2016/07/20

Windows Server 2016 Essentials TP5 のインストールのヒント

Windows Server 2016 Essentials は、25 ユーザー/50 デバイス以下のスモール ビジネス向けサーバーの次期バージョン。現在、Technical Preview 5 (TP5) を評価できます。

Windows Server 2016 Essentials Technical Preview 5
[URL] https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-server-essentials-technical-preview

Windows Server 2016 Essentials TP5 のインストールではまる(はまった)ところなど...


問題 (1): "サーバーを準備しています..." が 17% 完了から進まない。

回避策あり:

サービス (services.msc) を開いて、自動開始になっていて実行中になっていない「Windows Server Essentials ほにゃらら」サービスをすべて開始してあげると進む。39%?くらいでまた進まなくなるかもしれないけど、同じ方法で進むようになる。

インストール後、「Windows Server Essentials ダッシュボード」が起動しないときも、同じ方法で対処できると思う。インストール後は、スタートアップを自動(遅延開始)に変更しておくとよいかもです。


参考:
Configure Windows Server Essentials stuck at 17%
[URL] https://social.technet.microsoft.com/Forums/office/en-US/fbbd2de6-a61d-402f-89e8-383490fc8f86/configure-windows-server-essentials-stuck-at-17?forum=WinServerPreview

問題 (2) : ダッシュボードのホーム > サービスに Azure Backup が無い

クラウド サービスとの統合のためのコンポーネント (アドイン) はビルトインされているっぽい。でも、Azure Backup が表示されない、有効にできない。

回避策なし?:

Azure Recovery (これは Azure Backup ではなく、Azure Site Recovery 用) アドインを有効化する場合、C:\Windows\System32\Essentials\RecoveryServiceGettingStarted.exe が実行されるらしいことがわかった(Pokemon Procmon 調べ)。同じ場所に OnlineBackupGettingStartedWizard.exe というのがある。どうも、これが Azure Backup アドインを有効化するものらしい。

実行してみると、Azure Backup エージェントをダウンロードしようとするけど、失敗。残念。失敗画面にあるリンク先は 2012 R2 Essentials および 2012 Essentials のところ。



Azure ポータルから Essentials 用のアドイン (OnlineBackupAddin.wssx) をダウンロードしてみても、インストールはできませんでした。

OnlineBackupAddin.wssx の拡張子を .cab に変更して中を覗いてみると...

バージョン チェック (6.2 は 2012、6.3 は 2012 R2) 入ってました。Windows Server 2016 Essentials 対応のアドインはまだなのかもしれません。準備ができていないから「Windows Server Essentials ダッシュボード」の「ホーム > サービス」に出てこないのかもです。

Addin.xml を変更して、Makecab でまとめて... ってやってみましたが、ダメでした。たぶん、デジタル署名が無くて検証できないから。

問題 (3) : Windows 7 SP1 にコネクターをインストールできない

Windows 7 SP1 にコネクターをインストールしようとしても、ライセンス条項に同意できない。Windows 8.1、Windows 10 は普通にできました。
 

回避策あり:

これでずいぶん悩みましたが、これはウィンドウの表示の問題であって、実は「同意する」チェックボックスは存在します。左が Windows 10、右が Windows 7 SP1 の同じ画面。「Tab」キーで「同意する」チェックボックスに移動 (ライセンス条項の表示エリアの次にアクティブになる) して、「Space」キーを押すとチェックした状態になるので、「次へ」をクリックできます。見えてないですが、見えてるつもりで、がんばって「同意する」をチェックしましょう。



Windows Server 2016 Essentials の新機能

Azure Recovery アドインと Azure Network アドインは Windows Server 2016 Essentials の新機能。

Azure Recovery アドインは Essentials サーバーと同じマシンで Hyper-V を有効化してる場合に、Azure Site Recovery を使用して仮想マシンの Azure へのレプリケーションを構成できるもの。こんな感じ。(ただし、セットアップを進めても Azure Recovery サービスの資格情報コンテナーをゲットできなかったけど)


Azure Virtual Network アドイン (これも 2016 Essentials の新機能) は、Azure IaaS との S2S VPN を構成できるもの。 こんな感じ。








・・・
ところで、既存の 2012 R2 Essentials、2012 Essentials で Windows 10 クライアントを抱えていると、機能アップグレードでこんな問題が発生するそうです。

The Windows Server Essentials and Small Business Server Blog
[URL] https://blogs.technet.microsoft.com/sbs/2016/01/22/windows-10-feature-upgrade-breaks-client-connector-for-window-server-2012-r2-essentials-windows-server-2012-essentials-and-windows-small-business-server-2011-essentials/


新しいコネクターは出てないみたいなので、次の機能アップグレード (Anniversary Update) も要注意。

Windows Server Essentials Connector for Windows Server 2012 R2 - Date Published: 7/29/2015
[URL] http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=40285

0 件のコメント: