2013/07/12

Windows Server 2012 R2 Preview > さよなら root\virtualization

Windows Server 2012 R2 Preview の Hyper-V マネージャーの互換性のお話。What’s New in Hyper-V in Windows Server 2012 R2 (http://technet.microsoft.com/en-us/library/dn282278.aspx#bkmk_mgmt) を見ると、こんな記述があります。

"Management
You can manage Hyper-V in Windows Server 2012 from a computer running Windows Server 2012 R2 Preview or Windows 8.1 Preview. In previous releases, you could not connect to and manage a down-level version of Hyper-V."

Windows Server 2012 が出たときは、Windows Server 2012 の Hyper-V マネージャーで Windows Server 2008 R2 以前の Hyper-V を管理できないという制約がありましたが、これは良いニュース。
CW アーカイブ > 最新のHyper-Vマネージャーで旧Hyper-Vを管理できない理由


Windows Server 2012 R2 は 1 つ前のバージョンの Hyper-V の管理をサポートします。機能は制限されますが、Windows Server 2012 の Hyper-V マネージャーから Windows Server 2012 R2 Hyper-V の管理もできるそうです。Windows Server 2012 R2 では、クロス バージョン ライブ マイグレーションってのもサポートされ、旧バージョンの Hyper-V から仮想マシンをライブ マイグレーション (ただし旧→新の一方向)  で移行できます。

この機能は Windows Server 2012 R2 Preview でも使えます。ただし、Windows Server 2012 Hyper-V に接続すると UI が英語になっちゃいますが。これは Preview のご愛嬌ということで。


一方、Features Removed or Deprecated in Windows Server 2012 R2 Preview (http://technet.microsoft.com/en-us/library/dn303411.aspx) の方にも気になる記述が。どうやら Windows Server 2012 R2 Hyper-V からは "WMI root\virtualization namespace (in Hyper-V)" が削除されるようです (一覧表の×印が正しくないような気がしますが) 。こちらは、多数の Hyper-V スクリプトを抱えている人には悪いニュース。

実際に確認してみました。ホントに無くなってます。


簡単なコマンドで確認してみました。やっぱりありません。Hyper-V 関連の古いスクリプトをお持ちの方は、これまでは \\root\virtualization のままでも動きましたが、R2 からは \\root\virtualization\v2 に書き換えないと動かなくなります。

ということは、古い Hyper-V マネージャー (Windows Server 2008 R2 や RSAT for Windows 7 SP1 のやつ) からは、Windows Server 2012 R2 Hyper-V に接続できないということに?

RSAT for Windows 7 SP1 の Hyper-V マネージャーからやってみました。Windows Server 2012 Hyper-V には接続できますが、Windows Server 2012 R2 Preview Hyper-V には接続できませんでした。そりゃそうだ。
子は許しても、孫はダメよってことですか...




0 件のコメント: