2012/09/22

DISM と Add/Get-WindowsFeature は1対1じゃあないのね

Data Protection Manager (DPM) の前提コンポーネントであるSIS-Limited (Single Instancce Store Limited) は、Windows Server の機能の1つなのですが、Add(Install)-WindowsFeature でインストールしようとして悩みました。DISM や Ocsetup でないと、コンポーネントを指定できないんです。SIS-Limited のインストールは、DPM のセットアップがやってくれるんですが、事前にインストールしたくて...


Windows Server 2012 で、DISM /Onlne /Get-Features と Get-WindowsFeature コマンドレットの結果を比較してみたところ、前者は 206、後者は 268。SIS-Limited 以外にもあるみたい。

以下を参考に、DISM のパッケージ名と、Get-WindowsFeature のコンポーネント名を 1 対 1 で突き合せてみましたが、これが結構大変。例えば、RD セッションホストは、DISM だと AppServer、Get-WindowsFeature だと RDS-RD-Server、BranchCache は、PeerDist と BranchCache とか。対応表を作ろうとがんばりましたが、判断がつかないものもあり、完璧に完成させることはあきらめました (9割以上はなんとか)。お暇があったら挑戦してみてください。たぶん、数時間かかります。

Windows Server 2008 R2 Packages
[URL] http://technet.microsoft.com/en-us/library/ff715741.aspx

0 件のコメント: