2011/01/08

Forefront Endpoint Protection 2010 ってどう!? (その3)

Microsoft Forefront Endpoint Protection (FEP) 2010 と Microsoft Security Essentials (MSE) 2.0 は、マルウェア対策エンジンとしての機能はまったく同じ (たぶん) と書きましたが、やっぱり同じでした。ついでに、Windows Intune (ベータ) のマルウェア対策ツール、Windows Intune Malware Protection もたぶんそうなると思います。


FEP 2010 のプログラム ファイル (C:\Program Files\Microsoft Security Client) の内容はこんな感じ。

MSE 2.0 のプログラム ファイル(C:\Program Files\Microsoft Security Client) の内容はこんな感じ。FEP 2010 にある MOF ファイル群と DCMNotifiler.exe がありません (SCCM の必要な構成管理のためのコンポーネントだと思います)。DLL も少な目です。ですが、存在するものは、FEP 2010 と共通しています。Malware フォルダーの中身は、まったく同じようです。

FEP 2010 のオンライン ヘルプはこんな感じ。

MSE 2.0 のオンライン ヘルプのお内容はこんな感じ。ほとんど、製品名を入れ替えただけです。

MES 2.0 にも ConfigSecurityPolicy.exe がありました。そこで、FEP 2010 のポリシー ファイルを適用してみました。ちゃんとポリシー設定ができています。

MSE 2.0 でも裏ワザでポリシー管理ができるなどと思わないように。個人利用目的および10台以下の小規模ビジネスで、ポリシー管理は必要ないでしょうし。

ところで、FEP 2010 と MSE 2.0 は、結局、どこが違うの? というのを知りたい方は、過去の投稿をご覧ください。

Forefront Endpoint Protection 2010 ってどう!? (その1)
Forefront Endpoint Protection 2010 ってどう!? (その2)

ちなみに、Windows Intune サービス(現在、ベータ) で提供される Windows Intune Malware Protection は、FEP 2010 や MSE 2.0 と同じ UI になっています。プログラム ファイルの構造は違いますし、機能も少ない (例えば、ネットワーク検査システムがありません) ですが、これはまだベータ版だからかもしれません。正式版になれば、FEP 2010 や MSE 2.0 と同じものになるかもしれません。これは単なる想像です。FEP 2010 とアイコンが同じだから。

0 件のコメント: