2012/12/20

Windows Intune がバージョン アップしたらしい (iTunes for Windows の話ではないです)

マイクロソフトのクラウド ベースの管理サービス Windows Intune がバージョン アップしようとしてます。Wave D、December 2012 、あるいは 2012 年 12 月リリースと呼ばれるもの。Windows 8 Pro/Enterprise、Windows RT、Windows Phone 8、および iOS (Exchange ActiveSync ではなくダイレクト管理で) が新たにサポートされました。ちなみに、これまでのバージョンは、2012 年 6 月リリース (Wave C) でした。

Windows Intune の日本語サイトは以前のままですが、英語サイトは既に Windows 8/Windows RT/Windows Phone 8 対応な感じになっています。


こちら (↓) の情報によると、Wave D は 12/17 or 18 頃にリリースされたようです。その後に新規購入または新規無償トライヤル (30日間) を申し込んだ場合、Wave D バージョンをすぐに利用できるようです。既存のユーザーは、2013 年 1 月中旬に移行になる“らしい”です。

Microsoft's Windows Intune: How 'Wave D' changes the mobile-device management game
[URL] http://www.zdnet.com/microsofts-windows-intune-how-wave-d-changes-the-mobile-device-management-game-7000009027/

今日、トライヤルを申し込んだものが左の画面。Wave D はロゴが新しい Windows のものに変わっています。右が Wave C。


Windows 8 Pro/Enterprise (Windows 8 無印はサポートされない) の会社のポータルは、これまでの Web ベースから、Windows ストアを通じて提供される「会社のポータル」アプリに変更。このアプリは既に  Windows ストアに公開されています (無料)。Windows Phone 8 には「Company Portal App」がダウンロード センターで公開されています。ただし、このWindows Phone 8 のアプリ、Symantec から Windows Phone 8 コード署名証明書 (有料) を取得して、署名しないと使えないみたい。そういえば、Verisign っていつのまにやら Symantec に買収されてたんですね (→日本ベリサインはシマンテックの一員です)。

そのほか、アプリを配布するために、Windows RT にはサイドローディング キー (ボリューム ライセンス契約者限定?) が必要で 、iOS には APNs (Apple Push Notification Service) 証明書が必要。モバイル デバイス管理 (MDM) って、いろいろと面倒です。Windows Intune の無料トライヤルでは、この辺の評価はできそうもないですね。

Windows Intune Wave D の情報を先取りしたい場合は...
What’s New in Windows Intune December 2012
[URL] http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=29428
Windows Intune Guetting Started Guide - December 2012 Release
[URL] http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=26706
Documentation Library for Windows Intune (Applies To: Windows Intune December 2012 Release)
[URL]  http://technet.microsoft.com/en-us/library/jj676587.aspx

0 件のコメント: