2017/05/30

Windows Server 2016 の評価版 ISO メディア(最新版)のサイズがすごい件(6.68 GB)

Windows Server 2016 の GA は 2016 年 10 月でしたが、そのとき提供されたインストール メディアはビルド番号 14393.0 (MSDN の日本語版メディア はja_windows_server_2016_x64_dvd_9327761.iso, 2016/10/13, 5.48GB)で、Windows Update すると 10.0.14393.321 またはそれ以降になるという感じでした。

Windows 10 Anniversary Update の Current Branch for Business 向けのリリース (November 8, 2016 - KB3200970https://support.microsoft.com/en-us/help/4001885) と同じビルド 14393.447 ベース(たぶん) にリレッシュされたメディアが MSDN や MVLC (MSDN の日本語版メディアは ja_windows_server_2016_x64_dvd_9720230.iso, 2017/01/13, 5.65GB)で提供されました。

2016 年 9 月に初めて提供された Windows Server 2016 180 日評価版のメディアは 14393.0 ベースでしたが、ふと、評価版のメディアもリフレッシュされているのではないかと思い、新たに日本語版 メディアをダウンロードしなおしてみたら、あらびっくり。なんと 6.68 GB (9 月に提供された評価版のメディアは 5.08 GB) 。半年で、たいそうお育ちになったことで。


このメディアで新規インストールしてみたら、インストール直後 14393.693 でした(以下の画面は Shift+F10 で途中で確認したものです)。1 月の累積的な更新プログラム January 10, 2017 - KB3213986 (https://support.microsoft.com/en-us/help/4009938) ベースですね。



ところで、仮想マシンの場合は、ISO メディアをそのまま接続すればいいのですが、物理マシンに新規インストールする場合は、「インストール用 DVD を準備できない(収まる光学メディアや光学ドライブを手元に準備できない)」「物理マシンが NTFS や ExFAT フォーマットの USB メモリから起動できない(install.wim が 1 ファイルで 4GB 超えだから FAT32 メディアは使えません)」など、さてどうしようかと悩むことがあるかもしれません。

そんなときは、こちらを参考にしてみては...

通常の方法でWindowsをインストールできない場合の“超抜け道的”対処方法(@IT)
[URL] http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1610/28/news025.html

ちなみに、最新評価版のメディア内の Sources\Install.wim (Standard/Datacenter×Server Core/Desktop Exprience の 4 イメージが入っている) のサイズは 5.76 GB(6,186,141,008 B)でした。NanoServer\NanoServer.wim は 170MBで、サイズもタイムスタンプ(2016/07/17)も以前のメディアと同じもの。ご成長の理由は、Install.wim の成長そのものです。

半年でこの成長(サイズ)ってことは、今後も正規版や評価版のメディアがリフレッシュされるとなると、いまでも片面 1 層 DVD (4.6GB)を超えていますが、片面 2 層 DVD も超えていきそうです。

どこまで成長するんでしょう。WaaS でビルドのバージョン アップがある Windows 10 とは違って、ビルド 14393.x のまま、メイン ストリーム サポートは 2022 年 1 月まで、延長サポートは 2027 年まで続くことになっていますが...



0 件のコメント: