、大きな問題だと思い、@IT さんで記事化しました。

最新Office 365でマクロ/VBAの問題が発生――「Semi-Annual Channel(半期チャネル)」で助かったという話 @IT (2017/10/04)
[URL] http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1710/04/news015.html

で、その続報。

Office 365 client update channel releases ([URL] https://technet.microsoft.com/en-us/office/mt465751) を見ると、この問題の修正を含むと思われる Version 1708 (Build 8431.2094) の情報が出ています。
Office suite: Non-security updates
    Fix an issue where some VBA modules which have names with double-byte characters can't be opened.
実は、このリリース情報、現在は October 3, 2017 付けになっていますが、昨日の時点からありました。

昨日の夕方(10/3 JST)





今日の早朝 (10/4 JST)

日付だけ変わってる...



で、更新をかけてみても? (10/4 9:45 JST)

コンテンツデリバリーネットワークの関係かな?なんて思い、クラウド上の仮想マシン(米国リージョン)の環境から更新してみても 8431.2079 が最新と言われる。

どうなってるの???

追記)
2017/10/4 Update
Monthly Channel に修正を公開しました。16.0.8431.2094 で修正されています。ただし、現時点ではまだ、自動更新や、Office アプリケーション画面の [今すぐ更新] からはこのバージョンに更新されません。順次作業を進めていますが、現時点で 16.0.8431.2094 に更新するには...
[URL] https://blogs.msdn.microsoft.com/office_client_development_support_blog/2017/08/23/ver1708-issue-japanesenamevbamodule/

だそうです。

10/15 追記)
Office の更新機能でも更新できるようになりました(Monthly Channel のみ)。修正版がきたからといって、既に失われてしまったコードたちが戻ってくるわけではありません。永久にさよならです。

で、またリリースの日付が謎のインクリメント。

Semi-Annual Channel (Targeted) 向けの修正バージョンは、Patch Tuesday に合わせて(10/11またはそれ以降)て提供されると予想(あくまでも個人的な予想)。Semi-Annual Channel (Targeted)は、Semi-Annual Channel(Targetedなし)のために、まさにこのような問題を吸収するためのパイロット展開用チャネルなのでね。

10/11 追記)Semi-Annual Channel (Targeted) 向けの修正バージョンが出ました。

Semi-Annual Channel(Targeted) ・・・ October 10, 2017 Version 1708 (Build 8431.2107)
"Fix an issue where some VBA modules which have names with double-byte characters can't be opened."

2017/09/28

Excel 2016 ver 1708 の重大な問題...に遭遇(追記あり)

(続報: Monthly Channel に October 23, 2017 Version 1708 (Build 8431.2094) が来るみたいで、 "Fix an issue where some VBA modules which have names with double-byte characters can't be opened."ってなっていますが、10/4 5:20 JST 現在まだこない)

Office 365 の Monthly Channel と Semi-Annual Channel (Targeted) に 9 月にバージョン 1708 が提供されました。

が...

こんな(↓)問題があることに、問題に遭遇してから気付きました。(というのは嘘で、書籍付録 Excel ファイルの作成元からのメール通知で気付きました)。

Office 2016 バージョン 1708 以降で日本語の VBA モジュール名を含むファイルを開くとエラー
[URL] https://blogs.msdn.microsoft.com/office_client_development_support_blog/2017/08/23/ver1708-issue-japanesenamevbamodule/
"この動作は製品の問題と判断しており、現在弊社内で対応方針について検討を行っています。" "この動作は製品の問題と判断しており、現在弊社内で修正に向けた作業を行っています"(9/28 更新)

日本語(末尾が)のモジュール名やフォーム名を持つ Excel ファイルで、Excel の ファイル > アカウント のバージョン情報で、「バージョン 1708 ... 月次チャネル」「「バージョン 1708 ... 半期チャネル(対象限定)」となっているものが影響を受けます。Semi-Annual Channel(現在はバージョン 1705 ... 段階的提供チャネル) には来年1月頃にバージョン 1708 がやってくると思います。

ロックされた Excel ファイル(有料)で、サポート切れのやつなので、なんとかしてほしい。(Excel 2013 環境残しておいて、ほんとによかった)(ほんとはメインの PC だけ Deferred Channel だから影響してないんだけどね)

Excel ベースの商用アプリや顧客アプリを作っているとこ、大変そうですね。何年も前に納品したアプリでこの問題が出て、作った人は誰かわからず、お金ももらえない...なんてね。  

"プログラム コード(データを除く)やユーザー名は半角英数字だけで書くのが安心"

9/29 追記)
この問題、結構重大(日本では)だと思うのですが、以下のリリース情報のページには一切記述なし。いまのところ、公式情報は上記のブログだけかも。回避策が自動更新停止って、いつまで停止することになるのでしょう。英語圏の人には関係ないので、修正の優先順位低かったりして。企業の場合は、Semi-Annual Channel(Deferred Channel)にするのがコマンドラインでバージョンを戻すより簡単ですし、今後も安心かもです。

Office 365 client update channel releases
[URL] https://technet.microsoft.com/en-us/office/mt465751

 切り替えは、グループポリシーでチャネルを変更して、ポリシー展開してから、Office を手動で更新すればちゃっちゃと終わると思います(全ダウンロード入れ替えなので、時間は新規インストールと同じくらいかかるはず)。 そういえば、ポリシーテンプレートが 8 月末に新しくなっていて、新しいチャネル名称に対応していました。

Office 2016 Administrative Template files (ADMX/ADML) and Office Customization Tool(Date Published:8/31/2017)
[URL] https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49030



2017/09/26

Azure Cloud Shell PowerShell も Pulic Preview に(たぶんこれは Windows Srever コンテナー)

Azure Cloud Shell の PowerShell シェル環境 (Azure PowerShell 入り) がパブリック プレビューになりました。既定は Bash ですが、簡単に PowerShell に切り替えることができるようになっています。

同じくパブリック プレビュー (2017 年 5 月から)の Bash シェル環境と比べると、起動にちょっと(というか結構)時間がかかります。

その理由を想像... 

2017/09/19

Windows 10 ver 1703 向けの 9 月の累積的な更新 KB4038788 の問題

Windows 10 Creators Update (ビルド15063、バージョン1703)向けの 9 月の累積的な更新 KB4038788 で、更新後に画面が真っ黒になる問題が Known issues in this update に追加されました。Microsoft Edge のパフォーマンス(または応答なし)問題とあわせて、次の更新で修正されるそうな。

September 12, 2017-KB4038788 (OS Build 15063.608)
Last Review: Sep 19, 2017 - Revision: 40
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/help/4038788

"Some users may experience a black screen on their device for 5-10 minutes upon rebooting the OS. After this time, the user will regain use of their device. This issue is triggered on every reboot.  "

現時点での回避方法はこちら(要レジストリの編集)。黒い画面になっちゃったらこの回避策を講じるのは一苦労なような気が...(私はこの問題に遭遇していないので何とも言えませんが、PC のリフレッシュとか再インストールとか前のバージョンに戻すとかする人、した人、勧めるサポートの人とか、多いんでしょうね)。

Some OEM factory images causing devices to black screen
Last Review: Sep 19, 2017 - Revision: 8
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/help/4043345


9/23 追記) 黒い画面問題については修正パッチ(個別パッチ x64 294 KB、x86 296 KB) が出ました。

9/27・28 追記) KB4038788 に起因する Microsoft Edge のパフォーマンス問題の修正を含む更新プログラム KB4040724がリリースされています。Microsoft Update カタログでの提供のみ (KB4040724 は累積的な更新だから巨大 x64 935.0 MB、x86 549.1 MB)。訂正、Windows Update でも配布されていました。ビルドは 15063.632 に。