2015/05/08

Technical Preview 2 > Configuration Manager でクライアント展開できない問題など

もはやライフワークと化した、System Center 全部インストールチャレンジ。

System Center 2016 の新しい Technical Preview を評価しようと、各コンポーントのインストールをしていますが、はまりポイントをメモ。

Configuration Manager でクライアントをプッシュ インストールしても、待てど暮らせどクライアントになってくれない問題。Virtual Machine Manager への Hyper-V ホスト追加が失敗する問題など...


各コンポーネントのインストール手順は、基本的に System Center 2012 R2 から変化なし。System Center 2012 または 2012 R2 をインストールしたことがある人なら、比較的スムーズにインストールできると思います。が...

Configuration Manager でクライアントをプッシュ インストールしても、待てど暮らせどクライアントになってくれない問題


クライアント プッシュ インストールして、1 日放置しましたが、クライアントになった Windows なし。


サイトのステータスを見ると、管理ポイント (MP) のインストールで CCM_incoming 仮想ディレクトリの作成に失敗している。
イベントログにはこんなエラーが...

Event ID: 11
Source: BITS Server Extentions
Enabling BITS uploads the virtual directory %2 failed with error %1. The error occurred while creating the cleanup task

Event ID: 10005
Source: MsiInstaller
Product: ConfigMgr Management Point -- Error 25006. Setup was unable to create the Internet virtual directory CCM_Imcoming The error code is 80070003

管理ポイント (MP) の仮想ディレクトリを作成する際に、IIS で BITS Uploads を有効化するんですが、それに失敗しているみたい。適当な別の IIS 仮想ディレクトリで BITS Uploads を有効化してみると、エラーで失敗します。試しに、クリーンな IIS に BITS IIS Extensions だけ入れて BITS Uploads を有効化してみてもダメでした。


Windows Server Technical Preview 2 の IIS のバグ? 根本的な解決策は見つからず。回避策としては、サイトサーバーから管理ポイントを削除してから、Windows Server 2012 R2 の IIS 環境を別マシンに準備して、そのマシンの管理ポイントの役割を展開。


クライアント プッシュ インストールをもう一度実行したら、どんどんクライアントが Yes に...



Virtual Machine Manager への Hyper-V ホスト追加が失敗する問題

まちがって TP1 入れてました。TP2 なら大丈夫。

Windows Server Technical Preview 2 の Hyper-V ホストの追加ジョブが 80% くらいで失敗する。Hyper-V ホストのステータスは Adding... 状態のまま何もできず。Remove-SCVMHost -force で削除して、Add-SCVMHost で追加しても状況変わらず。原因不明。解決策不明。回避策不明。
Windows Server 2012 R2 Hyper-V だとすんなり追加できるのに...


Service Manager の Web Portal は Techincal Preview 2 にはインストールできない問題 (Technical Preview 1 と同じ)



 前回の Technical Preview 1 でもそうでしたが、Windows Server Technical Preview 2 に Service Manager の Web Portal はインストールできません。


前提となる SharePoint Server または Foundation 2010 の前提条件である、Application Server Role が Windows Server Technical Preview 1 と 2 からは削除されたから。




Windows Server Technical Preview 1 で削除された Windows Identity Doundation 3.5 (これも SharePoint の前提) は Technical Preview 2 で復活したんですけどね。
 

Technical Preview 2 の VHD イメージのキーボード問題


VHD イメージから展開した Windows Server Technical Preview 2 のキーボードが英語 (101) 配列な件。@ が P の横のキーで入れられれば日本語配列。@ が Shift + 2 だと英語配列。

Server-Gui-Shell が入っていないんで、日本語入力方式の追加で悩むかも。次の方法で解決。

コマンドプロンプトから Device Manager (devmgmt.msc) を開いて、Keyboard を確認。Standard PS/2 Keyboard がある場合は、右クリックして Update Driver Software を実行し、Japanese PS/2 Keyboad (106/109 Key) に変更。Standard PS/2 Keyboard が無くて、Microsoft Hyper-V Virtual Keyboard だけなら、Registry Editor (regedit.exe) を開いて、次のように変更。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
LayerDriver JPN       kbd101.dll → kbd106.dll
OverrideKeyboardIdentifier PCAT_101KEY → PCAT_106KEY
OverrideKeyboardSubtype   0 → 2

コマンドプロンプトで次のコマンドを実行して、日本語入力方式を追加したあと、Region コンパネ アプレット (Intl.cpl) を開き、Welcome screen と New user に現在の入力方式 (日本語) をコピー。

C:\> powershell
PS: C:\> Set-WinUserLanguageList ja-jp, en-us
PS: C:\> exit
C:\> intl.cpl


再起動すれば、解決しているはず。

関連情報:
Windows Server Technical Preview の評価日記 (その5): Sysem Center Technical Preview をぜんぶ入れてみる (2014/10/24)
System Center 2012 RTM > 全部インストールしてみた (転ばぬ先の杖) (2012/04/20)


0 件のコメント: