2010/08/23

SLES 11 SP1 が Hyper-V サポート ゲスト OS リストに含まれない理由

Hyper-V のサポート ゲスト OS のリストが更新されたことは先日お伝えしましたが、SUSE Linux Enterprise Server (SLES) の最新の SLES 11 SP1 は含まれていません。これは、Linux ゲスト向けの統合サービスである Linux Integration Services v2.1 が、SLES 11 SP1 をサポートしていないことと一致しています。SLES 11 SP については、Linux Integration Services v2.1 の Read Me ドキュメントで Users of SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1 should contact Novell for a version of Linux Integration Services.” と記述されています。

SLES 11 SP1 には、「Microsoft Hyper-V drivers (hyper-v-kmp-*)」が標準で組み込まれており、Hyper-V 仮想マシン環境で標準でインストールされます。ここまでは、既に過去の投稿でも書きました。今回は最新状況を...


Microsoft Hyper-V drivers (hyper-v-kmp-*) のパッケージの説明によると、このパッケージは GPLv2 ライセンスで提供され、サポート レベル 3 (L3) で SLES 製品サポートの対象になっているみたいです (その辺は詳しくありません) 。

Microsoft Hyper-V drivers パッケージの情報
hyper-v-kmp-default (hyper-v-kmp-default-0_2.6.32.12_0.7-0.6.7.x86_64.rpm)
http://www.novell.com/products/linuxpackages/packageInfo.jsp?packageId=16252&platformId=5

hyper-v-kmp-default (hyper-v-kmp-default-0_2.6.32.12_0.7-0.6.7.i586.rpm)
http://www.novell.com/products/linuxpackages/packageInfo.jsp?packageId=13111&platformId=3
hyper-v-kmp-pae (hyper-v-kmp-pae-0_2.6.32.12_0.7-0.6.7.i586.rpm)
http://www.novell.com/products/linuxpackages/packageInfo.jsp?packageId=14237&platformId=3

SLES 11 SP1 に組み込まれているのはバージョン 0_2.6.32.12_0.7 ですが、2010/8/2 にバージョン 0_2.6.32.13_0.5-0.7.7 が公開され、オンライン更新 (YaST2) でアップデートされました。ちなみに、アップデートバージョンは、/etc/modprobe.d/hyperv_pvdrivers.conf のバグ修正だけのようです。Linux Integration Services (Linux IS v2.1) 相当の機能 (時刻同期、シャットダウン連携、SMP 対応) はまだです。

(9/21 追記) SMP 対応済みのようです。シャットダウン連携についても、hv_utils モジュールで対応できるみたいです。→ http://yamanxworld.blogspot.com/2010/09/sles-11-sp1-hvutils.html



関連する投稿
Linux Integration Services v2.1 for Windows Server 2008 Hyper-V R2 now on Web !! 
http://yamanxworld.blogspot.com/2010/07/linux-integration-services-v21-for.html
SLES 11 SP1 は Hyper-V 仮想マシンにインストールするだけで完了
http://yamanxworld.blogspot.com/2010/07/sles-11-sp1-hyper-v.html

0 件のコメント: