2015/10/28

Sysinternals 更新情報: Bginfo が Windows 10 対応に!など


http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P94640.html
Windows Sysinternals のいくつかのユーティリティが更新されています。Sigcheck、RAMMap、Bginfo は Windows 10 に対応。

Update: Autoruns v13.5, Sigcheck v2.3, RAMMap v1.4, BgInfo v4.21, Sysmon v3.11, ADInsight v1.2 (26 Oct 2015)
[URL] http://blogs.technet.com/b/sysinternals/archive/2015/10/27/update-autoruns-v13-5-sigcheck-v2-3-rammap-v1-4-bginfo-v4-21-sysmon-v3-11-adinsight-v1-2.aspx

Bginfo の Windows 10 対応とは、<OS Version> フィールドが正しく Windows 10 (および Windows Server 2016) を出力するようになったこと。これまでは、Windows 10Windows 8.1 と、Windows Server 2016 Technical Preview 3Windows 2012 R2 と出力していました。Bginfo 4.21 からは、それぞれ Windows 10Windows Server 2016 と正しく出力するようになりました。

2015/10/27

お知らせ: Cloud Samurai Roadshow 2015 年 11 月 (11/21 開催)

Interact × Cloud Samurai Roadshow 2015 年 11 月

現場のプロフェッショナルが語る「マイクロソフト製品、クラウド ソリューションを効果的に運用・構築するために知っておきたいこと」

開催日: 2015 年 11 月 21 日 (土)

[URL] https://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/dn891434

2015/10/26

マイクロソフト製品&サービスのアイコン フリー素材集 v2.23

いつも個人的にお世話になっている、マイクロソフトのクラウド サービスや製品のシンボル/アイコンのフリー素材集がまたアップデートされてました。v2.23 です。大きな追加項目は、Microsoft Intune と System Center のアイコン。

Microsoft Azure, Cloud and Enterprise Symbol / Icon Set for Visio, PowerPoint, PNG 
Version: 2.23 Data Published: 10/22/2015
[URL]  http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=41937


Windows Containers 関連の PPTX (Container Glyfs Master April Final Mailout.pptx) も発見。

2015/10/23

Office 2016 のたぶん 2 回目の更新が来た (16.0.6001.1034)

Office 2016 (C2R) に更新がきてました。Office 365 ProPlus と Office 365 Solo で確認。リリース後たぶん 2 回目の更新だと思います。

16.0.4229.1024 (RTM) → 16.0.4229.1029 (9/末?) → 16.0.6001.1034 (今日?)

ちなみに、MSDN 版 Office Professional Plus 2016 の場合は今回がはじめての更新だと思います。

16.0.4266.1003 (RTM) → 16.0.6001.1034 (今日?)

MSDN 版に更新がこなくて心配してたけど、今回、製品版と MSDN 版のバージョンが 16.0.6001.1034 で一致したので、今後は同じタイミングで更新されるのかな?

↓は左から、 Office 365 Solo、Office 365 ProPlus (Office 365 E3)、Office Professional Plus 2016 (MSDN) の今日の状態。



また、Office 365 ProPlus を先行リリース オプションで入れている場合、Branch を Current (既定は Business)にしないと 16.0.4229.1029 が配布されなかったんですけど、今回の 16.0.6001.1034 は Branch に関係なくきました。もしかしたら、Branch によって配布する、しない更新があるのかもしれないです。次の更新がこないとはっきりしたこと言えませんが、想像するとこんな感じかな?



ところで、Office 2013 (C2R) のバージョン履歴は以下のページで確認できて、どんなパッチが含まれているのかわかるんですが、このページの 2016 版ってまだないみたい。

Update Office 2013 or Office 365
[URL] https://support.microsoft.com/en-us/gp/office-2013-365-update

10 月に Office のセキュリティ更新が出てますが、これらが 16.0.6001.1034 に含まれていると思いたいんですが、よくわかりません。

Updated: October 2015 Office Update Release
[URL] http://blogs.technet.com/b/office_sustained_engineering/archive/2015/10/13/october-2015-office-update-release.aspx




2015/10/22

Office 2016 C2R のあとから Office 2013 MSI (Word 2013 だけ) を入れる

Word 2016 の日本語入力はいろいろ問題あるみたい。Windows 10 で Office 2016 を使っているなら、Word 2016 の「ファイル」→「Feedback」でどんな問題かを確認できると思います。


Office 2016 と Office 2013 は通常、両方ともクイック実行(C2R) の場合は共存できませんが、C2R 版と MSI 版の Office は共存可能です。というわけで、当座しのぎの共存環境を準備...

2015/10/20

Windows 10 にアップグレードしたらタスクスケジューラに User_Feed_Sync... エラー

Windows 7 から Windows 10 に無償アップグレードした PC の 1 台で、タスクスケジューラを開くと「User_Feed_Synchronization-{XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX}」というエラーが表示されるように。

ネットを検索すると、IE のフィード設定を無効にすれば解決できそうなことが見つかりましたが、今回の PC はそれでは解消しませんでした。

昔、同じようなエラーを見たことがあるのですが、ちょっと悩んだ末に、次の方法で対処。

Azure Backup がアプリケーション ワークロードの保護をサポート (GA)

Azure Backup サービスで先日 GA (正式リリース) になった以下の機
能について。

General availability: Azure Backup support for application workloads (Wednesday October 14, 2015)
[URL] https://azure.microsoft.com/en-us/updates/general-availability-azure-backup-support-for-application-workloads/


オンプレの SQL Server、Hyper-V、SharePoint、Exchange のDisk to Disk to Cloud バックアップが可能になったそうです。が、System Center 2012/2012 R2 Data Protection Manager では以前からできていたこと。スタンドアロン サーバーのエージェントでできるようになったのかというと、そうではありませんでした。

2015/10/08

このツール知らなきゃ損、DISKSPD

このツールは知らなきゃ損。マイクロソフトのストレージ ベンチマーク ツール。ストレージ I/O 性能と同時に CPU ごとの使用率も取得できる。CrystalDiskMark (http://crystalmark.info/) も最近のバージョンはこれを使っているらしい。マイクロソフトの SQLIO (http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=20163) よりも使い勝手よいかも。


Diskspd, a Robust Storage Testing Tool, Now Publically Available
[URL]  https://gallery.technet.microsoft.com/DiskSpd-a-robust-storage-6cd2f223




2015/10/06

Windows 10 対応の EMET 5.5 Beta 出てました。

Windows 10 に始めて対応した Enhanced Migitation EMET 5.5 Beta が出ました。


Ehnahced Mitigation Experience Toolkit 5.5 Beta
[URL]  http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49166

Windows 10 では、Block Untrusted Fonts という新しい緩和策が利用できるようになっています。
グループ ポリシーとの連携機能も付いたみたい。ざっと見た感じの新機能はこれくらいかなぁ。EMET User's Guide が同梱されていないので詳しくはわかりません。

(追記: User’s Guide がダウンロード可能になりました。http://download.microsoft.com/download/4/3/3/43364390-96B1-4820-9BAD-4A71F9A3221A/EMET%20User%20Guide.pdf)
(さらに追記: 日本語ユーザー ガイドが公開されました。http://download.microsoft.com/download/B/F/B/BFBFDAB1-225C-4ECD-906F-C1DF61D7DB64/EMET%205.5%20Beta%20User's%20Guide_J.pdf)

EMET 5.0 からの Windows 7 における Certificate Trust (Pinning) 機能が動作しない問題は...

Certificate Pinning Alterting and Blocking Issues w/Latest 5.2 Release
[URL] https://social.technet.microsoft.com/Forums/security/en-US/500fa341-fcdc-48bf-8715-c9558df2ae56/certificate-pinning-alterting-and-blocking-issues-wlatest-52-release?forum=emet
EMET 5.0 Pinning Rule doesn´t work

[URL] https://social.technet.microsoft.com/Forums/security/en-US/88d38157-1946-4090-9824-198e43f7495b/emet-50-pinning-rule-doesnt-work?forum=emet

Windows 7 SP1 上の EMET 5.5 Beta  でも動きませんでした。Windows 10 の IE 11 だとちゃんと動きます。Microsoft Edge は Certificate Trust (Pinning) 機能 の対象にならないみたい。

EMET 5.1、5.2 の Keep Existing Settings が旧 EMET 5.x の設定を引き継いでくれない問題は、インストール時の EMET Configuration Wizard から Keep Existing Settings オプションを削除したことで対応したようです。EMET GUI から実行した EMET Configuration Wizard には Keep Existing Settings がありますが、インストール時に Configure Manually Later を選択すると 旧設定は削除されちゃいます。このあたりの使い方が分かり難い。(追記: EMET 4.1 U1 からのアップグレードの場合は、Keep Existing Settings を選択して設定を移行できました)


ベータ版だからご利用は自己責任で。私は、数日使ってみて、その後、アンインストールするつもり。

関連する投稿:
EMET 5.2 出ました。でもご用心! (3/17 追記あり) (2015/03/14)
EMET 5.2 は Windows 10 をサポートしない (追記あり) (2015/09/29)


追記) 公式アナウンスが出ました。やはり Microsoft Edge は EMET の保護の対象外ですね。
Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) version 5.5 Beta is now available 
[URL] http://blogs.technet.com/b/srd/archive/2015/10/15/enhanced-mitigation-experience-toolkit-emet-version-5-5-beta-is-now-available.aspx

追記) グループ ポリシー連携機能を試してみました。

Windows 7 のグループ ポリシー エディターで inetres.admx の解析中にエラー


Windows 7 SP1 の PC で久々にグループ ポリシー エディター (gpedit.msc) を起動したら、「解析中にエラーが発生しました」エラーが続出。

IE 11 の更新プログラムの影響で、inetres.admx と inetres.adml (管理用テンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer のポリシーを提供する管理用テンプレート) に問題がでちゃっているようです。修正版の inetres.admx と inetres.adml が以下のサイトから入手できます。



Japan IE Support Team Blog > IE11環境でローカルポリシーエディターを開くとエラーが表示される 2015年7月版 (13 Sep 2015)
[URL] http://blogs.technet.com/b/jpieblog/archive/2015/09/14/3652509.aspx

システムファイルなので、ファイルの所有権を取得して、アクセス許可を変更しないと、エクスプローラーによるコピーができないので注意しましょう。コマンドプロンプトからなら robocopy /B 使うと、所有権やアクセス許可を持っていなくてもコピーできるみたい。

ちなみに、筆者の環境で問題版と修正版を比較してみると...

Skype for Business アプリではなく、Web App でゲスト参加したい

Skype for Business (旧 Lync Online) のオンライン会議に参加するたびにジタバタすることがあるのでメモ。

会議出席依頼のメールに記載されている URL (ハイパーリンク)  をクリックすると、ローカルに Skype for Business のデスクトップ版アプリ (Office 2013 とか Office 2016 の) がインストールされていると、それが立ち上がるんですが、“組織のサインイン アドレス”の入力と認証が要求されます。“組織のサインイン アドレス”とは、通常は Office 365 のアカウントのこと。Office 365 のアカウントを持っていない人にとっては???なことになり、会議に参加しようにもできないってことに。

ローカルに Skype for Business のアプリがインストールされていなければ、Skype for Business Web App (旧、Lync Web App) プラグインのインストールがお勧めされます。Skype for Business Web App なら、ゲストとして参加することができるので、組織のアカウントは必要ありません。

組織のアカウントを持っていない場合は、ローカルに Skype for Business のアプリがインストールされている PC でも、Skype for Business Web App を使いたいでしょう。それには...

2015/10/05

Windows 10 Enterprise への RemoteFX USB デバイス リダイレクトには追加のポリシー設定が必要 (Windows 10 へのその他の PnP デバイスのリダイレクトも)

Windows 10 Enterprise では、Windows 10 Enterprise を実行する Hyper-V 仮想マシンの拡張セッション モードでは RemoteFX USB リダイレクトが使えて、リモート デスクトップ接続では使えないんじゃないかという情報があり、試してみたところ実際にそうでした。が、これは Windows 10 Enterprise のリモート デスクトップ サービスの既定の設定が変更されたことが原因のようで、回避方法を見つけました。

なお、リモート デスクトップ サービスの既定の設定の変更は、その他のサポートされるプラグ アンド プレイ (PnP) デバイスのリダイレクトにも影響します (接続先が Pro/Education の場合も)。

2015/10/02

Azure IaaS と Failover Clustering

Azure IaaS の Azure 仮想マシンどうしでフェールオーバー クラスターを作成すると、やっかいなー状況に出くわすことがあります。フェールオーバークラスターマネージャーでクラスターを作成すると、ノードの1つがアップしない。New-Cluster で -StaticAddress に未使用の内部 IP を設定するとうまくいくけど、クラスター名にクラスター IP でアクセスできないとか。


このエラーについて、マイクロソフトの Ask the Core Team ブログに説明がありました。

Building Windows Server Failover Cluster on Azure IAAS VM – Part 2 (Network and Creation)
[URL] http://blogs.technet.com/b/askcore/archive/2015/06/24/building-windows-server-failover-cluster-on-azure-iaas-vm-part-2-network.aspx