2013/05/22

Windows To Go の秘密 (その 1) - ローカル ディスクがオフラインになる仕組み

Windows 8 Enterprise (SA) だけの機能である Windows To Go。Windows To Go ワークスペースで PC を USB デバイスから起動すると、ローカル ディスクがマウントされませんが、これは Windows Partition Manager の SAN ポリシーで制御されているらしいという話。

TechNet Wiki > Windows To Go Step by Step
[URL] http://social.technet.microsoft.com/wiki/contents/articles/6991.windows-to-go-step-by-step.aspx


Windows To Go ワークスペースの既定の SAN ポリシーは “オフライン内部 (OfflineInternal)” になってます。


これを次のようにして “すべてをオンライン (OnlineAll)” に変更すると自動的にマウントされるようになるはず。

DISKPART
DISKPART > SAN POLICY=OnlineAll
DISKPART > EXIT 

Windows To Go ワークスペースを再起動したら、ローカル OS を含む ディスク 0 が自動マウントされました。SD カードが入っているリムーバブル メディアはオフラインのままでした。

SAN ポリシーの設定を変更しなくても、手動でオンラインにすればマウントできるので、あえて変更する必要は無いと思います。 自動マウントしない既定の設定のままのほうが安全、安心。

関連する投稿:
Windows To Go を起動してもよい PC (ライセンスの話)  2012/10/09

0 件のコメント: