2014/01/14

Windows Server 2012 R2 Hyper-V and FreeBSD 10 (RC5) & hv-kvp-1.0

Hyper-V の統合サービス (BSD Integration Services: BIS) をビルトインして登場する予定の FreeBSD 10 ですが、なかなかでませんけど、Hyper-V 関連の情報が以下に出てました。

https://wiki.freebsd.org/HyperV

シャットダウン連携、時刻同期、ストレージ VSC、ネットワーク VSC はビルトイン BIS に含まれるようです。BIS のモジュールは /boot/kernel/hv_vmbus.ko、hv_storvsc.ko、hv_ata_pci_disengage.ko、hv_netvsc.ko、hv_utils.ko にあります。

こちらはビルトインされませんが、KVP データ交換サービスによるゲスト情報の取得と KVP IP インジェクションをサポートするデーモンのパッケージ (hv-kvp) が FreeBSD Ports を通じて提供されるみたいです。モジュールは /boot/kernel/hv_kvp.ko で、/etc/rc.d/hv_kvpd と /usr/local/hyperv/scripts/hv_get_dhcp_info、hv_get_dns_info、hv_sset_ifconfig が追加されます。

https://github.com/FreeBSDonHyper-V/Hyperv-Ports/wiki/Hyper−V-Integration-Components-Ports-for-FreeBSD-10

FreeBSD 10.0-RC5 に pre-built パッケージを入れてみましたが...

kvp_process: Rcv user failed: err 0 -2147467259
kvp_process snd:user daemon terminated
Connect to user failed - kvp-driver
Connect to user failed - kvp-driver
Connect to user failed - kvp-driver
... 

残念ながら、異常終了しちゃいました。自分でビルドしても同じでした。FreeBSD 10 の正式リリース (1/20?) まで待つとしましょう。

2014/1/20 追記)
静的 IP 割り当てだと hv_kvp_daemon が異常終了するようです。DHCP だと大丈夫。Windows Server 2012 R2 Hyper-V and FreeBSD 10.0-RELEASE & hv-kvp-1.0

2014/1/15 追記)
FreeBSD 10.0 amd64 は既定で BIS が有効になりますが、i386 版は /boot/loader.conf を作成して、自分で有効化する必要があるようです。 FreeBSD 8.3、FreeBSD 9.1、FreeBSD 9.2 には BIS はビルトインされていませんが、hyperv-ic パッケージまたはソースから組み込むことができるようです。

Hyper−V Integration Components Ports for FreeBSD 9
https://github.com/FreeBSDonHyper-V/Hyperv-Ports/wiki/Hyper−V-Integration-Components-Ports-for-FreeBSD-9
Hyper−V Integration Components Ports for FreeBSD 8
https://github.com/FreeBSDonHyper-V/Hyperv-Ports/wiki/Hyper−V-Integration-Components-Ports-for-FreeBSD-8


2014/1/17 追記)  https://wiki.freebsd.org/HyperV のページの「Live migration with and without static IP migration. Note that to enable static IP migration, administrators will need to include the KVP driver and daemon available in FreeBSD 10.0 ports for Hyper-V」って、なんか勘違いしているような... ライブ マイグレーションではなく、Hyper-V レプリカのフェールオーバー時の KVP IP Injection の機能だと思うのですが...違うのかしらん。

hv_kvp の man ページ (https://github.com/FreeBSDonHyper-V/Hyperv-Ports/blob/hyperv-ic-master/BIS-1.0/FreeBSD-10.0/src/hyperv-docs/hv_kvp.4)にはライブ マイグレーションなんて一言も書いてないし。 → "The set functionality is particularlyuseful when the FreeBSD guest is assigned a static IP address and is failedover from one Hyper-V host to another. After  failover, Hyper-V uses the set IPfunctionality to automatically update the FreeBSD guest's IP address to its original static value. "



0 件のコメント: