2016/04/28

TP5 on Azure を今すぐ日本語化する (MSDN サブスクライバー限定)

Windows Server 2016 Technical Preview (TP) 5 が未明に公開されました!

Azure の Marketplace (クラシックのギャラリー) にも登場。

Azure の TP5 をデプロイすると、英語版です。日本語言語パックを追加すれば、表示言語やロケールを日本語化できますが、4/28 時点ではまだダウンロード提供されていないみたい。

もし、あなたが MSDN サブスクライバーなら、


ダウンロードした言語パックの ISO をマウントして...
DISM /Online /Add-Package /PackagePath:ほにゃらら_jp.cab を実行して...

仮想マシンを再起動すると...

表示言語としての日本語が Available に!!!

あとの設定は、おわかりかと...

完成!!!

追記)

日本語化済み TP5 のテンプレートもできた。

そうそう、.NET Framework 3.5 Features のインストールもダウンロード失敗するかもです。その場合は、英語版の TP5 ISO を Azure 仮想マシンにダウンロードして、[役割と機能の追加ウィザード]終盤の[代替パスの指定] で E:\Sources\SxS (ISO のマウント先が E: の場合) を指定するか、DISM または Install-WindowsFeature コマンドレットを次のように実行。コマンドラインが微妙に以前と変わってるところがあるかもなので注意。

Dism /online /Enable-Feature /Featurename:NetFx3ServerFeatures /Source:E:\sources\sxs /LimitAccess

または

Install-WindowsFeature -Name NET-Framework-Features –Source "E:\Sources\sxs"


0 件のコメント: