2016/10/04

メモ: Windows Server バックアップのスケジュールをコマンドラインで作成する

Windows Server の[Windows Serverバックアップ] スナップインって、ローカルサーバー専用なんですよね(たぶん)。空のMMCにスナップインを追加してリモートに接続しようとしても、ファイアウォールの制限云々と文句を言われるだけ(ファイアウォール切ってても)。

コマンドラインからスケジュールを構成するには、WBADMIN.exe または PowerShell の WindowsServerBackup モジュールの Cmdlets を使うことになるのですが、結構厄介。C: ドライブだけのサーバーの[サーバー全体]をコマンドラインでやってみましたというメモ。メモ。

WBADMIN だと...

現在のスケジュールを削除:

WBADMIN DISABLE BACKUP

新しいスケジュールを作成: (C: だけのシステムのフルバックアップを F: に)

WBADMIN ENABLE BACKUP -addTarget:F: -Include:C: -allCritical -vssFull -schedule:00:00
新しいスケジュールを即実行:

WBADMIN START BACKUP

PowerShell だと...

現在のスケジュールを削除:

Remove-WBPolicy -All

新しいスケジュールを作成: (C: だけのシステムのフルバックアップを F: に)


$newpolicy = New-WBPolicy

Add-WBBareMetalRecovery -Policy $newpolicy
 

Add-WBSystemState -Policy $newpolicy
 

Add-WBVolume -Policy $newpolicy -Volume (Get-WBVolume C:)



$backuptarget = New-WBBackupTarget -Volume (Get-WBVolume F:)

(共有フォルダーに(バックアップするなら、-Volume ではなく -NetworkPath UNC かな?)

Add-WBBackupTarget -Policy $newpolicy -Target $backuptarget
 

Set-WBSchedule -Policy $newpolicy -Schedule 00:00:00
 

Set-WBVssBackupOption -Policy $newpolicy -VssFullBackup
 

Set-WBBackup -Policy $newpolicy -AllowDeleteOldBackups


(Hyper-Vの設定と全VMを一緒にバックアップするなら、さらに Add-VMVirtualMachine -Policy $newpolicy -VirtualMachine (Get-WBVirtualMachine) とか?を Set-WBBackup の前に)

新しいスケジュールを即実行:

$scheduledpolicy = Get-WBPolicy
Start-WBBackup -Policy $scheduledpolicy

0 件のコメント: