2016/08/25

Windows 10 RS1 Technical Preview の時限爆弾、任務完了(事後)報告

RedStone(RS)1 とも呼ばれる Windows 10 Anniversary Update バージョン 1607、ビルド14393 は既に正式リリースとなりましたが、それに至るまでの Insider Preview ビルドには 8/15 (どこ時間かは?)に発動する時限爆弾が仕掛けてあったことは知りませんでした。お盆にあぼーん。


しばらく放置していた(忘れていた) Insider Preview 14332 の仮想マシンを久々に起動したら、0xc0000428 エラーで起動せず。この仮想マシンには実行中の状態のチェックポイントがあったので、そこから開始したら動きましたが、再起動すると 0xc0000428 エラーで復帰せず。BIOS 設定で時間をほにゃららすると起動するのですが、今度は PROCESS1_INITIALIZATION_FAILED の BSoD 発生。どうにもならないようです。

MSDN サブスクライバーで今日現在もダウンロード可能な Insider Preview 14295 の ISO の説明書きに、"this build will time bomb on August 15, 2016." とちゃんと書いてありました。ちなみに、14295 の ISO メディアで PC を起動してセットアップを開始することは、もうできません。BIOS 設定で時間をほにゃららするとセットアップを開始できますが、最初の起動のときに 0xc0000428 エラーまたは PROCESS1_INITIALIZATION_FAILED の BSoD になると思います。

今年に出た RS1 のビルトには同じ 8/15 の時限爆弾入りみたいです。昨年末までのビルドは 7/15 だったらしいです。

この機能、ちょっと前の Insider Preview だとどうだったっけって確認することは、もうできないようです。(現在、使える Insider Preview は、来年の RS2 に向けた 149xx)



0 件のコメント: