2015/12/03

Nano Server TP4 と SCVMM Agent

Windows Server 2016 Technical Preview 4 の Nano Server には、System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) のエージェント用パッケージが提供されています。SCVMM エージェントを追加して、SCVMM 2016 Technical Preview 4 の管理対象の Hyper-V ホストとして追加してみました。


こちら (https://technet.microsoft.com/en-us/library/mt126167.aspx) に書いてあるとおり、New-NanoServerImage で SCVMM エージェントを Nano Server に組み込む場合は、-Compute パラメーターで Hyper-V をインストールするとまずいらしいです。

次の例は、Nested Hyper-V な仮想マシン(第2世代)用の VHDX を、Hyper-V と SCVMM エージェントと Hyper-V ゲスト ドライバー込みで作る例。物理サーバー用なら Microsoft-NanoServer-Guest-Package は不要。

PS> New-NanoServerImage -MediaPath <en-us OS Install Media Root (ex F:)> -BasePath .\Base -TargetPath .\<filename.vhdx> -ComputerName <computername> -Packages Microsoft-NanoServer-Guest-Package,Microsoft-NanoServer-Compute-Package,Microsoft-Windows-Server-SCVMM-Package,Microsoft-Windows-Server-SCVMM-Compute-Package -Language en-us -MaxSize 20GB

※ちなみに Hyper-V な Nano Server にあとから SCVMM のパッケージを DISM /Online /Add-Package で追加する方法は、Microsoft-Windows-Server-SCVMM-Compute-Package がうまく入りませんでした。

Nano Server の仮想マシンを起動してみると、しっかり SCVMM Agent が入りってました。



SCVMM の管理対象として追加する前に、Active Directory ドメインに参加させておきます。Nano Server のドメイン参加は、オフラインドメイン参加で行う必要があります。これは、Nano Server の仮想マシンでゲスト サービスを有効にして実行する例。物理サーバーなら、別の方法で djoin.txt を Nano Server にコピーしてください。

PS> djoin /provision /domain <domainname> /machine <computername> /savefile .\djoin.txt
PS> Copy-VMFile -Name <vmname> -SourcePath .\djoin.txt -DestinationPath C:\ -FileSource Host
PS> Enter-PSSession -VMName <vmname>
[<vmname>]: PS> netsh interface ipv4 add dnsservers "Ethernet" address=<DNS Server IP> index=1
[<vmname>]: PS> djoin /requestodj /loadfile C:\djoin.txt /windowspath c:\windows /localos
[<vmname>]: PS> Restart-Computer


ドメイン参加設定が終わったら、SCVMM に Hyper-V ホストとして追加してみます。

成功! (実は、Nano Server の仮想マシンは Nested Hyper-V ではない、なんちゃって Hyper-V でした。まだ Nested Hyper-V を有効化していなかった)


Nano Server TP4 まとめ ->]

0 件のコメント: