2014/01/29

System Center 2012 R2 > Update Rollup 1 Available

System Center 2012 R2 の Update Rollup 1 (UR1) が出ました。VMM、DPM、OpsMgr に対する更新があります。

Description of Update Rollup 1 for System Center 2012 R2
[URL] http://support.microsoft.com/kb/2904734



KB を見るとめんどくさそうですが、Microsoft Update 経由で配信されるので Windows Update を実行すればよし。ただし、DPM は更新後に保護対象のエージェントの更新が必要です。

VMM は、RU 1 に更新することで、UI の日本語表示の以下の問題が解決されました。

System Center 2012 R2 > インビジブルぅVMM
[URL] http://yamanxworld.blogspot.jp/2013/10/system-center-2012-r2-vmm.html


OpsMgr で UNIX/Linux 管理をやっている場合は、管理パックの更新と UNIX/Linux エージェントの更新も必要みたい。System Center 2012 MPs for UNIX and Linux.msi ではなく、下のほうにある System Center 2012 R2 Management Packs for Unix and Linux.msi をダウンロードすること!

System Center 2012 Monitoring Pack for UNIX and Linux Operating Systems 
[URL] http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=29696


UNIX/Linux 管理パックは OpsMgr 付属の 7.5.1005.0 から、7.5.1019.0 に更新されました。












UNIX/Linux 管理パックを更新すると、リモートからエージェントのアップグレードが可能になります。SLES 11 SP3 と RHEL 6.5 の場合ですが、1.5.0-128 から 1.5.1-106 にアップグレードされました。





0 件のコメント: