2015/03/13

Operations Manager からのメール通知に外部の SMTP サーバーを使うヒント

System Center Operations Manager のメール通知機能は、匿名または Windows 認証による暗号化されていないSMTP サーバー接続にしか対応していません。

ローカル ネットワークにある、自由がきく (いろいろ転送してくれる) SMTP サーバーを使用することを想定したものです。

SMTP 認証や TLS 接続を要求する外部の SMTP サーバーだとか、Office  365 (Outlook Online) とかは使えません。

だからといって、あきらめるのはまだ早いです。Windows Server の SMTP サーバーを転送サーバーとしてセットアップすればなんとかなります。こちら (↓)が参考になります。

Setup notification from SCSM to Exchange Online (Office365) mailboxes
[URL] http://blog.scsmsolutions.com/2012/02/setup-notification-from-scsm-to-exchange-online-office365-mailboxes/

Microsoft アカウントの Outlook.com のメール環境で試してみました。

Outlook.com に外部のメール ソフトから接続するときの送信 SMTP サーバーのアドレスと設定は、こちら () に書いてあるように、次のようになっています。

  • サーバー アドレス: smtp-mail.outlook.com
  • ポート: 25 (25 がブロックされている場合は 587)
  • 認証: はい
  • 暗号化された接続: TLS
 (Office 365 の場合は、サーバー アドレス: smtp.office365.com でポート: 587 のはず。)

Operations Manager に Windows Server 2012 R2 の[SMTP サーバー]の機能を追加して、上の SMTP サーバーをスマート ホストとしてセットアップしてあげます。

まずは、[SMTP サーバー]の機能をインストールして...

[インターネット インフォメーション サービス (IIS) 6.0 マネージャー]を開き、[SMTP Virtual Server #1]のプロパティを開きます。

[アクセス]タブの[アクセス制御]のとこにある[認証]ボタンをクリックして、[統合 Windows 認証]を有効化して...

[中継の制限]の[中継]ボタンをクリックして、127.0.0.1 からの中継を許可して...

[配信]タブの[送信セキュリティ]ボタンをクリックして、[基本認証]を選択し、Outlook.com の資格情報を入力。さらに、[TLS 暗号化]をチェック。
 
同じく[配信]タブの[送信接続]ボタンをクリックして、TCP ポートを[587]に変更。これで、OP25B を回避。

同じく[配信]タブの[詳細設定]ボタンをクリックして、[スマート ホスト]に[smtp-mail.outlook.com]を指定して...

Operations Manager の SMTP チャネルで SMTP サーバー: 127.0.0.1、ポート: 25、認証: 統合 Windows 認証を設定。


サブスクライバーと配信登録を設定してっと... アラート キター!


アラートのメール通知テストの方法は...
How to test email notification settings in Operations Manager
[URL] http://support.microsoft.com/en-us/kb/934756


最後に、SMTPSVC のスタートアップを[手動]から[自動]に変更するのを忘れずに。

この方法、他のシステム管理ツールの通知機能や、他のメール サービスでも応用できそう。

おしまい。


0 件のコメント: