2015/04/17

Docker Client for Windows > How to Install by Chocolatey

Docker Client for Windows を Go でソースからビルドする方法 (←前回)に続いて、パッケージ管理ツール?の Chocolatey (https://chocolatey.org/) を使ってインストールする方法。

こちらのほうがずっと簡単でした。コマンドプロンプトで 2 行のコマンドラインを実行するだけで完了。

Chocolatey (https://chocolatey.org/) のページに書いてある通り、コマンドプロンプトを管理者として実行で開いて、次のコマンドラインを実行します。

@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin


これで、Chocolatey が導入できるので、続いて次のコマンドラインを実行します。

choco instal docker
 
途中でスクリプトを実行していいか聞かれるので、1 (yes) で続行。これで完了。
この方法は、バイナリをダウンロードしてインストールしてますね。Client API バージョンは 1.18 でした。

API バージョンがサーバー側と一致しないと、"clent and server don't have save version" と文句を言われるはず。




そんなときは、↓の方法でソースからビルドしませう。

Docker Client for Windows > How to Build by Go

・・・

おまけ。ショコラティエさんは、https://get.docker.com... から docker-1.6.0.exe をダウンロードしているだけにも見えるけど...


直接ダウンロードしても動くみたい。ショコラティエさんがしている Shim 云々は気になりますが。 Shim って、Windows のアプリケーション互換性をなんとかしてくれるアレですから、何かしら問題があるかも。

0 件のコメント: