2012/10/01

System Center 2012 RTM > VMM と WMF 3.0 はまだ NG

Windows Server 2008 R2 や Windows Server 2008 に Windows Management FrameworkFoundation (WMF) 3.0 をインストールすると、Windows PowerShell 3.0 や WMI、WinRM を最新バージョンにアップグレードできます。WMF 3.0 にアップグレードすると、Windows Server 2012 や RSAT for Windows 8 の「サーバー マネージャー」にこれらの OS のサーバーを管理対象として追加して管理できたりします。

Windows Management FrameworkFoundation 3.0
[URL] http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34595

先週、それをテストしてみたのですが、先ほど久々に System Center 2012 Virtual Machine Manager を起動してみたところ、仮想マシンの状態がすべて「ホストが応答しません」となり、Hyper-V ホストのプロパティの更新ジョブも「失敗」に、ホストが応答しないということで、仮想マシンやサービスの配置先としても選択できなくなってしまいました。どうやら、WMF 3.0 が犯人のようです。

実は、WMF 3.0 が犯人だということは、あとからわかったことです。犯人検挙までの道のりをどうぞ。



「ホストの更新」ジョブのエラーを参照すると、「エラー(2927) サーバー FQDN に接続しようとしたときに、ハードウェア管理エラーが発生しました。:a:DestinationUnrechable: WS-Management サービスは要求を処理できません。サービスはリソース URL およびセレクターによって識別されたリソースを見つけられません。。Unknown error (0x8033803b)」となっていました。


「エラー(2927)」で検索してみると、ホスト追加時のエラーとしていろいろと情報があります。以下のサポート チームのブログが、まとまっていました。ですが、直接、問題を解決できる情報はありません。

TechNet Blogs > Japan System Center Support Team Blog > SC 2012 VMM : ホストを追加する際に発生する問題のトラブルシュート方法
[URL] http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/09/04/3517782.aspx


上のブログの「Step 2: VMMCAを使用する」を試してみました。VMMCA (Virtual Machine Manager Configuration Analyzer) は、以下の URL から入手できます。

System Center 2012 – Virtual Machine Manager Component Add-ons and Extensions
[URL] http://blogs.technet.com/b/systemcenterjp/archive/2012/09/04/3517782.aspx

問題の Hyper-V ホストについて、「WinRM service is present, runnning and healthy on ホスト名 but is not the supported version 2.0」というエラーが報告されました。だんだん、犯人に近づいてきました。


 問題のホストで winrm id を実行すると、WinRM のバージョン (Stack) が 3.0 になっています。ここで、先週、インストールした WMF 3.0 のことを思い出しました。


試に、WMF 3.0 (KB2506143) をアンインストールしてみます。


再起動後、winrm id を実行すると、WinRM のバージョンが 2.0 に戻しました。VMMCA で再スキャンしたところ、エラーも解消。ただし、Virtual Machine Manager のエラー状態はまだ解消していません。ホストの削除や追加を繰り返しましたが、ダメでした。あきらめかけたそのとき、ふと winrm qc を実行してみると、どうやら WinRM が初期設定に戻っていたため、WinRM のリモート接続を受け付けなかったようです。


ホストを再度、追加して、問題は解消しました。WMF 3.0 ノヤロウメ。

0 件のコメント: