2015/09/24

新しい Office を入れたら Word/Excel が終了時にクラッシュ (原因のアドインを取り除く方法)

まだ 2015 年ですが、Windows および Mac 版のMicrosoft Office 2016 が出ました。

MSDN サブスクリプションやボリューム ライセンス センターからは23 日(日本時間) から入手できるようになったと思います。

Office 365 サブスクリプションも順次、新バージョンになっていくんだと思います。(追記: Office 365 Solo は同日提供開始、Office 365 Enterprise E3 はまだ Office 2013 だけど、Office Deployment Tool による Office 365 ProPlus のインストールは可能)

さて、我が家の Windows 7 の Office 2013 を Office 2016 に入れ替えたところ、Word 2016 と Excel 2016 の最後のアプリケーション ウィンドウを閉じようとしたときに、必ずクラッシュするという現象に見舞われました。Office 2016 に入れ替えたばかりなので、原因はおそらくアドインの 1 つ。

次の方法で問題のアドインを取り除き、問題を回避しました。



Ctrl キーを押しながら、Word 2016 や Excel 2016 のアイコンをクリックし、アプリケーションをセーフモードで起動します。




Word の場合は[ファイル]→[オプション]→[アドイン]→[COMアドイン:設定]を、Excel の場合は[開発]タブの[COM アドイン]を開き、アドインを 1 つずつ無効にしてアプリケーションを再起動し、問題が解消されるかされないかを確認します。

Office 2010 向けの Microsoft Office Code Compatibility Inspector (http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=15001) という古いアドインが原因でした。使っていないので、アドインをアプリケーションから削除するとともに、[アプリケーションの追加と削除]からもアンインストールしておきました。

どんとはれ

0 件のコメント: