2015/10/02

Azure IaaS と Failover Clustering

Azure IaaS の Azure 仮想マシンどうしでフェールオーバー クラスターを作成すると、やっかいなー状況に出くわすことがあります。フェールオーバークラスターマネージャーでクラスターを作成すると、ノードの1つがアップしない。New-Cluster で -StaticAddress に未使用の内部 IP を設定するとうまくいくけど、クラスター名にクラスター IP でアクセスできないとか。


このエラーについて、マイクロソフトの Ask the Core Team ブログに説明がありました。

Building Windows Server Failover Cluster on Azure IAAS VM – Part 2 (Network and Creation)
[URL] http://blogs.technet.com/b/askcore/archive/2015/06/24/building-windows-server-failover-cluster-on-azure-iaas-vm-part-2-network.aspx



内部 IP (Dynamic IP address、DIP) の環境は思っている以上に制限があるんですね。ごまかしながらやらないとクラスター on Azure はうまくいかないってこと。

Azure IaaS 上でクラスターを作成するには、次のようにNew-Cluster コマンドレットに -StaticAddress を指定して、割り当てられることがなさそうな IP を静的に設定するか、失敗しているクラスター名の IP のリソース プロパティを DHCP から Static に変更することで対処できるんですが...

New-Cluster -name <クラスター名> -Node <ノード1>,<ノード2> -StaticAddress <未割り当てのIP>

クラスター IP によるネットワーク アクセスはできないみたい。例えば、Ping はできないし、Cluster-Aware Updating のクラスターへの接続もできません。







InternalLoadBalancer をがんばって構成すれば何とかなるかもしれませんが、とりあえずクラスターとしては機能しているので放っておきましょう。

クラスター上でこのあと構成する高可用性の役割で同様のネットワーク問題に引っかかることがありますが(例えば、スケールアウトファイルサーバーの役割には影響しませんが、汎用ファイルサーバーの役割は同じ問題に直面します)、その場合は内部ロードバランサー(InternalLoadBalancer) を構成することで対処できるようです。ちょっと複雑なのでカッツアイ。

0 件のコメント: