2014/07/30

System Center 2012 R2 Update Rollup 3

System Center 2012 R2 ユーザーには頭の痛い、Update Rollup (UR) 3 が公開されました。対象は、Data Protection Manager、Operations Manager、Operations Manager の UNIX/Linux 管理パック、Orchestrator、Service Provider Foundation(SPF)、Service Manager、Virtual Machine Manager。

Update Rollup 3 for System Center 2012 R2
[URL] http://support.microsoft.com/kb/2965090


今回の UR3 では、App Controller と Configuration Manager、Endpoint Protection の更新はないみたい。

System Center の UR では毎度のことですが、Microsoft Update による更新だけでは不十分で、コンポーネントによってはエージェントの更新やらSQLスクリプトの実行やら、管理パックのインポートやら、追加の手順が必要になるので、上の KB の中にあるリンクから個々のコンポーネントのKBを参照して、追加のインストール手順を確認のこと。

SQL Server 2012 を使用している場合、オプションの更新として SQL Server 2012 Service Pack (SP) 2 も降ってくるけど、System Center 2012 R2 のコンポーネントの中には、SQL Server 2012 SP2 を正式サポートしていないものもあるのでご注意 。っと、SQL Server 2012 SP2 を選択、更新開始してから気付いた。現状、正式にサポートとなっているのは、Operations Manager と Configuration Manager だけみたい。ちなみに、SQL Server 2014 をサポートしているのは Configuration Manager Cumulative Update (CU) 1 以降だけ。

SQL Server Requirements for System Center 2012 R2
[URL] http://technet.microsoft.com/library/dn281933.aspx

これからこれで大仕事。1 月の UR1、4 月の UR2、そして今月の UR3、 3 ヶ月ごとの大仕事、ちょっとうんざり。

追記: 同じ日に Windows Azure Pack UR3 も出てました。Windows Azure Pack UR3 が System Center 2012 R2 UR3 を前提としているかどうかは良く分かりません。
Update Rollup 3 for Windows Azure Pack
[URL] http://support.microsoft.com/kb/2965416

関連:
System Center 2012 R2 Update Rollup 2 (2014/04/24)


作業報告:
● Data Protection Manager (追加手順の詳細は KB2966014)
(1) DPM 管理コンソールから保護対象の DPM エージェントを更新する必要あり。または、保護対象のコンピューターで手動でエージェントを更新する。エージェントのインストーラーは、DPM サーバーの C:\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\DPM\DPM\Agents\RA\4.2.1254.0
にある。
※中断中 (エラー コード 80070643 で失敗中。SQL Server 2012 SP1 に戻しても NG ... 未解決)

● Operations Manager (追加手順の詳細は KB2965445)
(1) OperationsManagerDW データベースに対して UR_Datawarehouse.sql を実行。Operations Manager データベースに対して Update_rollup_mom_db.sql を実行。SQL スクリプトは C:\Program Files\Microsoft System Center 2012 R2\Operations Manager\Server\SQL Script for Update Rollups にある。
(2) UR3 で更新された 6 つの管理パック (バージョン 7.1.10226.1037) をインポートする。管理パックは \Program Files\System Center 2012 R2\Operations Manager\Server\Management Packs for Update Rollups にある。
(3) UNIX/Linux を管理している場合は、UNIX/Linux 管理パックを UR2 対応バージョン 7.5.1021.0 から、UR3 対応の 7.5.1025.0 (またはそれ以降) に更新する必要があるそうだけど、7.30 時点でまだ公開されていないっぽい。あるいは KB のリンク先が間違っているとか← 7/31 (米国時間 7/30) に出ました。 管理パックは、http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=29696 からダウンロードして、C:\Program Files (x86)\System Center Management Packs\System Center 2012 R2 Management Packs for Unix and Linux に展開し、必要なものをインポートする。
(4) UNIX/Linux を管理している場合は、また、展開済みのUNIX/Linux エージェントをバージョン 1.5.1-116 に更新する必要もある。更新は、Operations Manager コンソールからプッシュできる。


※ 管理対象の Windows コンピューターについては、Microsoft System Center 2012 R2 - Operations Manager Agent の更新プログラムのロールアップ 3(KB2965445)」として Microsoft Upadte から直接管理対象の Windows コンピューターに展開されるので、追加手順不要。


● Orchestrator & SPF (追加手順の詳細は KB2931268)
追加手順なし。Microsoft Update による自動更新または更新プログラムの手動インストールだけ。

● Service Manager (追加手順の詳細は KB2962041)
使ってないですが、Operations Manager とのメタデータの同期のために、PowerShellスクリプトを実行する必要があるみたい。Microsoft Update で更新が検出されず、手動でインストールする必要ありました。


● Virtual Machine Manager (追加手順の詳細は KB2965414)
(1) SQL Server Management Studio で SQL Server に接続し、VirtualManagerDB に対して SQL スクリプトを実行。SQL スクリプトは KB2965414 http://support.microsoft.com/kb/2965414 のからコピペ。
(2) VMM 管理コンソールでホストを選択、右クリックして「エージェントの更新」を実行。VMM エージェントの最新バージョン Version 3.2.7672.0 になれば OK。



1 件のコメント:

山市 良 さんのコメント...

DPM に UR3 が適用できない問題、同様のエラーが出ているお仲間が複数いる模様。DPM の UR っていつも問題多いような...