2016/02/22

訂正: Windows 10 Hyper-V の仮想マシン向けの統合サービスの更新(ではなかった)


訂正)Windows 10 Hyper-V 向けの Windows ゲスト用統合サービスの最新バージョンが Windows Update で配布なんて書きましたが、サポート技術情報 KB3170740 の記述が修正 (Rev.3) されただけでした。統合サービスのバージョンに変更なしです。お詫びして訂正します。というわけで、この投稿はなかったことに。

おまけの追記) この件で統合サービスのバージョンを再確認してみようと、Get-VM を実行してみたところ、Windows 10 (1507) Hyper-V だと統合サービスのバージョンが取得できない模様。Windows Server 2016 TP4 Hyper-V もどうよう。Windows 10 1511 Hyper-V は未確認ですが、たぶんどうよう。

KVP からの IP 取得も Windows 10 Hyper-V から変わったみたい。こっちはどうしよう。(Get-VMNetworkAdapter -VMName "仮想マシン名").IpAddresses で取れるからいいか。


Windows 10 および次期バージョン Windows Server 2016 の Hyper-V に対応した、以前のバージョンのWindows 仮想マシン用の統合サービスは、Windows Update を通じて配布されます。
Windows 10 Hyper-V 対応の統合サービスの最新版が配布されたみたい。対象は、Windows 7/8/8.1 ゲスト。

Hyper-V integration components update for Windows virtual machines that are running on a Windows 10-based host
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/kb/3071740

手動でダウンロードしてインストールもできるけど、MSI とか MSP とか EXE とかの形式ではなく、CAB 形式なのでちょっと面倒です。手順へのリンクは上のサポート技術情報内にあります。


※現在、我が家に Windows 10 上に対象の Windows 仮想マシンが動いていないので実機確認はしとりません。Windows Server ゲストに配布されるのかも不明。Microsoft Update Catalog サイト (https://catalog.update.microsoft.com/) にはこの更新は公開されていません。

関連:
Windows 10 クライアント Hyper-V 対応の Windows 用 Hyper-V 統合サービス(2015/08/03)

0 件のコメント: