2015/06/18

Skype for Business Web Appプラグインでオーディオデバイスが使えない問題(解決済)

ひさびさに Skype for Business (以前の Lync Online)にアクセスしたら、UI (←)ががらりと変わってたことにちょっとびっくり。 という話では無く...

Skype for Business (ちょっと前までは Lync Online)のオンライン会議を利用することがよくあるのですが、今年初めまでは Windows 7 x64 で Web クライアント用の Lync 2010 Attendee で問題なく利用できていたのに、4月頃?に Skype for Business Web App (当時は Lync 2013 Web App だったかも) に代わったらオーディオデバイスが使えなくなった問題。

ようやく回避方法が見つかったのでメモ。先に言っておくと、原因は Windows 7 x64 上の Windows Virtual PC のコンポーネントでした。

PC でマイクとスピーカーは問題なく動いてますし、普通の Skype for Desktop では、オーディオデバイスは使えています。

でも、Skype for Business Web Appプラグインのオーディオデバイスの設定を見ても何もできない。ラインイン/ラインアウトの昔ながらのデバイスを使ってたので、USB 接続のヘッドセット買ってき手試したりしましが、まったくだめ。


オンライン会議に参加しないとオーディオデバイスの設定にアクセスしないので、なかなかトラブルシューティングの機会がなかったんですが、原因は、Windows 7 x64 に入っている Windows Virtual PC らしいことがわかりました。Windows Virtual PCで USB デバイスのリダイレクトを可能にしている USB 仮想化コネクタ ドライバーを削除すると(=Windows Virtual PC で USB の使用はあきらめるってこと)...


オーディオデバイス復活! でも、Windows Virtual PC で USB は機能しなくなると思います(私は使ってないので影響ありませんが)。



Lync 2013 Client と同じ問題だったみたい。32 ビット環境だと問題が発生するかはわかりません。

参考:
No audio device detected - Lync 2013 Client
[URL] https://social.technet.microsoft.com/Forums/lync/en-US/dc158a4e-faa3-4e28-8dfd-d35e6d929a83/no-audio-device-detected-lync-2013-client


以上。

0 件のコメント: