2012/09/05

Windows Server 2012 RTM > RemoteFXの真っ黒問題解消

Windows 8 RTM > RemoteFXがなんか変だ... (2012/08/18)」で気になっていた、RemoteFX 3D ビデオアダプターの画面が真っ黒問題ですが、Windows Server 2012 RTM と Windows 8 Enterprise RTM の組み合わせで解消しました。下の画面は仮想マシン接続(RemoteFXの画面が見えるのは新機能)ですが、Mstsc.exeもバッチリでした。



実は、Windows Server 2012 RTMにしても、最初は真っ黒黒助問題が再現しました。GPU として AMD Radeon HD 6450 を使っているのですが、2012/8/15リリースのWindows 8 x64 対応ドライバーに入れ替えることで解消しました。もし、RemoteFX 真っ黒問題に遭遇した方は、GPUのドライバーの最新版を探してみてください。ちなみに、HD 6450の場合、ドライバーのバージョン8.961.0.0(12-4_vista_win7_64_dd_ccc.exe or amd_catalyst_win8_release_preview.exe?)だとNGで、9.982.0.0(12-8_vista_win7_win8_64_dd_ccc.exe)だとOKでした。

主にGPUのドライバーが原因だったみたいですね。あぁ、すっきりした。

0 件のコメント: