2013/11/03

新しい Office と AD RMS

Windows Server 2012 R2 の Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) をごにょごにょしていた今日この頃。ちゃんとすべての環境が設定できているはずなのに、Office 2013 アプリで次のようなエラーが。


半日試行錯誤したあと、ようやく見つけた回避策はこちら...


[答]
Office 2013 を実行するクライアントで、AD RMS サーバーの URL (https://) を IE のローカルインターネット ゾーンに追加する。


こちら(http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc753494(v=ws.10).aspx)を見ると、新しいOfficeだからというわけではなく、昔からそうだったようです。 すっかり忘れてました。

この他にもついつい忘れてしまう、AD RMS のトラブルシューティング Tips。

(1) ファイル管理タスクや AD RMS Bulk Protection Tool との連携時に HRESULTからの例外: 0x8004CF43 → C:\Inetpub\wwwroot\_wmcs\certification\ServerCertification.asmx のアクセス許可設定が必要
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee849850(v=ws.10).aspx
(2) Exchange Server との連携には、スーパー ユーザー グループの設定が必要
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee849845(v=ws.10).aspx
(3) AD RMS サーバーをドメイン コントローラーにインストールする場合は、サービスアカウントを Domain Admins グループに追加する

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc770957.aspx


0 件のコメント: