2013/12/05

Windows Server 2012 R2 > Essentials エクスペリエンスのいいとこあれなとこ

Windows Server 2012 R2 Standard および Datacenter では、Windows Server 2012 R2 Essentials の管理機能 (クライアント自動バックアップ、リモートアクセスなどなど) を Windows Server Essentials エクスペリエンス の役割としてサポートするようになりました。 

Windows Server Essentials エクスペリエンスといっても、単にダッシュボードが利用できるだけじゃないです。クライアントのバックアップどうしようかなぁ、Windows 8.1 にスケジュールバックアップ機能無くなったし...なんて方には、もしかしたらもってこいの役割かも。

規模にもよると思いますが、クライアントの自動バックアップはお勧め。勝手にフルバックアップしてくれます。スリープ解除もしてくれます。※注: これ、Windows Server 2012 R2 Datacenter です。

PC が壊れても、新しい PC にバックアップからベアメタル回復できます。PC を起動して、F12 キーを押して PXE ブートすると回復スタートです。それも、回復に使用する Windows 展開サービスのセットアップとかは、上の画面の[クライアント復元サービス]タブで数クリックで自動で準備してくれます。 ※注: これ、Windows Server 2012 R2 Datacenter です。
モバイル ワーカーや在宅勤務も環境を簡単に準備できます。※注: これ、Windows Server 2012 R2 Datacenter です。
でも、Windows Azure Backup の Essentials 用アドインは、インストールさせてくれません。※注: これ、Windows Server 2012 R2 Datacenter ですから。Windows Server 用の Windows Azure Backup エージェントなら大丈夫。SKU (Datacenter: 8、Standard: 24、Essentials: 50)番号でも見てるんでしょうか。でもメッセージちょっとおかしいです。このアドインは Windows Server 2012 R2 Essentialsと互換性あるし。


念のため、Windows Azure Backup の Essentials 用アドインは、Windows Server 2012 R2 Essentials ならちゃんとインストールできます。こちら↓は本物の Windows Server 2012 R2 Essentials。Windows Azure Backup アドインをインストールすると、ONLINE BACKUP アドインのページから Windows Azure Backup にバックアップ (フォルダーのデータと Windows 8 以降のファイルの履歴が対象) できます。

Windows Azure Backup の利用方法については、Windows AzureBackup 評価ガイドをご覧ください。

MSBC : ストレージ & バックアップ ソリューションの新しい選択肢
[URL] http://www.microsoft.com/ja-jp/business/enterprise/cp/azure-system/default.aspx

0 件のコメント: