2012/05/02

System Center 2012 RTM > VMM でアップグレード ドメインによる更新を試す

スケールアウトして仮想マシン 2 インスタンスになった Tomcat 7.0.26 のサービスですが、今回は、アップグレード ドメインを使って、ダウンタイムなしで Tomcat 7.0.27 に更新してみます。

5/2) System Center 2012 RTM > VMM でサービスのスケール アウトを試す
今回→) System Center 2012 RTM > VMM でアップグレード ドメインを試す
予定) System Center 2012 RTM > VMM でサービスの仮想マシンの更新を試す



複数の仮想マシンインスタンスで稼働中のサービスは、ダウンタイムなしで更新できます。ただし、それにはアップグレードドメインが「2」以上に設定されている必要があります。前回は、既定のインスタンス数「1」でサービスを展開後、スケールアウトして2インスタンスにしたため、アップグレードドメインは「1」のままでした (アップグレードドメイン数の上限は既定のインスタンス数に左右されるので)。

そこで、事前準備として、サービステンプレートの「アップグレードするドメインの数」を「2」に変更し、リリース「v1」として保存したものを、展開済みのサービスに適用しておきました (アップグレードドメイン数1だったので、これはサービスの停止を伴う更新)。


通常は、アップグレードドメイン数も考慮して、サービス展開をするはずなので、このような対応は不要です。次からが本題。

System Center 2012 RTM > Server App-V でサービスの更新」で確認済みのとおり、サービスのアプリケーションの更新 (仮想マシンのほうの更新も可能) は、サービステンプレートを更新して (別のリリースとしてコピーを保存)、適用するだけなのでとても簡単です。Server App-V の仮想アプリケーションの場合は、Server App-V Sequencer で更新したパッケージと入れ替えるだけです。


更新したテンプレートを展開済みのサービスに適用します。





更新が始まりました。最初に tomcat001.lab.contoso.com   から更新が開始しました。NLB クラスター経由でアクセスすると、Tomcat 7.0.26 が見えてみます。この Tomcat はまだ更新されていない tomcat002.lab.contoso.com が応答しているもの。


tomcat001.lab.contoso.com の更新が完了し、tomcat002.lab.contoso.com の更新がスタートしました。NLB 経由でアクセスすると、新しいバージョンの Tomcat 7.0.27 が応答しました。


すべてのインスタンスの更新が完了!!

0 件のコメント: